Maudie • Gifted • Anne of Green Gables

 


 

Maudie

 

イーサン・ホーク 2017 ©Star PR/Mongrel Media

 

カナダであった珍しい恋物語

カナダとアイルランドの合作で、バンクーバー国際映画祭で観客賞を受賞している作品。監督はアシュリング・ウォルシュで主演はサリー・ホーキンスとイーサン・ホーク。ノバスコシア州に住む気難しい男性エべレット・ルイス(ホーク)は、慢性関節リウマチを患うモウド(ホーキンス)をメイドとして雇う。過保護な実家から脱出した彼女はアート好きでもあり、家中の壁をカラフルな絵画で埋め尽くしていく。そんな彼女にエベレットは次第に自分の心を開いていく。そしてアーティストになった彼女の噂はニューヨーク経由で、ホワイトハウスに住むニクソン大統領にも届くことになる。この家は現在ノバスコシアのアートギャラリーの中にある。

PG-13 1:57 hr

上映:Fifth Avenue Cinemas

 


 

Gifted

 

叔父と姪 2017© Fox Searchlight

 

親子のような絆を守る叔父

フロリダに住むフランク・アドラー(クリス・エバンス)は独身で、姉の残した7歳になる姪のメアリー(マッケンナ・グレース)を一人で育てている。メアリーを普通に育てたいという姉の遺言を守りながら、二人は実の親子のように暮らしていた。自宅教育が難しくなったフランクは、メアリーを普通の学校に通わせようとするが、学校側はメアリーが天才的な計算能力を持っているためにもっと高度な教育を勧める。フランクが学校を断ると、これまで縁を切っていたフランクの母親エべリン(リンジー・ダンカン)が突然現れ、孫娘の将来計画と親権を巡ってフランクと対立する。監督はマーク・ウェブ。

PG 1:42 hr

上映:Cineplex Odeon International Village, SilverCity Riverport Cinemas, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP

 


 

 

特別上映:Canada On Screen
シネマテック(The Cinematheque)ではカナダの150年記念として今年一年間、長編、短編、ドキュメンタリー、アニメ、ミュージックなど9つの部門から選ばれた代表的なカナダ映画を随時無料上映する。 詳しい上映予定はホームページを。

Anne of Green Gables

 

赤毛のアン 1985 ©CBC

 

懐かしの『赤毛のアン』 

1985年にCBCテレビ放送された懐かしい『赤毛のアン』。原作はL・M・モンゴメリで、脚本と監督はケビン・サリバン、アン役はトロント出身の女優、ミーガン・フォローズ。当時最も視聴率の高い子供向け番組として、国外でも有名になり、作品賞、主演女優賞など数々のジェミニ賞も受賞している。上映は100分ずつの2部構成で、15分の休憩時間が含まれる。

G 3:19 hr

上映:The Cinematheque
4月23日(日)1 pm (チケットは先着順で当日12時半から配布)

 

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
R 18歳以下は入場不可。
G 制限なし。 

 

 

今週の主な紙面
4月20日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ヴァイオリニスト、カレン五明さん…V-2
絆~Kizuna カナダツアー……V-4
気持ち英会話…V-5
和食のテーブルマナー…V-12
BC日系二世カーリングトーナメント…V-12~13
7人制ラグビー日本代表総監督・岩渕健輔氏に聞く…V-16
ヨガと健康…V-22
認知症と二人三脚…V-23
テキトー母さんの処方箋…V-26
この人にフォーカス 公邸料理人・大谷拓也シェフ…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは4月20日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ