2020年4月30日 第14号

 みなさん、こんにちは。小倉マコです。2015年から綴っているオタワ便りですが、バンクーバー新報の紙バージョンが今月で最終版を迎えることになり、それに合わせてオタワ便りも最終回になりました。そんな記念すべき最後はうれしいお知らせで締めくくりたいと思います!

 この度イースト・プレスさんより、「日本びいきのハーフっ子と里帰り」というコミックエッセイ を出版することになりました。6月17日に発売予定です。本書では、カナダで生まれ育った我が子たちの視線で、4年ぶりに訪問した日本での経験を綴っています。私にとっては、当たり前の日本での日常生活ですが…、子どもたちからしたら普通ではありません!お風呂、スーパーのお菓子売り場、石焼いも屋さん、自動販売機…どれをとっても驚きでいっぱい。カルチャーギャップを感じながら、日本のなにげない日常をめいっぱい楽しむ無邪気な子どもたちに、読者の皆様も、日本のオリジナリティーを再確認していただけたらなという思いがこもっております。イラストは、日本のコミックエッセイ業界でご活躍されている漫画家のアベナオミさんです。すごくかわいい絵をお描きになるので、私もすっかりアベさんのファンになってしまいました。

 それでは皆様、5年間もの間、オタワ便りを読んでくださりありがとうございました。皆様からの温かいコメントや感想は、私がライターとして続けていく励みになっておりました。これからも、書き続けていきたいと思っておりますので、引き続きよろしくお願いします!

「日本びいきのハーフっ子と里帰り 」
イースト・プレス https://www.amazon.co.jp/ dp/4781618871/
日本のアマゾンからは先行予約受付中です♡

 

  


■小倉マコ プロフィール
カナダ在住ライター。新聞記者を始め、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で原作も担当。www.makoogura.com

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。