2018年6月14日 第24号

 カナダのケベック州シャルルボワで8日から開催された主要7カ国(G7)首脳会議が9日に閉幕。7カ国で署名する首脳宣言に米国ドナルド・トランプ大統領が承認しないという異例のG7となった。

 トランプ大統領は7カ国中最後にカナダ入り。今回が大統領に就任して以来、初のカナダ訪問となったが、9日の閉幕を待たずに途中退席して帰国。1泊だけという駆け足のG7となった。

 議長国カナダのジャスティン・トルドー首相は、今回の議題に、幅広く成長が期待される分野への投資、将来的な雇用問題への準備、気候変動・海洋汚染・クリーンエネルギーへの取り組み、性別による平等性と女性の権利、安全で平和な世界の構築を掲げていた。

 しかしアメリカ以外の6カ国の最大懸念材料は、アメリカによる鉄鋼・アルミニウムへの6カ国に向けた高関税だった。

 トランプ政権は、5月31日にこれまで免除していたカナダ、欧州、そしてG7には参加していないメキシコにも、鉄鋼で25パーセント、アルミニウムに10パーセントの関税を上乗せすると発表。特にカナダは大部分をアメリカに輸出しているため、打撃が大きく、今回のG7でもトランプ大統領との直接対談で説得するとみられていた。

 しかし結果は期待通りとはいかなかった。9日、閉幕後の記者会見でトルドー首相は、先週アメリカのテレビ局で語った「正直侮辱的だ」とのカナダの見解を改めて示し、「我々カナダは、丁重で、理性的だが、決して言いなりになるつもりはない」と語り、国民の利益のために必要なときは立ち上がると今回、高関税措置についてはアメリカとの対決姿勢を鮮明にした。

 トランプ大統領は9日ツイッターで、自分が退席した後にトルドー首相が記者会見で語った言葉を非難。結局、トランプ大統領がG7首脳宣言を承認しないという異例のG7の幕引きとなった。

 また海洋汚染対策として議題に挙がったプラスチックごみの削減目標については、アメリカと日本が署名を拒んだため、5カ国とEUのみで承認した。

 

 

2018年6月14日 第24号

 注目のオンタリオ州選挙は6月7日に投開票が実施され、進歩保守党(PC)が圧勝、次期州首相にダグ・フォード氏が決定した。

 選挙前の世論調査では、第3党だった新民主党(NDP)が勢いを増し、選挙日直前には支持率でPCを上回る勢いを見せていた。久々のNDP政権誕生の可能性も言われたが、ふたを開けてみると、PCの圧勝だった。

 今回型破りの選挙戦を繰り広げたフォード党首は、記者会見でも異例ぶりを発揮。従来なら負けた党首から党員に向けたメッセージを発するが、フォード党首は他党党首の会見を待たずに真っ先に勝利宣言。「全員で勝ち取った勝利。これから州民のためにさらに力を尽くす」と語った。

 第3党から政権奪取かと期待されたNDPは野党第1党となった。政権奪取が期待されただけに大きく議席を伸ばして躍進しても、喪失感が選挙党本部に漂っていたことは否めなかった。それでもアンドレア・ホーワス党首は「野党第一党としてPC政権にしっかりと意見を言っていく」と語った。

 一方で予想どおり自由党は大敗した。議席数はわずか7。自由党史上最悪の結果となった。オンタリオ州での公式政党8議席にも及ばなかった。すでに敗北宣言をしていたキャサリーン・ウィン党首にとっては党本部で今選挙中2度目の敗北宣言。「若い力にトーチを引き渡す」と大敗の責任を取って辞任することを発表した。ウィン党首本人は当選。議員をそのまま続けると語ったが、次の選挙まで残るかは疑問視されている。ただ公式政党にすら残れない議席数での辞職は厳しいとの声も上がっている。

 歴史的な選挙となった今回、もう一つの史上初があった。グリーン党が初当選を果たした。マイク・シュレイナー党首がグエルフ選挙区から当選。「歴史的な一歩だ」と当選後に支援者に語った。

 選挙結果は、進歩保守党(PC)が76議席、(得票率40・63パーセント)、NDP40議席(33・69パーセント)、自由党7議席(19・30パーセント)、グリーン党1議席(4・62パーセント)だった。

 

 

2018年6月14日 第24号

 ブリティッシュ・コロンビア州グレーターバンクーバーの都市コキットラムに住む男性が、収集日の朝にごみを表の歩道に早く出しすぎたとして、罰金を科せられた。

 この男性は、4カ月の乳児と暮らすデーブ・デボーさん。赤ん坊の世話が忙しく、収集日にごみを出し損ねることも多かった。たまたま4日の明朝、赤ん坊が眠りに落ちたのを確認したデボーさんは、このチャンスにごみ袋とリサイクルごみ用の青いコンテナボックスを、家の前の歩道に出しておいた。時間は午前3時30分だった。

 ごみが回収された後に、コンテナボックスを取りに行ったデボーさんは、500ドルの罰金を科せられたことを知らせるステッカーがボックスに貼られているのを見て驚いた。久しぶりにごみ収集に間に合うようにごみを出すことができ、達成感を感じていたデボーさんにとって、これは大きなショックだった。罰金のステッカーを見ても、最初は何がいけなかったのか見当がつかなかったという。

 同市の条例によると、ごみは収集日の午前5時30分以降に家の前に出すよう決められている。これはクマやクーガーなど、野生動物がごみを荒らさないようにするためのもの。コキットラム市環境サービス課は、山に隣接する同市にはクマをはじめとする多くの野生動物が住んでおり、夜間や明朝にごみを屋外に放置すると、荒らされる危険性があるとしている。いったんクマが家庭ごみに慣れて、これを求めて街中を徘徊するようになると、最終的にそのクマを駆除しなければならなくなり、そうした悪循環を未然に防ぐため、この罰金システムの必要性を説明していた。

 6月に入った時点で同市は、違法なごみ出しに対し339件の警告と、62件の罰金告知書(500ドル)を交付している。

 

 

2018年6月14日 第24号

 米国ドナルド・トランプ大統領がジャスティン・トルドー首相に向けて放った攻撃的な内容のツイートや、10日にアメリカのテレビ局FOXの番組に出演した国家通商会議委員長ピーター・ナバロ氏が、トルドー首相の記者会見での内容に対して、「部屋から出て行こうとする(トランプ大統領の)背中にナイフをつきさすようなものだ」と強い口調で非難し、「(トルドー首相は)地獄の特別室がふさわしい」と語った。

 これに対して、11日のカナダ国会では、野党保守党、新民主党(NDP)からも、トルドー首相がカナダ国民のためにトランプ大統領にカナダの主張を通した、と全面的にトルドー首相の主張を支持することで全会一致。「カナダ国民が力を合わせて立ち向かっている時に、トランプ大統領は孤立している。アメリカの政治家や友人たちは、隣人であり最大の同士であるカナダに対するトランプ大統領の言動に強く反発している」とNDPルース・エレン・ブロソー議員が語った。

 ナバロ氏の発言について、カナダ側はクリスティア・フリーランド外相が10日に記者団に対応し、「他国との関係を築くときに、感情に訴えた攻撃は適切で効果的とは思っていない」と語り、「我々はこれまで通り、事実に基づいて交渉を続けていく」と語った。トルドー首相は、この件について無言を貫いた。

 ナバロ氏は12日、アメリカ国内からも批判の声が相次いだことで、トルドー首相に対する発言について、テレビ番組で「言葉の選択が間違っていた」と謝罪した。

 

 

2018年6月14日 第24号

 カナダ統計局は8日、5月の労働統計を発表、予想に反して失業者数が7500人と報告した。しかし失業率は前月から変わらず5・8パーセントだった。これで2カ月連続の失業者数増となった。

 減少したのはフルタイムで3万1千人、パートタイムが2万3600人増加したが、全体として失業者数が増えた。

 業種別ではヘルスケア・社会福祉関連産業で2万4千人が失業、製造業でも1万8千人、建設業で1万3千人が失業した。一方で就業者数が宿泊・飲食業で1万8千人、専門・科学・技術サービス業で1万7千人、運輸・倉庫業で1万2千人増加した。地域別では、プリンスエドワード島で就業者数が800人増加し失業率がやや改善。ブリティッシュ・コロンビアでは1万2千人が失業、前年同月比でほとんど伸びなかったのは2015年5月以来となった。それでも失業率はほとんど変化せず4・8パーセント。オンタリオ州では前月比ではほとんど変化がなかったが前年同月比では1・8パーセント増、ケベック州でも前年同月比で1・6パーセント就業者数が伸びた。

 予測よりも失業者が増加した5月だが、時給は急速な伸びとなっている。前年同月比で3・9パーセント上昇、2009年4月以来の伸び幅になった。

 

 

 

今週の主な紙面
6月14日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
リッチモンド「Doors Open」&スティーブストン日本語学校卒業式…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
VSO バンクーバー交響楽団音楽監督ブラムウェル・トービー氏を見送るガラ・コンサート開催…V-14
ゴールラッシュで久々のホーム白星!!チームは6月2連勝…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月14日号 第24号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ