2018年9月27日 第39号

 オンライン上で民泊など宿泊施設の紹介を行うサイト、エアーB&Bで予約した室内に隠しカメラが仕掛けられているのを、宿泊客が発見し警察に通報した。

 隠しカメラが見つかったのは、オンタリオ州トロント市内のアパート。同市で開催されていた映画祭を見に来ていた、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市のロバート・ウォーレンバーグさんが借りたのは、トロント市内ビクトリア通りに面したアパートの一室だった。

 一般のホテルに滞在するよりも安いうえに、室内も広く満足していたウォーレンバーグさんだったが、9日の夜、映画を見終わって帰ってきた彼は、部屋に入るなり何か違和感を感じたという。それが、部屋に置いてあった持ち物が移動されていたためだったと気が付いたウォーレンバーグさん、部屋の貸主が今日、部屋に入ったという連絡を受け取っていたことを思い出した。

 その中で目立ったのは、寝室のベッドの枕元の目覚まし時計の前に置いてあった、カメラバッグが動かされていたことだった。これは彼が、目覚まし時計の表示がまぶしすぎるため、あえてそこに置いたものだった。この目覚まし時計を手に取ってよく見たところ、そこに隠しカメラのレンズがあることに気が付いた。

 「もし貸主がこのレンズの向こう側でこの瞬間、こっちの様子を見ていたらと思うと、恐ろしくなった」と取材に語るウォーレンバーグさん。すぐにトロント市警察に通報するとともに、ホテルを探し出してこのアパートを後にした。警察は、ウォーレンバーグさんの映像が録画されていたかどうかを含めて捜査を続けているが、同様の事件が2日前にも、同市の別のエアーB&Bの民泊で起きていたという。

 この件を受けてエアーB&Bは声明を発表、同社の規定ではトイレや浴室、ベッドルームへの防犯カメラ類の設置は禁止されていることに触れ、これらの物件は同サイトから削除されたほか、警察の捜査に協力していると説明している。

 

 

2018年9月27日 第39号

 カナディアン・フットボール・リーグ(CFL)第15週。BCライオンズは22日、BCプレースで東地区2位ハミルトン・タイガーキャッツと対戦した。

 前半は1フィールドゴールしか奪えず3-14と引き離されたが、後半に入ってエンジンがかかる。第3クオーターでタッチダウンを決め詰め寄ると、終盤には劇的な同点劇が待っていた。

 第4クオーター、一度は逆転に成功したライオンズが再逆転を許し21-27とされた時には、すでに試合は残り1分46秒。さらにタイガーキャッツは1ポイントを追加して逃げ切り態勢に入った。しかしライオンズの猛攻はここから始まった。タッチダウンを成功させて2点差に詰め寄ると、試合は残り時間2秒。ここで2ポイントコンバートを成功させ同点に追いついた。延長戦に入っても2フィールドゴールを決め、ディフェンスが何とか守り切り35-32と大逆転勝利を収めた。

 これで4位に浮上したライオンズ。クロスオーバーでのプレーオフだけではなく、3位と勝ち点で2ポイント差に迫り、西地区でのプレーオフ進出の可能性も見えてきた。

 

BCライオンズのディフェンス陣がサックに成功。9月22日BCプレース。ハミルトン・タイガーキャッツ戦。(Photo by Preston Yip)

 

 

2018年9月27日 第39号

 オンタリオ州オタワ市近郊で21日、強力な竜巻が2個ほぼ同時刻に発生し、住宅の全半壊や停電など、広範囲に被害を及ぼした。

 竜巻の強さを表すために北米で用いられている改良藤田スケールで、EF3(重大な被害をもたらす)に発達した竜巻が発生したのは、同市西隣の人口約千人の町ダンロビン。ここの約60軒の住宅を全半壊させた竜巻はその後東に移動、オタワ川北側に広がる人口22万人超の都市、ガティノー市を直撃した。同市での建物の全半壊は215軒に及んだ。

 また同市南の町アーリントン・ウッズでもほぼ同時刻、多少勢力の弱い竜巻が発生した。 これらの竜巻により、住宅の損壊以外にも大きな木が倒されたり、車が吹き飛ばされたりする被害が多発した。またオタワ市一帯では一時17万4千軒以上が停電、約1日たった22日午後でも、7万軒ほどで停電が続いていたほか、完全復旧して全家庭に電力を供給できるようになるまでには、おそらく1週間ほどかかるだろうと、電力会社は取材に語っていた。そのほか少なくとも2人が重傷を負い入院した。

 またオタワ―カールトン地区教育委員会とオタワ市カトリックスクール委員会は、24日を休校日としたほか、連邦政府やオタワ市関連のオフィスも、職員を自宅待機させた。

 オンタリオ州政府は22日、災害復旧支援プログラムを被災地に適用することを発表した。これにより、竜巻によって財産に被害を受けた個人や中小企業、また非営利団体は、非常事態及び復旧のための支出に対する援助を受ける資格を有することになる。

 23日に現地を訪れたダグ・フォードオンタリオ州首相は、組織立った救助活動を行った関係者や地元政治家に感謝の意を示すとともに、州政府も人々が元の生活にいち早く戻れるよう、最大限の努力を惜しまないと語っていた。 

 

2018年9月27日 第39号

 ユーコン準州の人口約2千人の町ドーソンシティの金鉱で発見された、氷河期の動物のミイラ―生後間もないオオカミと、カリブーの子供―が、同市のダノジャ・ゾ文化センターで一般公開された。

 同施設は、この地域のイヌイットや先住民族などの文化を紹介するために1998年に市内のユーコン川のほとりに建設され、先住民のトンデック・ウェチンによって運営されている。

 放射性炭素による年代測定からは、これらが少なくとも5万年以上前のものであることが確認された。カリブーの子供のミイラは、頭部と上半身および前足の部分のみで、ドーソンシティ郊外にある金鉱の、およそ8万年前の火山灰を含む永久凍土層から、2016年6月に発掘された。

 また幼齢オオカミのミイラは、同市郊外の別の金鉱から2016年7月に発掘された。こちらは頭から尻尾までの完全な形を保っており、全身を覆う毛や皮膚も良好な状態。このミイラを掘り出した金鉱夫は、犬の死骸か何かかと思ったという。獣医がこのミイラを検査したところ、生後8週に満たないで死亡したらしいことがわかった。

 同準州で氷河期時代の生物の骨や化石が出土することは珍しくないが、ミイラ化した死骸は極めてまれなうえ、ミイラ化した氷河期のオオカミの死骸は、おそらく世界で初めての発見だろうと、政府の古生物学者グラント・ザズーラさんは取材に語っている。

 科学的に極めて重大な発見であることから、これらのミイラはオンタリオ州オタワにある、カナダ遺産保存研究所に登録されることになった。同研究所は、カナダの重要な遺産を保全するために必要なサービスの提供や研究を目的とした政府機関。

 ユーコン準州政府は、このミイラを同準州の州都ホワイトホースにある、ベリンジア博物館(Beringia Interpretive Centre)に展示する予定。今から数万年ほど前、北米大陸はベリンジアという陸地でユーラシア大陸でつながっており、現在の先住民の祖先がそのベリンジアをつたって北米大陸に渡ってきたといわれている。この施設は、その当時の環境や人類の移動の様子を紹介する目的で建てられた、ユニークな博物館となっている。

 

2018年9月27日 第39号

 アルバータ州カルガリー市の美術館から、30点を超える美術品などが盗まれた。事件が発生したのは5月20日午後11時50分ごろのことだった。捜査を進めてきたカルガリー市警察が、市民からの情報を募るため、つい先日その詳細をソーシャルメディア上で公開した。

 それによると、盗難に遭ったのは市中心部にある、ゲリー・トーマス・ギャラリー。犯人らは電動のこぎりでドアに穴を開けギャラリー内に侵入した。そして展示してあった彫刻品や絵画など30点を持ち出したほか、倉庫内に保管されていた40点あまりも盗んだ。さらにギャラリー内と、隣接しているカフェの電子機器や現金、また酒類なども盗まれた。

 警察によると、犯行グループのうちの一人はその日の昼間にギャラリーを訪れ、いくつかの防犯カメラの向きを変えていたという。

 警察は盗まれた美術品や、防犯カメラに残されていた犯人らの映像をソーシャルネットワーク上で公開、情報提供を呼びかけている。

 

 

今週の主な紙面
10月18日号 第42号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは10月18日号 第42号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ