2018年12月13日 第50号

 ブリティッシュ・コロンビア州政府は5日、新環境対策プランを発表した。新プラン「クリーンBC」は、BC州が掲げている2030年までに2007年比で40パーセントの温室効果ガス排出量削減を達成するためのもの。天然資源産業、住宅建設、運輸交通など産業界から個人の交通手段まで幅広く削減を目標としている。

 液化天然ガス産業を含む天然資源産業界で840万メガトンの削減を目指すほか、ガソリンからクリーンエネルギーへの移行や新築ビルに省エネ機能を義務づけること、家庭や企業からの有機廃物の削減などを盛り込んだ。またすでに発表している2040年までにBC州で販売される全車を電気自動車や水素自動車などのクリーンエネルギー車とすることや、そのためのインフラ整備や補助金制度の充実なども発表している。

 BC州政府ジョン・ホーガン州首相は記者会見で「このクリーンBCで気候変動に真っ向から挑戦する」と語り、クリーンで再生可能エネルギーへと移行することで経済を成長させると共に、州民により住みやすい快適な生活を提供できると語った。

 同州政府ジョージ・ヘイマン環境相は昨年、今年と2年連続でBC州を襲った夏の史上最悪の山火事を例に挙げ、気候変動が私たちの生活を直接脅かす事態を招いていると語り、「州民は恐怖ではなく希望を望んでいる。今日の発表は州民に希望を与えるものだ」と語った。

 BC州NDP政権と協力関係にあるグリーン党アンドリュー・ウィーバー党首は、「これは環境対策プランではなくビジネスプラン。だからこそ今回のこの発表には意味がある。BC州はビジネスを歓迎する、しかし、そのビジネスはクリーンなものだ」とNDPのプランを歓迎した。

 ヘイマン環境相は今回の対策の費用については来年2月に発表する予算案で盛り込むと語っている。

 

2018年12月13日 第50号

 アルバータ州野党連合進歩保守党(UCP)のジェイソン・ケニー党首は6日、秋期議会終了の記者会見に臨み、来年同州で実施される州議会議員選挙の時期を前倒しするよう新民主党(NDP)政権レイチェル・ノッテリー州首相に要求した。

 「NDP政権はすでにアルバータ州民の支持を失っている」と語り、そんな政府に来年度の予算編成を任せるわけにはいかないと語った。

 現在支持率ではUCPがリードしている。このままの勢いで政権奪回を実現したいというのが狙いだ。

 アルバータ州では前回2015年の選挙でNDPが大勝するという約40年ぶりの政権交代を実現した。しかし2014年に起こった世界の原油価格急落の影響を受けて、主要産業である石油・ガス産業が大打撃を受け、失業率が記録的に上昇、州経済が大きく落ち込んだ。しかし2015年に誕生した連邦自由党政権との良好な関係構築に成功し、2016年には滞っていたトランスマウンテン・パイプライン拡張工事の承認を得るなど、経済復活の兆しが見え始めていた。そこに起こった今年のブリティッシュ・コロンビア州新政権とのパイプライン抗争で敗れた形となったNDP政権は、現在効果的な経済対策も打ち出せないまま支持率は下がる一方となっている。

 2019年3月から5月の間に州選挙を実施しなければならないため、選挙を前倒しした方が効率的との意見もある。

 ケニー党首は来年2月1日に選挙を公示すれば3月初旬には選挙を実施できると、来年の議会再開前の選挙をノッテリー州首相に呼びかけている。

 ノッテリー州首相は選挙実施時期については明言を避けている。

 

2018年12月13日 第50号

 ケベック州モントリオール市の地下鉄駅構内で8日、世界的なチェロ演奏家ヨーヨー・マさんがミニ・コンサートを開いた。

 同市のエンターテイメント企画会社レンバス・ワークスとの共同企画によるもので、『現代人の絆と断絶を探る』と題された20分ほどのコンサートでは、マさんのチェロ独演のほか、地元の詩人との共演が披露された。またこのコンサートは、文化が現代テクノロジーを人間的なものへ近づけていく上で、どのように寄与しているかを探る『行動の日』と彼が名付けたプロジェクトの一環でもあった。

 フランス生まれのマさんは、流ちょうなフランス語で「地下鉄駅内での音楽、教会から聞こえる鐘の音、人生のすべて、これらが私たちを結び付け、また、社会的立場を向上させる」と聴衆に語りかけていた。

 また「私にとってこの曲は、モントリオールそのものだ」と、モントリオール出身のシンガーソングライターで、2年前に亡くなったレナード・コーエンの『ハレルヤ』を演奏、聴衆に一緒に歌うよう促した。彼の演奏を聴きに、よくコンサート会場へ足を運んでいたというアマチュアのチェロ演奏家のアニク・フィロンさんは、多くの子供連れの家族が彼を取り囲んで演奏を聴くという、一般のコンサートでは見られない光景に心を打たれたと感想を語っていた。また音楽教師のジョジアーニ・ルファブルさんは、17世紀のバッハの曲を、地下鉄駅構内で聴くということで、彼が伝えようとしている『お互いのつながり』というメッセージがよく分かったと、取材に答えていた。

 この日マさんは、音楽が人間の頭脳に及ぼす影響について、人工知能研究者とのパネルディスカッションに参加したほか、テクノロジーとメディアが、カナダ先住民の声を世界の人々に届けるために、どのように寄与してきたかを追った映画の上映会にも出向いていた。

 

2018年12月13日 第50号

 ブリティッシュ・コロンビア州で現在実施されている選挙制度改革のための住民投票で、投票率が41パーセントに止まることが7日、選挙管理委員会の報告で分かった。住民投票はこの日の午後4時30分に締め切られた。当初は11月末を締め切りとしていたが郵送による投票が多いにもかかわらず、カナダポストの5週間以上にも及ぶストライキの影響で1週間BC州政府が締め切りを延期した。

 住民投票は、現在の小選挙区から比例代表を取り入れる制度へと変更することに賛成かどうかを問うもので、賛成の場合は希望する比例代表制度も記入する内容となっている。

 

2018年12月13日 第50号

 オンタリオ州オタワ市郊外で、キリスト降誕の場面を再現した人形が役場前から盗まれたものの、何日か後に無事発見された。

 事件が起きたのは、オタワ市の西80キロメートルほどにある、人口8千人ほどの町レンフルー。その町役場前の広場に設置されたのは、キリストが動物小屋の中で生まれ、東方三博士が礼拝に訪れるという有名な場面。この時期になると、この情景のミニチュアがあちこちで見られるようになるが、この町のものは、ほぼ等身大の人形を用いて再現するという、大掛かりなもの。

 その情景の中心にあった幼子イエス・キリストが盗まれたのは、先週末に行われたクリスマス・パレードの最中だったとみられている。それから3〜4日後の5日朝、その像が近くの駐車場に放置されていたのを住人が発見した。4キログラムほどのイエス・キリスト像は、雪のうっすら積もった駐車場にうつぶせになった状態だったという。

 幼子イエス・キリストは無事もとの場所に戻されたが、実はこの像が盗まれたのは今回が初めてではなかった。2015年にこの像を盗んだ男は、それをあちこちの新年パーティーに持参してまわり、最後は警察に逮捕された。

 

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ