2020年1月16日 第3号

 カナダ統計局は10日、2019年12月の労働統計を発表、雇用者数が3万5200人増加し、前月の大幅失業者増を改善したと報告した。失業率も5・9パーセントから5・6パーセントに改善した。

 11月は失業者数が7万1200人と、1カ月の失業者数としてはリーマンショック以来の大幅増となったため、景気後退の始まりかと12月の労働統計が注視されていた。

 雇用者数は民間企業で5万6900人増と、公的機関の2万1500人減を相殺した。フルタイムが3万8400人増、パートタイムは3200人減となった。

 業種別では製造業産業などが1万5700人増で、その大部分は建設業が占めた。またサービス産業で1万9400人増、宿泊飲食産業で2万4900人増となった。

 地域別では、オンタリオ州で2万5100人増で、建設業、行政職が押し上げた。ケベック州では2万1100人増で宿泊飲食産業と製造業が好調だった。

 失業率では、オンタリオ州で0・3パーセント改善して5・3パーセントに、ケベック州も同様だった。アルバータ州でも0・2パーセント改善して7・0パーセント、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州では0・2パーセント改善の4・8パーセントで全国で最も低い失業率となった。

 主要都市ではオンタリオ州トロントで前月と同じ5・0パーセント、オタワでは0・1パーセント改善して4・2パーセント、ケベック州モントリオールでは0・2パーセント悪化して6・0パーセントとなった。アルバータ州カルガリーでは0・2パーセント悪化して7・1パーセント、エドモントンでは0・3パーセントの悪化で8・0パーセントと依然として高い失業率となっている。一方でBC州はバンクーバーで0・1パーセント改善して4・8パーセント、ビクトリアは3・4パーセントと全国でも低い失業率となっている。

 カナダ銀行スティーブン・ポロズ総裁は9日にBC州バンクーバーで講演し、労働統計で前月の失業率からどう変化するか注視していると語った。カナダ銀行は2018年10月から金利を1・75パーセントに据え置きしている。今月22日に金利を更新する。

 

2020年1月16日 第3号

 野党保守党が、次期党首を決定する党首選についての詳細な規則を11日に発表した。現在の少数派自由党政権から政権奪回を目指す党首を決定する、重要な党首選となる。

 党首選への公式な立候補受け付けは今月13日からで、締め切りは2月27日。それまでに2万5千ドルを支払い、7州・準州の30選挙区から党員千人の署名を集めなければならないとしている。その後、3月25日までに30万ドルと3千人の署名を集めなければならないとしている。

 保守党党首選実行委員長の一人リサ・レイト氏は「次期政権を取る覚悟がある保守党をカナダ国民に示すための厳しい規則となっている」と声明を発表した。

 保守党は昨年10月の選挙でアンドリュー・シェア党首の下、121議席と2015年選挙よりも多い議席を獲得したが、スキャンダルまみれのジャスティン・トルドー首相率いる自由党を倒すまでにはいかなかった。

 その責任が同性婚反対の立場を取るシェア党首の個人的な見解にあるとする意見や、選挙後の自身の子供の私立学校費用を党が負担していた問題が浮上したことから、シェア党首は昨年12月に党首辞任を発表した。新党首決定後辞任する。

 それを受けての党首選となったが、前回の党首選で候補者が乱立したことから、今回は規則を厳しくして候補者を選定する狙いがあるとみられている。

 2015年選挙で自由党に負けた責任を取り辞職した、スティーブン・ハーパー元首相に代わる2017年の前回党首選では、13回の投票の末、決勝でマキシーム・ベニエ元保守党議員との一騎打ちを制したシェア議員が党首に選ばれた。この時は選挙戦は1年半にも及んだ。

 しかし今回は、自由党政権が少数派政権であることや前回の反省を踏まえて、候補者を絞り、迅速に党首を決定するとみられている。

 現在のところ党首選に立候補することが確実とみられているのは、CBCによるとピエール・ポリバー議員とエリン・オトゥール議員、ピーター・マッケイ元国防相、ジェン・シャレスト元ケベック州首相で、さらにロナ・アンブローズ前暫定党首も考慮しているとしている。

 次期党首は今年6月17日、オンタリオ州トロントでの党大会で決定する。

 

2020年1月16日 第3号

 アルバータ州で高速道路に掲げられた反トルドー広告が話題になっている。広告にはトルドー首相の顔写真と「投獄しろ」と書かれていた。これが同州カルガリー市の北にあるエアドリー市郊外に掲げられ、気づいた住民が9日にツイッターにコメントした。

 ツイッターには皮肉っぽく、「こんな広告を、ようこそエアドリー市への看板の後ろに立てるなんて、いい町の宣伝になることは間違いないでしょう」と投稿されている。

 広告の連絡先には、同州でキャンペーンを進めているウエクジットのリンク先が掲載されているという。

 広告はカルガリーとエドモントン郊外を含め、多くの場所に掲載されていることが分かっている。アルバータ州では自由党政権の天然資源産業政策に反発する人々が、アルバータ州独立を目指す政党ウエクジット・カナダ党を設立している。

 

2020年1月16日 第3号

 ウエクジット・カナダが、連邦議会へ選挙で候補者を立てることができる公式な政党として登録されたことが分かった。

 カナダ選挙管理委員会は9日に登録されたと発表、ウエクジット・カナダのピーター・ダウニング党首は、11日にアルバータ州議事堂前でのキャンペーン中にこのニュースを支援者に明らかにした。

 これでウエクジット・カナダ党として連邦選挙に候補者を立て、投票用紙に公式政党として党名が記載されることになる。

 ウエクジット・カナダは、昨年10月に実施された連邦選挙の結果、自由党が少数派ながら政権を継続したことを受け、自由党政権の天然資源産業政策に不満がある一部の保守派がアルバータ州さらにはカナダ西部の独立を主張する運動を開始。フェイスブックで呼び掛けると大きな反響があり、独立運動は連邦政党設立へと移っていった。

 ウエクジットは、イギリスで起こった独立運動ブレクジットをもじってアルバータ州を含むカナダ西部「ウエスト」のカナダ連邦からの独立を主張するウエクジットと名付けられている。

 今回公式政党となったことを受けてウエクジット・カナダのフェイスブックは、アルバータ州、サスカチワン州、マニトバ州、そしてブリティッシュ・コロンビア州のすべての選挙区で合わせて104の候補を立てると掲載、これら4州で実施されるすべての補欠選挙と次の連邦総選挙に候補者を立てるとしている。

 

2020年1月16日 第3号

 雪崩発生の危険性が高くなっているアルバータ州、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州で雪崩発生注意警報が発令されている中、アルバータ州で雪崩に巻き込まれる事故が起きた。

 スキーリゾートで人気のバンフ国立公園の山で10日、バックカントリースキーを楽しんでいた3人グループが雪崩に巻き込まれた。事故が起きたのは午後2時ごろ。マウントヘクターというレイクルイーズの北にある山で起きた。

 巻き込まれた3人のうち2人は雪崩から逃れられたが、32歳の女性が雪に埋められた。関係者によると女性は45分間埋もれていたという。他の2人が埋もれた女性を救出し、駆け付けた救助ヘリで同州カルガリー市の病院に午後5時ごろに運ばれた。病院に運ばれたときには意識不明と発表された。

 今回起きた雪崩は、3人のスキーヤーが引き金になったとみられている。アバランチ・カナダは今回の雪崩のサイズを2・5と判断、人が死亡する、車が埋まる、小さい建物が壊れる程度の強度と説明している。

 アバランチ・カナダは引き続きアルバータ州、BC州での雪崩発生の危険性が高くなっている山々でのスキーなどに対して、注意を促している。BC州バンクーバー北部も危険性が高いレベル3となっている。

 

 

今週の主な紙面
1月23日号 第4号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-14
オタワ便り・49…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは1月23日号 第4号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ