2019年4月18日 第16号

 バンクーバーコースタルヘルス(Vancouver Coastal Health)はローワーメインランドで麻疹が新たに検出されたとして、多くのコミュニティーに広がる可能性があると警戒を呼びかけている。

 当局によると、麻疹に感染していたフレーザーヘルス地域の居住者が、東京発バンクーバー行きの飛行機に乗り、その後コキットラム、バーナビーでいくつかの公共施設を訪れており、「同じ便に乗っていた一般の人々や、以下(表)の場所に特定の時間滞在していた人々にも感染している可能性がある」とバンクーバーコースタルヘルスはメディアリリースで述べた。

 バンクーバーコースタルヘルスとフレーザーヘルスは、下記の場所にいた人々には、過去の予防接種記録の確認と、麻疹の症状に注意を呼びかけている。

 麻疹の症状は、発熱、咳、鼻水、目の充血、数日後には顔から胸へ広がる発疹がみられる。

 これらの症状が現れた場合は、医師の診察を受けるべきであり、また他の患者への感染を防ぐため、クリニックに行く前に電話をした方が良い。

 2019年初めからBC州で確認された麻疹は27件に達した。

 世界保健機関(WHO)は17日、麻疹の症例数は2019年第1四半期で300%増と述べた。

 

4月13日、土曜日
・バンクーバー国際空港(YVR) 10:25am〜4:30pmの間
・Japan Airlines JL018便 東京発バンクーバー行き

4月14日、日曜日
・ラマダ(Ramada by Whndham) 631 Loughed Highway, Coquitlam
・サン・スター・レストラン(ラマダ内)(Sun Star Restaurant) 8:30am、正午
・ローヒードタウンセンター 9855 Austin Ave, Burnaby 10:30am〜3:30pmの間

 

2019年4月18日 第16号

 アルバータ州の州議会議員選挙は16日に投開票が行われ、野党第一党連合保守党(UCP)が圧勝することが分かった。正式な開票結果は後日発表される。

 各メディアによる集計によると、87議席中UCPが63議席を獲得、過半数を大幅に超えて大勝したと伝えた。与党新民主党(NDP)は24議席と前回選挙の52議席より大きく議席数を落とし野党第一党となる。アルバータ党、自由党は1議席も獲得できなかった。得票率はUCP55・09パーセント、NDP32・24パーセント、アルバータ党9・19パーセント、自由党0・98パーセント、残りはその他となっている。

 カルガリー市の党本部でUCPジェイソン・ケニー党首は勝利宣言し、「アルバータ州にとって素晴らしい日になった」と支援者を前に語った。「アルバータの州民はこれまで我慢させられている期間が続いている。外国支援による社会派のデモによりカナダの天然資源が地中深くに眠らされたままになっている」とアルバータ州のオイルサンドを標的にしてパイプライン建設などに反対している環境活動家たちをけん制した。

 エドモントンに党本部のあるNDPレイチェル・ノッテリー党首は「州民に州首相として貢献できたことは非常に光栄なことでした」と語り、これからは野党の党首として引き続き党を率いていくと明言した。

 アルバータ州は2015年の選挙でNDPがそれまで44年間続いていた保守系政権を倒し政権交代に成功。保守系が強い州と知られるアルバータでNDPが圧勝したことは驚きを持って受け取られた。

 アルバータ州は天然資源を主要産業に置き、原油価格が高値をつけていた2014年まで全国で最も好調な景気を維持していたが、2014年から15年にかけて原油価格が急落すると経済は一気に後退へ。そんな時期に誕生したのがNDP政権だった。

 その年の秋には、連邦政府も保守党から自由党に政権交代し、環境対策を推進すると公言していたジャスティン・トルドー首相が誕生すると、炭素税の導入などでますます天然資源産業に影響が出ることが懸念された。

 さらにアルバータ州政府が推進しているアルバータの原油を海外市場へと輸出する手段としてのパイプライン建設もこの4年間遅々として進まず、アルバータ州では天然資源産業で働く州民などから不満の声が上がっていた。

 そうした不満の声を救って攻撃的な選挙活動を続けて来たのがUCPのケニー党首。元連邦保守党政権で主要閣僚を務めた経験もあり、今回保守派の支持を一気に集めた。

 トルドー首相は声明で、ケニー党首に選挙の勝利への祝辞を送るとともに、「州政府とともに雇用創出、中間層雇用の促進、インフラ整備、アルバータ州にとって重要なビジネスや産業を成長させ、アルバータ州が厳しい世界経済の中で競争力を維持できるように協力しよう」と語り、「さらに、アルバータ州民、そして全国民にとって重要な問題、キャノーラ生産者への支援や天然資源の市場開拓を実現しながら環境問題への取り組みを一緒になって提起していけるだろう」と語った。

 トランスマウンテンパイプライン拡張工事計画で対立しているブリティッシュ・コロンビア州ジョン・ホーガン(BC)州首相はツイッターでケニー党首に祝辞を述べ、両州にとって関心の高い問題で協力できることを期待しているとメッセージを送った。

 ケニー党首はUCPが政権を取ったら、最初にBC州へのオイル輸送を停止する法令を施行すると語っている。

 

2019年4月18日 第16号

 カナダ統計局は10日、マリファナ合法化の前後での市場の変化を調査した結果を発表した。

 統計局によると、マリファナの価格が約17パーセント上昇、合法的に販売されている商品と違法販売の商品とでは、合法商品が違法商品に比べて約36パーセント高いことが分かった。

 合法化後に合法に購入した人々が支払った価格の全国平均額は1グラム9・99ドル。一方で違法購入の平均額は6・37ドルだった。合法マリファナの価格が上昇しただけでなく、違法マリファナ価格が合法化前の6・79ドルから6・37ドルに下がっているという。

 全国的には合法化前後で最も価格差が大きいのはニューブランズウィック州で30・5パーセント、次いでマニトバ州27・7パーセント、アルバータ州24・2パーセント。価格差が最も小さいのはヌナブト準州で0パーセント、次いでブリティッシュ・コロンビア州3・7パーセント、プリンスエドワード島州5・0パーセントだった。

 合法化前後で価格の変動が小さく価格も低いのはBC州で、合法化前は1グラム6・89ドルが合法化後は7・15ドル。合法化前後で最も価格が低かったのはケベック州で、合法化前は5・82ドル、後は6・75ドル、価格差は15・9パーセントなっている。

 統計局によると合法化で合法的にマリファナを購入しているのは30パーセントで、70パーセントは違法購入をしていると報告している。

 

2019年4月18日 第16号

 カナダの造幣局、ロイヤルカナディアンミントが今月23日に発表する1ドル硬貨の新しい記念デザインをめぐって論争が勃発している。

 記念デザイン1ドル硬貨は、同性愛への非犯罪化のきっかけとなった1969年から50周年を迎えることを記念したデザインで、そこに「平等」という文字も英語とフランス語で刻印されているという。

 しかしLGBTコミュニティでは1969年にカナダで同性愛が非犯罪化したとするのは「神話」であって事実ではないと反論する声が上がっている。

 1969年は、1967年から国会で議論されていた刑法改定法案が可決された年で、その中に同性愛者に対する改定も含まれていた。67年当時法務相だった現ジャスティン・トルドー首相の父ピエール・トルドー議員が「国が国民の寝室にまで口を出す権利はない」と発言して有名になった。

 しかしヨーク大学のトム・フーパー氏によると、それ以降も同性愛者に対する警察の介入は続いたという。1969年を記念の年とするのは間違っているとCBCでのインタビューで語り、これで得をするのは自由党であり、姓がトルドーという人物だけだと痛烈に批判した。

 一方で今回のデザインに貢献したLGBTコミュニティ支援団体は、1969年がカナダのLGBTコミュニティにとって大きな転換点となったと今回の記念硬貨発行を支持している。

 保守系団体は硬貨を「政治的に」利用していると批判。これはトルドー首相が自分で、どちらが正しいかをすでに決めた完全な越権行為であり、同性愛を認めるだけでは物足らず、国民に記念硬貨を持たせたがっていると激しく非難している。

 硬貨デザインの詳細は23日に発表され、約300万枚が発行される予定になっている。

 

2019年4月18日 第16号

 カナダ不動産協会が15日発表した統計によると、今年3月の住宅価格の全国平均は481745ドルで、前年同月比で1・8パーセント下落した。マルチリスティングサービスを通しての販売数も前年同月比で4・6パーセント減少したことが分かった。ただ販売数は前月比では0・9パーセント増加した。

 価格の下げ幅が最も大きかったのはブリティッシュ・コロンビア(BC)州で5・0パーセント。以前はカナダで最も住宅価格が高騰していたBC州が最も大きな下げ幅となっている。次いでニューファンドランド・ラブラドール州で4・4パーセント、アルバータ州が2・2パーセント。BC州と同様に価格が上昇しているオンタリオ州は今回の調査でも2・7パーセント上昇。これまで住宅価格上昇が大きな問題となっていなかったケベック州で5・5パーセント上昇した。ちなみにカナダで最も住宅価格が高いBC州、オンタリオ州を除いた全国平均は383000ドルだった。

 販売数でも同様の傾向がみられ、大きく減少したのはBC州、アルバータ州、サスカチワン州で、ケベック州、ニューブランズウィック州では増加している。

 

 

今週の主な紙面
4月18日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
サンラン グラッドストーン日本語学園…V-2
VAM ジョン・キムラ・パーカーとイアン・パーカーが共演…V-2
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月18日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ