2018年2月1日 第5号

 ブリティッシュ・コロンビア州デイビット・イービー司法長官は、同州政府管轄自動車保険会社ICBCの損失額が膨大した件について、ICBCの大幅な改革が必要と1月29日に、記者会見で語った。

 ICBCは28日に今年度末までの収支報告書を発表。それによると、昨年4月1日から12月31日までの損失額は9億3500万ドルにのぼり、このままのペースでいくと年度末までには損失は13億ドルまで膨れ上がると報告した。

 損失がここまで膨れ上がった要因は、損害賠償請求数の増加と請求額の増大で、裁判が長引くケースが増え、その分賠償額が増加していると説明している。

 しかし昨年、自由党が発表した今年度の損失額は1100万ドル。それが突然13億ドルにも増加したことにイービー司法長官は、自由党前政権の政策を批判した。

 昨年9月の時点ではイービー司法長官は、平均的な保険加入者への保険料引き上げは年間8パーセント引き上げの約130ドルになると語っていた。しかし今回はこれだけの損失を埋めるには、年間400ドルの引き上げが必要になるという。

 ここまでひどい状況になったのは自由党政権のICBCに対する無策が原因と批判を繰り返し、大幅な保険料引き上げを避けるためにもICBCの改革が必要と語った。

 具体的には、軽い負傷に対する賠償額の上限設定や事故発生率の高い運転者に対する保険料の引き上げ、自動車修理会社への規制などをあげた。ただ、詳細は後日発表すると述べた。

 昨年7月に政権交代を実現した新民主党(NDP)は、今年2月に政権交代後初の予算案を発表する。選挙で均衡予算実現を公約としていたが、ICBCの負債額がどのように予算に影響するかについては語らなかった。

 

 

2018年2月1日 第5号

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドの、一般にトランポリン・パークと呼ばれる巨大なトランポリンで遊べる施設で1月20日夜、男性が着地時に首の骨を折り死亡した。現場に居合わせた人の間からは、この施設の管理体制に問題があったのではという指摘もあがっている。

 死亡したのは、同州ビクトリアに住むジェイ・グリーンウッドさん(46歳)。3人の子供と共に、リッチモンドのトランポリン施設エクストリーム・エア・パークでトランポリンを楽しんでいたが、トランポリンから脇にある立方体のスポンジで埋められた側溝に飛び込んだ際、首の骨を折り心拍停止の重傷を負った。駆けつけた救急隊員がすぐに病院へ搬送したものの、死亡が確認された。

 当時家族で利用していたチャーリー・ボウザキスさんは、子供たちが凄惨な現場を目の当たりにしてしまったとフェイスブックに書き込み、職員の対応に不備があったのではと指摘している。また現場に居合わせたカーム・レイイーさんも、施設の従業員は、この事態にどう対処したらよいか全く分からない状況で、911番通報もレイイーさんが行ったという。

 メディアが施設に取材を申し込んだものの、誰も応対しなかった。ただ、オースティン・ドレメノーと名乗る人物が、エクストリーム・エア・パークを代表し、従業員は緊急対応マニュアルに従って行動したと主張している。

 それに対しボウザキスさんは、適切な手順が事前に定められていたのか、またこうした事態にも対応できる資格を持ったスタッフが配置されていたのかなど、疑問を投げかけている。事故当時現場には3人の従業員がいたものの、誰もファーストエイドの資格を提示できなかったほか、けが人に付き添うこともなかったと指摘している。これに対し施設側は、このような重傷の場合は、患者をむやみに動かさないのが手順だと説明している。

 同様の事故は1年前、アルバータ州エドモントンにある同様のトランポリン・パークでも発生している。同市郊外にある施設ジャンプ・パーク・トランポリンを友人と利用していた19歳の青年が、やはりトランポリンからスポンジの側溝に前転で飛び込んだところ、その側溝の底のコンクリートに強打、首の骨(第七頸椎)を折り、胸から下が不随となる重傷を負った。青年と家族は、施設は利用者の安全を十分確保する義務を怠ったとして、1700万ドルの補償を求める裁判を起こしている。

 

 

2018年2月1日 第5号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は1月30日、原油を運搬するパイプラインや列車に対し原油漏れが生じた場合の対策について新たな規制を発表した。

 同州ジョージ・ヘイマン環境相は、原油を運搬する企業が原油漏れが生じた場合にその影響と対応にどれほどの認識を持っているかを知る必要があると説明している。

 一度原油が漏れてしまうと、BC州経済と環境に大きな影響を及ぼす危険があることは明らかで、「BC州民はNDP政権に、BC州沿岸、州内陸部の水源、そして経済と環境をバランスよく守ってほしいと期待している」と語った。

 昨年5月の州選挙で少数派ながらグリーン党との協力合意を基に7月に発足した新民主党(NDP)政権は、キンダーモーガン社のトランスマウンテン・パイプライン拡張計画の停止を選挙公約として訴えていた。

 今回の新規制は、トランスマウンテンの工事を遅らせるためのBC州政府の対策ではないかとみられている。

 これについてアルバータ州レイチェル・ノッテリー州首相は、BC州政府が州民のために政策を発表することは当然のこととしながらも、すでに連邦政府が許可を出している計画を遅らせるような規制を掛けるのは間違っている」と批判した。

 トランスマウンテン・パイプライン拡張計画は事業費74億ドル、アルバータ州のオイルサンドをBC州バーナビー市まで運ぶ現存のパイプラインの拡張工事で、完成すれば運搬量は3倍の一日あたり89万バレルとなり、アジア市場へとタンカーで運ばれる予定になっている。

 

 

2018年2月1日 第5号

 アメリカ海軍の新型軍艦が、米フロリダへの航海中に寒波を避け、ケベック州モントリオールの港に逗留している。

 この軍艦は、昨年12月16日に米ニューヨーク州バッファローで就役したばかりの軍艦USSリトルロック号。就航当日には8千人以上が参加して記念式典が催され、所属基地となるフロリダ州メイポート海軍基地までの処女航海に向け、牧師が『順風と追い波』を祈った。

 しかし年末に北米東海岸を襲った寒波などにより、大西洋に抜けるためのセントローレンス川の氷の量が例年より極めて多くなり、クリスマスイブにモントリオールの港に避難した。さらに、船体と乗組員の安全を優先するため、この先の航路が十分確保される天候になるまでは、同港に逗留することを決定した。アメリカ海軍によると、この遅れが同艦の運用に及ぼす影響はわずかだという。また同艦は、船体の着氷を抑える装置や予備のヒーターを搭載しているほか、乗組員には冬季間の作戦変更に対応できるよう、寒冷地用の衣類も支給されている。

 出航の時期はまだ定かではないが、逗留中乗組員たちは運用訓練などをする予定だと、同艦のクートニー・ヒルソン少佐は電話取材に答えていた。

 

 

2018年2月1日 第5号

 蜂蜜の巣が乗ったアイスクリームで有名な、韓国のアイスクリームチェーン、ミルカウ(Milkcow)のカナダ1号店が、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市にオープンした。放牧牛を使ったオーガニック牛乳が原料のソフトクリームは甘さ控えめでクリーミーなのが特徴。

 定番の蜂蜜の巣のほか、綿あめなど12種類のトッピングが選べる。

 

 

 

今週の主な紙面
2月22日号 第8号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
日系文化センター・博物館古本市・フードフェア・ひな祭りフェスティバル…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
投稿千景…V-14
$5クッキング…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~18
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは2月22日号 第8号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ