2019年8月15日 第33号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は8日、ノースバンクーバー市に新しく緊急ケアセンターを設置すると発表した。

 記者会見したBC州エイドリアン・ディクス保健相は、これで多くの市民が緊急時でもアポを取ったその日に対応してくれる施設を持つことができ、ファミリードクターを持たない市民にも対応できる施設ができると語った。

 施設設置の目的は、緊急を要するが命に直接かかわらない患者への迅速な対応と、ファミリードクターを持たない市民へのケアにあるという。

 ディクス保健相はノースバンクーバーにはライオンズゲート病院が近くにあるが、これで病院の緊急センターもその役目を今回のケアセンターへ移すことができ病院側の負担軽減にもなると説明した。

 保健省によれば、現在ノースバンクーバー、ウエストバンクーバー市民の約16パーセントがファミリードクターを持たないという。

 センターはノースバンクーバー市の221ウエストエスプラナード通りに開業する。ここは先住民族スコーミッシュネーション地区のすぐ近くで、公共交通機関のハブになるロンズデールキーシーバス乗り場から2ブロックとアクセスが良いロケーションとなっている。

 開業時間は月曜から土曜日は午前8時から午後10時まで、日曜日は午前9時から午後5時まで。

 設置費用は州政府が195万ドルを充て、年間運営費は338万ドルと試算している。

 運営はバンクーバー・コースタル・ヘルスが担当、医師4人、ナースプラックティショナー2人、看護師7人、ソーシャルワーカー2人が充てられる。

 

2019年8月15日 第33号

 カナダ保健省は9日、薬代を引き下げるためにこれまでの制度を見直すと発表した。カナダは世界的に見て薬代が高いとされているため、制度を見直し国民の負担を軽減するのが狙いと説明している。

 カナダの薬代が実際に国民に重い負担となるほど高いかを検討、検討委員会の制度変更、他国との価格比較などをこれから行い、2020年7月1日には変更を実施する予定としている。ただし自由党が選挙で政権維持できればという条件になる。

 保健省によれば、そうして実施された制度変更により10年で約130億ドルの薬代を国民が節約できると試算している。

 カナダ国内の薬代については、7月31日にアメリカのトランプ政権がアメリカ国民にアメリカより安いカナダの薬を購入することを合法とすることを検討していると発表した。

 現在でもアメリカから安いカナダの薬を求めてやって来ることがしばしばニュースになるが、合法化されればさらにそうした人々が増加し、カナダ国民が購入する薬代が高騰するのではないかと不安視する声が上がっている。

 カナダでは薬代はアメリカよりも一般的に安いが、カナダ国民にとっては健康保険対象外のため薬は一般的に高いとの認識がある。

 自由党は薬代も健康保険の対象とする保険改革を選挙での争点の一つとしているため、次の選挙では包括的な健康保険制度を訴えている新民主党との違いをどう打ち出すのかにも注目されている。

 

2019年8月15日 第33号

 カナダ統計局が発表した7月の労働統計では、24200人が失業し、ロイターによる12500人増加の予測を大きく下回った。失業率は前月の5・5パーセントから5・7パーセントに悪化。今年5月には失業率5・4パーセントと1976年以来の低い水準を記録したが、6月、7月と2カ月連続で悪化した。

 要因は労働市場への参入が増加したこと、卸売業、小売業が不調だったことが挙げられている。

 7月はフルタイムで11600人、パートタイムで12600人減少。民間企業で69000人減少したが、公的機関は17500人増、自営業が28000人増加した。業種別では建設業で25000人増となった。

 地域別失業率ではブリティッシュ・コロンビア州4・4パーセント、ニューファンドランド&ラブラドール州12・00パーセント、プリンスエドワード島8・4パーセントで改善した以外は悪化した。全国で失業率が最も低いのはBC州ビクトリアで3・8パーセント、次いでバンクーバー4・0パーセント。オンタリオ州トロントは5・7パーセントに、ケベック州モントリオールは5・8パーセントにやや悪化、BC州以外の多くの都市で悪化している。

 全国的に失業率が悪化した一方で給与は上昇している。全国各州の最低時給も上昇し、全国平均で同月前年比4・5パーセント上昇した。3カ月連続の上昇となる。

 州別ではケベック州で6・2パーセント上昇、オンタリオ州で5・1パーセント上昇した。

 

2019年8月15日 第33号

 今年10月に実施される総選挙で注目されるブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー・グランビル選挙区の候補に、自由党はタリーブ・ノーモハメド氏を擁立することが9日分かった。13日に公式に発表された。

 ノーモハメド氏はハイテク起業家・投資家だが、これまでに何度も政界進出を試みている。

 2004年に初めて自由党連邦議員への候補戦に挑戦したが失敗。2011年にはノースバンクーバーの自由党候補に選ばれたが、保守党アンドリュー・サクストン氏に敗れた。2015年には立候補せず、2018年BC州統一地方選挙でバンクーバー市長選へビジョン・バンクーバー候補として挑戦したが、体調不良で撤退を余儀なくされた。

 そして今回、全国で最も注目される選挙区で自由党候補として選挙に臨む。

 この選挙区は自由党政権で閣僚を務めたジョディ・ウィルソンレイボールド元法務大臣の選挙区。ウィルソンレイボールド議員は今年2月に全国紙が掲載して発覚したSNCラバランスキャンダルの当事者で、責任を負わされる形で自由党から除名処分された。

 SNCラバランスキャンダルは、ジャスティン・トルドー首相をはじめとする首相事務所によるウィルソンレイボールド前法務相への圧力が問題となったスキャンダル。自由党の支持率が急低下した要因にもなったため、事態を収束するためにトルドー首相が除名処分を決定した。

 自由党除名処分を受けウィルソンレイボールド議員には新民主党(NDP)やグリーン党への入党の話があったが、総選挙には無所属で出馬することを発表した。

 NDPは環境活動家のイボンヌ・ハンソン氏を、グリーン党は不動産エージェントのルイス・ボーティン氏を擁立。保守党は元保守党政権スタッフのザック・シーガル氏、カナダ国民党はナオミ・チョチク氏をすでに候補者として擁立している。

 

2019年8月15日 第33号

 党首討論会検討委員会は12日、今年の総選挙を前に連邦政党の党首による討論会に参加可能な党を発表した。現在連邦議会に議席を持つのは6政党。その中でカナダ国民党のみ、党首討論会への参加ができない可能性が出てきた。

 検討委員会は、党首討論会へ参加できる党の条件として3条件のうち2つを満たすことを必要としている。

 3条件とは、その党として当選した議員が最低1人はいること、今年10月の総選挙に全選挙区の90パーセントに候補者を擁立すること、最後は、前回の2015年選挙で4パーセント以上の得票率を獲得したか、もしくは今年の選挙で議席を獲得する「正当な可能性」があることとしている。

 自由党、保守党、新民主党(NDP)、グリーン党、ケベック連合党は、これらの条件を満たしているとして各党首が党首討論会に参加することができると発表している。

 この中で最も議席が少ないグリーン党は、委員会によれば党首がグリーン党として議会に当選していること、今年の選挙で90パーセント以上の選挙区で候補擁立が可能なことで条件を満たしているという。現在グリーン党は2議席を確保している。

 一方で、カナダ国民党のマキシーム・ベニエ党首は、前回選挙で保守党として当選。その後、保守党党首選に敗れカナダ国民党を結成したため、カナダ国民党として当選した議員がいない。さらに、今年の選挙で議席を獲得する可能性が極めて低いとして2つ以上の条件を満たさないため、このままでは党首討論会には参加できないとの決定になったと説明している。

 ただ今回の発表が最終決定ではないため、状況が変わればベニエ党首の参加の可能性もあるとしている。

 党首討論会は、10月7日に英語で、10月10日にフランス語で実施される。

 

 

今週の主な紙面
8月15日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
アニメレボリューション 2019 夏…V-12~13
和歌山県 三尾の語り部ジュニア…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは8月15日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ