新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者制限を行い開催

3月14日、ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)内のアジアン・センターで、第32回BC州日本語弁論大会が開催された(メディアスポンサー:バンクーバー新報)。新型コロナウイルス感染拡大が心配される中、実行委員会では入場者制限をすることで開催を決定。一般には非公開とし、実行委員会、審査員、関連団体代表者が出席し、午前中の高校生部門に8人、午後の大学生部門に27人が出場した。

「日本語認知症サポート協会」は、2017年2月にブリティッシュ・コロンビア州で設立された「非営利法人団体」で、メトロバンクーバーにおいて認知症についての誤解や偏見をなくし、認知症の方が安心して暮らせる社会作りを目指し活動している。今回は協会の皆さんに2019年に開催したイベントを振り返りながら、運営について今後の抱負などを聞かせてもらった。

一九八五年に発足したバンクーバー短歌会が、二◯一九年の十二月をもって、その三十四年にわたる活動の幕を閉じた。短歌会はバンクーバー新報とも縁が深く、紙面ではこれまで会の作品を掲載してきたほか、弊紙に載ったお知らせを読んで入会したという会員もいる。今回は、これまでの会の沿革について、また解散時に在籍の会員九人からのコメントを掲載。会員は月一回の歌会を通し、それぞれの日常の中で生まれた想いを歌に注ぎ込んできた。短歌会の歴史を感じながら、十二月の最後の歌会で発表された歌も味わってほしい。

カナダに日本人が移民してきてから140年以上が経ち、日系カナダ人は3世、4世、5世へと移行してきている。2月15日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で、日系人の世代間の会話を促すイベント「Tsunagu つなぐ」が開催された。企画したのは、日系3世のルーシー・コモリさんとコニー・カドタさんで、日系博物館が協力した。参加者65人、ボランティアやパネリストなどを合わせると100人近くが集った。

1月20日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市のUBCロブソンスクエアで、企友会と懇話会が共催する新春懇談会が開かれた。これに先立ち企友会の年次総会も開催され、活動・会計報告等が発表された。今年度から企友会会長に谷口明夫さんが就任したほか、理事の交代もあった。懇談会では、石川征幸在バンクーバー日本国領事と、三菱マテリアル(株)バンクーバー事務所長の田村耕造氏がそれぞれ講演、約40人の出席者が熱心に耳を傾けていた。ここに概要を紹介する。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。