2020年3月5日 第10号

 ブリティッシュ・コロンビア州政府は2月27日、サレー市が進めているサレー市独自の市警察の準備段階となるサレー市警察委員会の設立を承認したと発表した。委員会が設立されると警察官や職員を雇用できるようになる。

 BC州マイク・ファーンウォース公安相事務所は、準備委員会が提出した450ページの報告書を精査した結果、連邦警察から市警への移行に必要な詳細な計画が検討されていると承認した理由を説明した。

 サレー市ダグ・マッカラム市長は「今日がサレー市警察の第1日」と宣言し、連邦警察からの脱却に向けた第1歩となると語った。

 マッカラム市長は、2021年4月1日に業務を開始する意向を示している。

 ただ準備委員会の委員長を務めた元BC州公安相ウォリー・オパル氏は、市長の希望は少し非現実的と語っている。サレー市にとっては、連邦警察からサレー市警察誕生までの移行に向けて5年で2億9600万ドルを予算に計上しているが、費用はサレー市警察の方が連邦警察よりもかかるという。

 それでも、サレー市警察設立は2017年統一選挙でのマッカラム市長の目玉選挙公約の一つ。「選挙公約実現に向かって今日この日が迎えられて誇りに思う」と市長は語った。

 しかし反対派は、最後までサレー市に連邦警察を維持するよう訴えていくと語っている。

 

2020年3月5日 第10号

 今年2回目の7千万ドルのロト宝くじを当てたのは、ケベック州ケベックシティに住む22歳の青年だった。

 グレゴリー・マシューさんは、2月25日朝に自身が購入したロトマックスの数字を勤務先のスーパーマーケットIGAで確認。すると7千万ドルが当たっていたと振り返った。

 27日に、ケベック州で宝くじ販売を担当するロトケベック事務所で当選金を家族と一緒に受け取ったマシューさんは、「(宝くじ売り場に)誰もいなかったのでレジにいた女性に確認してもらったけど、それでも自分の目が信じられなかった。今でもまだ信じられない気分」と記者に囲まれ語った。

 その時に同じ店にいた従業員は当時の様子を、マシューさんは驚きのあまり、叫んだり、身震いしていたりして、自分で家に帰れずに父親に電話して迎えに来てもらっていたと話した。

 当選を一番に伝えたのはもちろん家族とマシューさん。この日は両親や兄弟など7人で当選金を受け取った。

 一番に何に使うか聞かれたマシューさんは、まずは現在故障中の自動車を新車に買い替えたいということだった。

 今年は1月7日にも7千万ドルがオンタリオ州で当たっている。

 

2020年3月5日 第10号

 スウェーデン出身17歳の環境活動家として知られるグレタ・トゥーンバーグさんを揶揄しているとみられるステッカーが、アルバータ州で出回っているのが27日に分かった。

 ステッカーには、少女と思われる若い女性の裸の後ろ姿に、二つに分けた三つ編みのそれぞれの先端を、後ろから誰かが持っているか引っ張っているかのようなイラストが描かれ、腰のあたりに「グレタ」と書かれている。そしてそのイラストの下には、アルバータ州レッドディアに本社を置く石油・ガス関連会社として知られるXサイト・エナジーサービス社のロゴが大きく入っている。

 このステッカーの存在が国会にまで届いたきっかけは、ステッカーを見た同州の女性ミッシェル・ナラングさんが、ソーシャルメディアに掲載したことだった。ナラングさんは未成年に対するこのイラストはまるで児童ポルノみたいだと同社に電話で真意をたずねたという。すると返答は、彼女は17歳だから未成年ではないというものだったとテレビインタビューで語っている。

 アルバータ州は天然資源産業が主要産業だが、2014年に原油価格が急落して以降、失業率は国内最悪となり、いまだに経済が回復できないでいる。それに加えて昨今の環境対策への動きから天然資源、特にアルバータ州のオイルサンドは批判の的となっている。

 天然資源産業に従事する州民が多いアルバータ州で、こうした背景が州民のストレスとなっていることは間違いない。

 トゥーンバーグさんは、昨年アメリカ・ニューヨークの国連環境会議に出席した後、カナダを訪問。アルバータ州も訪れている。その時には環境問題に危機感を抱く多くの若者が集まった一方で、天然資源産業従事者とみられるトゥーンバーグさん訪問反対派も駆けつけた。

 アルバータ州は現在、環境問題と天然資源産業重視経済の間で揺れている。

 しかしそれが今回のステッカー配布の言い訳にはならないと、アルバータ州リーラ・アヘア女性の地位向上大臣、ジェイソン・ケニー州首相が批判しただけではなく、28日の国会でも問題視された。ケベック州の新民主党アレクサンダー・ボレリス議員が、若い環境活動家の女性に対する性的暴行を助長するようなステッカーを、国会として強く非難すると語った。

 ステッカー発覚以降、一切メディアへの対応を無視していたXサイト社だったが、3月2日になって謝罪声明を発表。ステッカーに描写されたイラストは同社や従業員の価値観を反映するものではないとしながらも、自分たちが配布したことを認め回収に努めることを約束している。

 アルバータ連邦警察は今回のステッカー配布について捜査した結果、特定の人物に危害を加えるような刑事的な犯罪や児童ポルノの可能性はないと発表した。

 

2020年3月5日 第10号

 カナダ食品検査庁(CFIA)が、2月25日付でマグロ商品のリコールを発表していることが分かった。28日に情報が更新されている。

 リコールとなっているのは、セブンシーズ・リミテッドのウノムンドというブランド商品2種類。ひとつはツナロイン、もう一つはツナステーキ。ブリティッシュ・コロンビア州を含めアルバータ州、オンタリオ州、ケベック州で主に販売されている。

 CFIAは、両商品はヒスタミン含有量が高いため、購入した消費者には食べないように、商店やレストランには販売や使用しないように警告している。

 保健省によると消費者からの苦情があり調査、報告された中にはヒスタミンの影響によると思われる症状があったケースもみられたという。

 CFIAによると、ヒスタミンの含有量が高い商品でも見た目や臭いに正常な場合との違いがないため、分からずに食べると気分が悪くなることがあると説明している。ヒスタミンは加熱によって壊されない性質があるという。ヒスタミン含有量が高い魚を食べたときの症状は、喉の痛み、下痢、めまい、顔の腫れ、頭痛、吐き気など。

 28日の更新では、刺身用アヒツナロインステーキ、アヒツナロインステーキ、アヒツナの3商品のリコールが追加されている。これらはBC州ほか、アルバータ州、マニトバ州、サスカチワン州、ユーコン準州の主なスーパーで、2019年9月18日から2020年2月に販売されている。

 保健省は、リコール商品を食べて症状が出た場合には医療機関で受診し、リコール商品を購入している場合は返品するか破棄するよう呼びかけている。

 

2020年3月5日 第10号

 カナダ国内での新型コロナウイルス(COVID- 19)感染者が増え続けている。ブリティッシュ・コロンビア州では3月3日、新たに4人の感染が確認されたと発表した。この日の午前中に1人の感染を発表した後、午後に新たに3人の感染を確認したと2度の記者会見を開く事態になった。BC州では2月29日に8人目の感染が確認されて以降、3日間は感染者が出ていなかった。

 この日記者会見したBC州衛生保健局長ボニー・ヘンリー博士は、BC州での感染拡大の危険は依然として低いとしながらも、予防のための対策を十分取るように呼びかけた。

 まずは手洗い。記者会見では「ハラぺーニョを触った手を洗うくらい」しっかりと洗うことと笑って説明した。さらに咳をする時は手ではなく腕で口を塞ぐこと、手を顔の周りに持っていかないことなどの基本的な予防策に加え、あいさつするときには握手やハグを控えたり、さまざまな物の表面をあまり触らないようにしたり、除菌用ローションを持ち歩いたりと、なるべくウイルスや菌を移さない行動を取るよう心がけてほしいと語った。

 BC州ではイランへの渡航者が感染している事例が相次いでいることから、今月はイランコミュニティにとっては新年を迎える時期となるが、風邪などの症状がある場合は人ごみに出かけないようにと呼びかけた。

 また南隣アメリカ・ワシントン州で死亡者が出るほどの感染拡大となっているが、注意は強化するが国境を閉鎖することはないと説明した。

 オンタリオ州でも感染者が相次いでいる。週末から急増し、3月3日にも新たに2人の感染が確認され20人となった。オンタリオ州では、イラン以外にエジプトからの帰国者も3人の感染が確認されている。エジプトでの感染者が2人と発表されていることから、オンタリオ州保健省は今後も注視すると語った。

 ジャスティン・トルドー首相はこの日の記者会見で、カナダでの感染拡大の危険性は依然として低いと改めて強調した。対応は各州の医療保健機関が担当しているが、連邦政府としてもできる限りの支援をして州と協力して、この困難を乗り切っていくと語った。

 カナダ外務省は海外渡航情報を更新し、中国以外に、イラン、イタリア北部、韓国テグ市とチョングド郡への渡航を「不要不急の渡航を控える」レベル3に、日本は「注意力を高く持って行動する」レベル2に引き上げた。

 海外からカナダへの入国については変わらず制限を設けていないが、中国湖北省に続き、イランから帰国した場合も症状の有無にかかわらず14日間の自己隔離を実施するよう義務付けることを発表した。その他の国から帰国した場合でも14日間は自分の体調に注意し、症状が出た場合は811か近くの医療保健機関に連絡するよう呼びかけた。

 3月3日時点でカナダでの感染者は、BC州12人、オンタリオ州20人、ケベック州1人となっている。

 

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ