2018年12月20日 第51号

 ブリティッシュ・コロンビア州内陸部のいくつかの事業主に13日、爆破予告の電子メールが送りつけられた。同様の脅迫メールはアメリカ各地にも送られ、双方の当局が捜査を行っている。

 BC州内で爆破予告を受け取ったのは、バーノンの彫刻店と車のディーラー。またペンティクトンでも、いくつかの商店が同様の予告を受け取った。そのほかケロウナとカムループスでも、店舗から人が一時避難する騒ぎとなった。

 この爆破予告が、時を同じくしてアメリカの学校や役所などに送られた爆破予告と関連性があるのかどうかについては、明らかにされていない。その後、これらの脅迫メールは事業主に金を払わせる詐欺が目的で、実際に爆弾が仕掛けられたものではないと判断された。

 送られたメールのいくつかのタイトルは「よく考えろ(Think Twice)」となっていた。そして本文で、事業主の入っているビルに仲間が爆弾を仕掛け、これを起爆させたくなかったらビットコインで2万ドルを支払うよう、脅していた。そのぎこちない文面は、かつて世間を騒がせた、ナイジェリア王子を騙った詐欺メールを彷彿とさせるものだった。

 

2018年12月20日 第51号

 ブリティッシュ・コロンビア州の女性が中心となり、北米各地のホームレスにクリスマスカードをプレゼントする取り組みが続けられている。

 この女性は、メトロバンクーバー地区のデルタ市に住むエリン・シュルテさん。彼女が『クリスマスカード共同体』と名付けた取り組みは、昨年から始まった。ホリデーシーズンに路上で暮らすホームレスの人々に、決して忘れられた存在でないことを知らせたいという思いがきっかけだった。シュルテさんはこのアイデアを家族や友人に話し、クリスマスカードを書いてもらうよう依頼した。そして昨年は、800通あまりのカードを書き上げ、ホームレスの人々に配った。

 今年はさらに活動の輪を広げ、ソーシャルネットワークを通じ人々に参加を呼びかけた。するとスポーツクラブや学校、シニアホームなどが名乗りを上げた。シュルテさんのもとに次々とカードの束が届き、彼女の家はさながら郵便局の仕分け室のような状態になっている。

 ここからシェルターに送られるカードは、クリスマスまでの3日間、ベッドの枕元に配られるという。同州サレー市でホームレス支援を行っている非営利団体サレー・アーバン・ミッションは、今年初めてシュルテさんのグループからカードを受け取るが、普段は世間から忘れられているという思いが強い彼らに対し、心強いメッセージになるに違いないと取材に話していた。

 シュルテさんらのカードはBC州のほか、オンタリオ州とアルバータ州、また米シアトルとロサンゼルスにも届けられる。

 

2018年12月20日 第51号

 オンタリオ州南西部、人口約20万人の都市キッチナーのグランドリバー病院に先月30日、患者の子供たちがサンタクロースとの撮影会に集まった。

 近くの町ケンブリッジに住むワイアット・ホートンさん(13歳)は、精神障害を患っているほか、先天性両足内反足を矯正するために、これまで9回の手術を受けてきた。それに加え、2カ月ほど前には白血病と診断された。

 そんなホートンさんは病院へ行くのが嫌いだが、この日に限っては待ち遠しい様子だったと、母親で3児の母のリサ・ホートンさんは取材に語っている。彼が興奮した様子でサンタクロースに歩み寄っていく姿を見ただけでも、感動したという。 さらに彼女を幸せな気持ちにさせてくれるのは、そのサンタとの写真だ。一般的な、クリスマスのデコレーションに囲まれ、大きな椅子に深々と腰かけたサンタと写る写真とは、全く異なったものとなっている。

 その撮影にはクリスマスらしいデコレーションは一切用意されず、背景となる大きな黄緑色のスクリーンが張られただけの病院の一室で行われた。撮影を担当した地元の写真家エリン・ミカルスキーさんは撮影後、それを画像編集ボランティアにインターネットで送付。すると黄緑一色の背景がだった写真は、完璧なクリスマスの風景になって、写った本人のもとに届けられた。

 ホートンさんの場合、背景は暖かな火が燃えるレンガ造りの暖炉の部屋で、クリスマスツリーの横に座っているサンタクロースと手を取り合っているホートンさんが写っている。その脇の窓の外では、トナカイが二人に優しいまなざしを送っているという、とても心温まるクリスマスの情景となっている。

 実はミカルスキーさんが行った撮影・画像加工のプロセスは、クリスマス・ウィッシュと名付けられた世界的プロジェクトの一環だった。もとはオーストラリアのボランティアグループが始めた、入院中の子供たちにサンタとの写真を送ろうという企画だったが、それがニュージーランド、そしてイギリスへと拡大したものだ。

 たまたま、このことを2年ほど前にインターネット上で見つけたミカルスキーさんは、このグループに参加を申し込んだ。そして何人かの写真家仲間とサンタに扮する友人を募り、この撮影会を行った。ミカルスキーさんは、ほとんどの人は撮影後の画像編集については詳しくないので、いい意味でクリスマスの魔法がかかった写真と思われている。これが彼らをつらい日常から、一時でも解放してくれればいいと願っていると、取材に語っている。

 今年は世界中で約200の家族が、こうした特別なサンタとの写真を受け取った。

 

2018年12月20日 第51号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー国際空港は、混雑が激しくなるこの時期、保安検査場でのトラブルを避けるため、機内持ち込みの荷物の中に禁止されている物品が紛れていないか、今一度確認するよう呼びかけている。

 持ち込み禁止となっているものの詳細については、CATSA(Canadian Air Transport Security Authority)のウェブサイトで確認できる。その上でバンクーバー空港会社は、見落としがちなアイテムについて念を押している。たとえば、無機化合物の粉末(食塩や、食塩を含む香辛料、バスソルトなど)は350ミリグラムに制限されている。

 また同空港の保安検査場で今年没収されたものとしては、スノードーム(透明なプラスチック容器の中に液体とプラスチックなどの小片が封入されていて、振ると小片が容器内を舞い、雪が降っているかのように見せるおもちゃ)、500ミリリットル入りメープルシロップ(液体の上限は100ミリリットル)、はさみ、ライター用の詰め替え燃料のほか、銃弾などがあったという。

 さらに包装されたプレゼントも没収される可能性がある。こうしたプレゼントは預け入れ荷物に入れるか、プレゼントと包装紙を別々にしておいて、保安検査場を通過したあとで包装するよう、同空港ではアドバイスしている。また、保安検査場よりあとにあるギフトショップでプレゼントを購入、そこの無料ラッピングサービスを利用することもできると、付け加えている。

 なお最近合法化された娯楽用マリファナについては、カナダ国内線に限り30グラム相当までが持ち込んでよいことになっている。

 学校が休みに入る20日からは、1日に8万5千人から9万人が同空港を利用するとみられている。

 

2018年12月20日 第51号

 「もう行かなくちゃ」と、デートから帰ろうとする女性に対し、「外は寒いから」などと引き留めようとする男性のやり取りが有名な曲、『おもて寒いよね(Baby, it’s cold outside)』。1944年に作曲されて以来、クリスマスソングの定番として毎年この時期ラジオや街角でよく聞かれる曲だが、その会話が、女性が言外に示した意思を男性が無視し、高圧的な態度に出るセクハラだとも解釈されることが指摘されていた。

 そして最近のセクハラ被害告発運動(#MeToo)の動きに合わせるかのように、この曲を放送するラジオ局に対するリスナーからの苦情が、無視できない数になってきた。これを受けアメリカのいくつかの放送局がこの曲の放送中止を決定したのに続き、カナダ放送協会(CBC)も4日に、同様の決定を下した。

 しかし同放送局は11日、「リスナーから、この曲の放送を再開するよう極めて強い要望が寄せられた」として、同曲を再び電波に乗せ始めた。また歌詞の解釈については個々のリスナーの意見を尊重するとして、この曲を聞くか聞かないかは、リスナーの判断にゆだねると付け加えている。

 

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ