2019年2月14日 第7号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーとアメリカ・ワシントン州シアトルを高速鉄道で結ぶ構想が、また一歩前進した。

 ワシントン州ジェイ・インスリー州知事と7日にシアトルで記者会見に臨んだBC州ジョン・ホーガン州首相は、建設実現に向けて必要な次段階の調査にBC州が30万ドルを支援することを発表した。隣接する2つの州にとって「両都市をつなぐ交通機関の改善は関係を前に進めるために非常に重要な役割を果たす」と語った。

 ワシントン州は議会で120万米ドルの研究費支援をすでに承認している。インスリー州知事は、これまでの調査で高速鉄道が完成すれば最初の数年で180万人の利用客が見込めることがわかっていると説明、調査は実現に向けて次の段階に入ると語った。

 北米西海岸北部を結ぶ高速鉄道構想は、バンクーバーからシアトル、その南のオレゴン州ポートランドまでを結ぶ計画。ワシントン州の試算では費用は240億米ドルから420米ドルで、約20万人の雇用を生み出し、経済効果は計り知れないという。

 完成すればバンクーバー・シアトル間の移動は約1時間となる。バンクーバーに設置される駅候補地ではサレー市が有力。ダウンタウンに乗り入れているスカイトレインへの接続が良いことが理由に挙げられている。

 

2019年2月14日 第7号

 ジャスティン・トルドー首相が10日、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーを訪問した。今月25日に実施される同州バーナビー-サウス選挙区の補欠選挙に立候補している自由党候補リチャード・リー氏の応援に駆け付けた。

 この日は春節を祝うチャイニーズ・ニューイヤー・パレードがバンクーバーチャイナタウンで開催され、首相はお祭りムードに包まれるチャイナタウンでのイベントにも参加した。

 翌日にはバンクーバー市で自由党政権による住宅支援を発表。2017年に政府が発表した10年400億ドルのカナダ住宅支援計画からバンクーバー・アフォダブル・ハウジング・エージェンシーとユニオン・ゴスペル・ミッションズ・ウーマン・アンド・ファミリーセンターへの支援を発表した。

 また今回の訪問では、通信会社大手テラスの最高経営責任者とも面会。ファーウェイ問題について話したとみられている。

 しかしトルドー首相のバンクーバー訪問は、現在自由党を揺るがしているジョディー・ウィルソンレイボールド復員軍人相へのSNC-ラバラン社救済圧力の問題が注目の大半を占めた。

 

2019年2月14日 第7号

 真冬でも温暖な気候のカナダ南西部が大雪に見舞われている。ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーと州都ビクトリアでは10日夜から雪が降り始め、週明け11日の朝には公共交通機関のダイヤが大きく乱れ、通勤通学の足に大きな影響を与えた。

 雪は11日の日中は収まっていたものの、夜には再び降り始め、翌日も一日中降り続いた。カナダ環境省はメトロバンクーバーとビクトリアに大雪注意情報を発表。12日は大学を含むほぼすべての学校が休校となり、バンクーバー国際空港では大雪の影響で欠航や遅れが生じた。交通事故も相次いでいる。

 予報によると、今週はまだ雪が降る日があるという。環境省は不要な外出を避け、外出時は運転や歩行に十分注意するよう呼びかけている。

 

2019年2月14日 第7号

 キューバの在外公館に勤務していたカナダ外交官たちが、連邦自由党政権に対して2800万ドルの賠償金を求める訴えを起こしていることが6日分かった。

 訴えを起こしたのは、2016年から2018年までキューバで外交官として務めていた5人とその家族を含む15人。勤務中に起こった原因不明のさまざまな症状に対して連邦政府が適切な対応を拒否したと訴えている。

 訴えによれば、この期間、キューバの在外公館に勤めるカナダ外交官やその家族が原因不明のさまざまな症状に悩まされたという。症状は、めまいや混乱、頭痛、鼻血などで脳振とうを起こした時と類似し、キューバで起こった原因不明の症状から「ハバナ症」と呼ばれている。カナダ政府は症状のある外交官と家族に対して正確な情報提供を怠り、適切な医療機関への受診を拒否したと訴えている。

 「ハバナ症」はカナダ外交官だけに限ったものではなく、キューバのアメリカ外交官にも同様の症状があったため、当初はアメリカ外交官を狙ったキューバの工作ではないかとの疑いが持たれた。しかし、いまだに原因は分かっていない。

 アメリカ外交官に対してはアメリカ政府が迅速な対応をしたため、現在回復に向かっている被害者が多いという。一方で、アメリカ外交官からの情報により、2016年11月にはカナダの外交官にも最初の健康被害が認められたとみられるにもかかわらず、カナダ政府は2018年4月まで対応を遅らせた。そのため、被害を受けた外交官や家族は今も症状が治まらず生活に支障をきたす人もいると提訴している。

 これについてクリスティア・フリーランド外相は、被害を受けた外交官たちと面会し事情を聴いたと語り「彼らの症状について心配している。政府として最大限の支援をする」と述べた。

 ジャスティン・トルドー首相は7日の会見で、「キューバにいた外交官に及ぼした健康被害が実際に起こったことであるということは疑いようがない」と語り、当初から非常に状況を重大視していたし、これからも海外に赴任しているカナダ人の健康や安全に真摯に対応すると語った。ただ裁判については言及しなかった。

 

2019年2月14日 第7号

 ジョディー・ウィルソンレイボールド復員軍人大臣兼国防副大臣が12日、ジャスティン・トルドー首相に宛てた書簡で辞任を表明した。書簡は自身のツイッターにも掲載している。

 ウィルソンレイボールド復員軍人相は、現在自由党政権を激震させているSNC-ラバラン社救済問題で中心にいる人物。

 SNC-ラバラン社救済問題とは、ケベック州モントリオールに本社を置くカナダ最大の建設会社SNC-ラバランが、リビア事業関連の契約獲得のためにリビア政府高官に約4800万ドルを支払ったとされる詐欺と贈賄容疑で訴追されている件について、トルドー首相もしくは首相事務所が当時法務相だったウィルソンレイボールド氏に、ラバラン社が裁判を回避できるよう圧力を掛けたとされる問題。今月7日に、カナダ全国紙グローブ&メールが1面掲載して明らかになった。

 記事掲載以降、ウィルソンレイボールド氏は記事内容の真偽について一言も語っていない。同紙によれば、事務所からの圧力にもかかわらずラバラン社救済を拒否したため、今年1月の内閣改造で法務相から復員軍人相に降格させられたという。

 トルドー首相は、前法務相に直接的な圧力はなかったと記事内容を否定している。12日には訪問中のマニトバ州ウィニペグでの記者会見で、「正直言って(復員軍人相が)辞任を決意したことについて驚いているし、がっかりしている」と語った。自由党政権としては間違った対応をしていないことを強調し、もし違う意見があれば首相に問題提起するのは閣僚としての義務であり、ウィルソンレイボールド大臣を含め誰からもそうした意見は出なかったと語った。

 復員軍人大臣兼国防副大臣は、後任が決定するまでハルジット・サージャン国防相が兼任する。

 

 

今週の主な紙面
2月14日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
盛岡の完熟りんごがカナダに初上陸…V-2
若手日系人調査(Global…Youth Nikkei…Research…Project)…V-5
MOVIES TIME OUT…V-11
Noriko Jazz Band 本格始動!…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは2月14日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ