2019年8月22日 第34号

 今年初めから続く香港でのデモは、今月に入り香港国際空港が閉鎖されるほどの規模となった中、バンクーバーでも香港支持派と中国支持派が対峙した。

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーには中国系移民が多い。1997年に香港がイギリスから中国に返還されたのを機に香港からの移民が急増。カナダと香港の関係は深く、香港の動きはカナダでも大いに注目を集めている。

 そんな中、バンクーバー市で香港を支持するグループによるデモが17日、同市ブロードウェイとキャンビー通りの交差点にあるスカイトレイン・ブロードウェイ駅で行われた。そこに中国を支持するとみられるグループが対抗するように集まり、それぞれに香港旗や中国国旗、カナダ国旗を持ち、両派が声を上げて主張を叫んだ。

 香港支持派は、香港でデモを行っているグループの主張を支持。香港は一つの中国2つの制度の下で特区として自治権と自由を有している、現在の香港政府は中国に寄り過ぎで、中国政府は香港から自治権と自由を奪おうとしているとの危機感を抱いていると主張している。デモを呼びかけたチェン氏はCBCのインタビューに答え、香港で一体何が起こっているのか世界に知ってほしいと語っている。デモを呼びかけたSNSには脅迫的なコメントがあったため、警察に届けたと言う。ハフィントンポストカナダは、中国支持派の中にはフェラーリなどの高級車を横付けにして支持を訴えていた人もいると伝えている。

 翌日には同市在バンクーバー中国領事館前で両派のデモが繰り広げられた。両日ともにバンクーバー市警が出動、大きな衝突はなかったとしている。

 

2019年8月22日 第34号

 カナダの3大通信大手テラス・コミュニケーションが提供する電子メールサービスが15日からブリティッシュ・コロンビア州とアルバータ州で使用不能になっている。その後、一部回復したが、まだ多くの利用者が電子メールが使用できないと不満の声を上げている。

 今や電子メールは個人利用でもビジネスでも欠かせないツール。多くの顧客が影響が大きすぎると批判、その上に顧客対応サービスが全く機能していないとさらに不満を募らせている。

 こうした声が大きくなり、使用不能になってから2日後の17日にようやくテラスが対応。同日午後7時頃にテラス社の顧客対応責任者トニー・ジェハラン氏がツイッターに動画を掲載。一連の不具合について謝罪した。

 動画では「迷惑をかけていることについて申し訳なく思う」と述べ、現在技術者が24時間体制で復旧作業に当たっている、我々はできる限りの手を尽くして対応していくと語っている。

 しかし、この謝罪についても広報と弁護士が作成した原稿を読んでいるだけで全く悪いと思っている感じがないと批判の声が上がっている。

 19日になっても事態は改善せず、17日から臨時にウェブメールで対応できるものの多くの利用者が不便を強いられている。

 19日午後にはジェハラン氏が声明を発表。影響を受けている利用者に48時間以内に利用料金の一部返金を実施すると明らかにした。「今回の件で利用者が被った甚大な不便さについて申し訳ないと思っている」と改めて声明で謝罪している。

 これほどまで回復が長引いている理由について、サービス更新中の8月15日早朝にテラスが契約しているクラウドプロバイダーのデルEMCが、テラスの電子メールシステムをオフラインにしたことが原因と説明している。

 

2019年8月22日 第34号

 カナダの環境保護団体がカナダ選挙管理委員会に選挙期間中の「気候変動は事実」という主張は、政党支持的行為とみなされる可能性があるとの注意を受けていたことが19日分かった。

 環境保護団体は、気候変動は大多数の科学者たちによって現実的にこの地球上で起こっていることとの認識がなされている中で、今回の選管委の対応は納得いかないと憤慨している。

 選挙法によると、第三者機関による広告が政党や候補者が掲げる政策や課題を選挙期間中に主張したり推薦したりした場合は、たとえ政党名や候補者名を出していなくても政党支持的行為とみなされる可能性があると決められているという。もし自分たちの主張を広告で示す場合には最低500ドルの費用がかかり、その場合選管委に登録しなければならない。この第三者機関には環境保護団体などが含まれる。

 今回の「気候変動は事実」という主張が政党支持的行為に当たるという根拠について選管委は、今秋実施される総選挙でカナダ国民党マキシーム・ベニエ党首が気候変動の正当性について懐疑的な見方を示しているためで、気候変動は事実という主張はカナダ国民党以外の党を支持しているとみなされる可能性があるとしている。

 候補者擁立を目指している連邦6政党のうちカナダ国民党以外の5党は、気候変動は現実で早急な対応が必要な緊急事態であり、原因は人間活動との見方を示している。

 

2019年8月22日 第34号

 アルバータ州カルガリー市でLGBTQコミュニティーを支援する虹色横断歩道に、差別的な言葉が落書きされているのが18日、見つかった。先月虹色に塗られたスティーブン・アベニューの横断歩道では、今月14日にもヘイト落書きが見つかり修正されたばかりだった。

 この落書きの写真をツイッターに掲載した男性は、一緒に横断歩道を渡っていた友達が気づいて教えてくれて、「また引き返して確認して見た」とメディアに答えている。せっかく社会でLGBTQコミュニティーを支援しようと盛り上がっている中で、こういう行為を見るのは「すごく残念」と語っている。

 落書きはすでに消され横断歩道は元通りになっている。アルバータ州ではカルガリー市以外でも、毎年どこかでこうしたLGBTQコミュニティーへの差別的落書きが見つかっている。

 今回の落書きについて警察はヘイトクライムによる器物破損として捜査していると発表している。

 カルガリー市では9月1日にプライドパレードが開催される。

 

2019年8月22日 第34号

 今年2月に発覚したジャスティン・トルドー首相と首相事務所スタッフによる、元法務相ジョディ・ウィルソンレイボールド議員へのSNCラバラン社を巡る圧力について、14日倫理委員長が倫理違反に当たるとの判断をした報告書を発表した。

 ケベック州にある大手ゼネコンSNCラバラン社は現在、贈賄容疑で裁判を控えているが、首相と首相事務所は裁判を回避し司法取引とするようウィルソンレイボールド元法務相に圧力をかけたことが明らかになっている。

 この行為が「利益相反」に当たると倫理委員長マリオ・ディオン氏が判断した。

 自由党にとってケベック州は政権維持を果たせるかどうかのカギとなる州。トルドー首相はモントリオール出身でもあり、ケベック州を優遇するために司法取引にするよう圧力をかけたと判断された。

 これに対し15日に記者会見したトルドー首相は、「報告書内容に同意できない点もあるが、全責任を負う」と語った。ただ倫理違反と判断されたことについての謝罪はなく、「雇用を守るための政策に謝る必要はない」とこれまでの主張を繰り返した。

 SNCラバラン社は裁判で有罪となれば9000人の雇用に影響すると首相らを説得していた。

 

 

今週の主な紙面
9月19日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康・43…V-21
求人情報…V-4

詳しくは9月19日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ