カナダニュース

2017年2月23日 第8号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州議会が14日再開した。議会再開初日には副総督が開会の式辞で政権政党の政策を読み上げる。今回の式辞内容は今年5月に予定されている選挙直前となることから、選挙を意識した内容となった。

 経済政策では好調な州経済を反映して、州民に還元することを約束。ただどういう形で還元するのか詳細は一切含まれなかった。今週にも発表される予算案で示すものとみられている。

 所得税や消費税の減税、電気料金、保険料、自動車税の値下げなどが考えられると伝えられている。

 その他、教育、住宅、公共交通機関、環境問題対策での自由党のこれまでの功績に言及。さらに深刻な薬物問題への解決に力を入れると約束したほか、アメリカとの間で交渉が続いている製材に関する協定への解決に、2006年協定締結時に連邦政府国際貿易大臣として関わったデイビッド・エマーソン氏を任命したと発表した。

 野党新民主党(NDP)ジョン・ホーガン党首は、選挙80日前に有権者を囲い込もうとしていることが見え見えと批判。これまで、保険料や自動車保険、電気料金などを値上げし、富裕層からの献金を抱え込んで行ってきた政策に、もう州民は騙されないと語った。

 今回の式辞には、昨年から問題となっているクラーク州首相の献金問題や献金制度改革については一言も触れられていなかった。献金制度については、連邦政府、オンタリオ、ケベック州などが改革に乗り出しているが、クラーク州首相は改革する必要がないと主張している。BC自由党はクラーク州首相への5千ドルの献金パーティー券や、不動産や、天然資源会社などからの巨額の献金受け取りが明らかになり問題視されている。

 

 

2017年2月23日 第8号

 ジャスティン・トルドー首相は16日(現地時間)、フランス・ストラスブールの欧州議会で演説。自由貿易の重要性を強調した。

 同議会では前日、議員58パーセントの賛成でカナダ欧州連合自由貿易協定(CETA)が批准。8年間の交渉を経てようやく実現する。

 「この協定を実現することがどれほど重要なことかを控えめにいうことは、とてもできない」とトルドー首相。「国際社会が直面している困難に取り組むために欧州は非常に重要な役割を果たしている。世界が強い欧州を必要としている」と語った。「我々はこの協定を成功させる必要がある。成功すれば今後の世界貿易にとって、この協定が青写真となる。もし成功できなければ、おそらくこの協定は世界の自由貿易協定の最後の一つとなるだろう」と、協定を実現させることの意義を語った。

 世界では保護貿易主義が台頭している。アメリカのドナルド・トランプ大統領は就任後すぐに、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの脱退や、北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを掲げた。13日のトルドー・トランプ会談後の記者会見では、カナダとのNAFTAについては「多少の変更」という表現にとどまったものの、カナダにとって安泰というわけではない。

 今回のEUとの協定合意はカナダにとって輸出アメリカ依存から脱却するための1歩であり、今後、日本、中国、インドとの自由貿易を目指す準備ともなる。EUにとっては初めての主要7カ国との自由貿易実現であり、イギリスの欧州離脱やアメリカとの自由貿易協定交渉凍結への光であり、今後、日本、ベトナム、メキシコとの交渉への弾みにしたい考えだ。

 トルドー首相は、カナダとEUは民主主義の信念を共有し、透明性、法の原則、人権、多様性の受け入れが重要であると信じる関係であり、「現代のような時代には、国際経済を引っ張ることを選択する必要があると我々は信じている」と保護主義を暗に否定した。

 

 

2017年2月23日 第8号

 欧州議会での演説後、ジャスティン・トルドー首相は16日にドイツ入り。アンゲラ・メルケル首相と会談した。翌日には記者会見に臨み、北大西洋条約機構(NATO)での役割について記者の質問に答えた。

 米ジェームズ・マティス国防長官が欧州を訪問した時、トランプ政権がNATOを重要視していることに変わりはないが、加盟国には規則通り費用を負担するよう求めた。NATO各国の軍事費用負担はGDP(国内総生産)の2パーセントとなっている。ドイツは現在1・2パーセント、カナダは0・99パーセントしか負担していない。

 これについてトルドー首相は、カナダはNATOではカナダ兵を重要任務に送り、同盟国の負担を軽くする役割を果たしてきた。カナダとドイツはNATOの中では常に重要な役割を果たしてきた、と費用負担以上の役割を果たしていることを強調した。

 カナダの国会ではNATOへの負担増についてほとんど議論されていない。一方、ドイツは負担増を実行する予定があることを示唆した。

 トルドー首相とメルケル首相が初めて会談したのは2015年11月トルコでのG20(20カ国・地域首脳会談)。この時がトルドー首相初めての国際舞台デビューでもあった。それから1年3カ月。ヨーロッパでは右翼政党の台頭、イギリスの欧州連合離脱、アメリカでのトランプ政権誕生と世界は大きく変化している。緊縮財政のドイツと経済政策では違いがあるものの、自由貿易や移民問題など共通する政策も多い。今後のG7(先進7カ国首脳会議)やG20では、この2国がカギとなるとみられている。

 

 

2017年2月23日 第8号

 アルバータ州エドモントン市近郊ストラスコーナ・カウンティで、パイプラインからオイル凝縮液が漏れていることが18日分かった。エンブリッジ社の工場用地内で20万リットル(約1250バレル)が漏れたという。原因は17日に同地域で行われた他社の工事が影響したものと発表している。

 カナダエネルギー委員会(NEB)は、17日には報告が来たと発表。エンブリッジ社はすぐに関連する5本のパイプラインも停止し、除去作業を急いでいると発表している。

 NEBは市民の生活に影響はないとし、事故については現在調査中としている。

 

 

2017年2月23日 第8号

 連邦政府ジェーン・フィルポット保健相は17日、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市で同州政府テリー・レイク保健相と記者会見を開き、ヘルスケアで合意したと発表した。

 連邦政府からこの先10年間で、BC州のホームケアとメンタルヘルス対策に14億ドルが支援される。さらに、BC州で急増しているフェンタニルなどの合成オピオイド(合成麻酔薬)を含む違法薬物の過剰摂取による死亡事故対策として1千万ドルが支援される。これは連邦政府の薬物対策費6500万ドルの一部とフィルポット保健相は語った。

 BC州では先月だけで違法薬物過剰摂取による死亡者が116人にのぼり、昨年は914人が死亡している。死亡者は必ずしも薬物中毒者ではなく、特に若者の死亡が目立つ。緊急の対策が必要との意見で連邦とBC州政府が合意している。

 今回のBC州とのヘルスケア合意は、連邦政府から毎年州政府へ支援されるヘルスケア財源であり、特別財源ではない。ただ連邦政府はこの財源を、これまでの毎年6パーセント増額から3パーセントに、もしくは年間GDP(国内総生産)成長率のどちらか高い方に変更すると昨年発表し、各州が合意を拒んでいた。

 しかし、昨年12月にはニューブランズウィック、ノバスコシア、ニューファンドランド・ラブラドール州が合意。先月にはプリンスエドワード島、サスカチワン州、ヌナブト、ユーコン、ノースウエスト準州が合意に達した。

 この日のBC州の合意で、残りはオンタリオ、ケベック、マニトバ、アルバータの4州。いずれも、これ以上の支援を要求している。BC州は今年5月9日に州議会議員選挙が控えている。

 

 

 

今週の主な紙面
2月23日号 第8号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
心を一つにする歌、神輿甚句(みこしどっこい)…V-3
気持ち英会話…V-4
外から見る日本語…V-5
カナダの高校生が『カケハシ・プロジェクト』で訪日…V-13
新朝日チーム、岡井総領事を表敬訪問…V-13
$5クッキング…V-14
老婆のひとりごと…V-17
オタワ便り…V-22
Hello Community!…V-24
Saoriのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-21~26
求人情報…V-23

詳しくは2月23日号 第8号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ