2018年10月18日 第42号

 カナダでついにマリファナが解禁になった。連邦政府が6月に発表した10月17日、合法化のその日がついに来た。

 最も早く販売が開始したのは、カナダ最東端ニューファンドランド・ラブラドール(NL)州。どこよりも早く95年ぶりのマリファナ解禁となった。

 NL州セント・ジョーンズの午前零時に販売を開始する店舗の前には、開店前から長蛇の列。先頭に並んで最初にマリファナを購入した男性はテレビインタビューに応え、購入したマリファナは額に入れておくと話した。

 NL州では10月17日に開店するのは22店舗。その全てが午前零時の歴史的開店を迎えたわけではなく、多くは午前9時の開店に間に合うように準備している。

 時差の関係で東から順に解禁になる。ただ10月17日に店舗での販売をしない州もある。カナダ最大オンタリオ州もその一つ。ダグ・フォード州首相は、来年4月の店舗販売を予定していると語った。ただオンラインでの販売は10月17日に始まった。

 マリファナに寛大な街として知られるバンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア州では10月17日に開店するのはカムループス市の1店舗のみ。その後、順次販売店を増加すると州政府が発表している。ただBC州もオンライン販売は17日から始まっている。

 マリファナ合法化については、さまざまな方面で準備が整うのか疑問の声が国民から上がっていた。そのすべてを解決できずに、見切り発車となる。

 連邦政府、各州政府は、法整備などを行ってきた。使用年齢、使用場所、販売方法、販売場所、運転中の使用禁止、警察の取り締まり、国境での対応、飛行機の利用時など、使用するための条件を各メディアが発表している。

 一方で、合法化されることによる健康被害や社会的影響については、それほど大きく報じられていない。これまで違法だったことからデータが少ないということも理由の一つで、今後こうした方面にどのような影響が出てくるのか、特に若者への影響が懸念されている。

 

2018年10月18日 第42号

 カナダポスト労働組合(CUPW)は16日、早ければ来週にもストライキに入ると発表した。現在交渉中の労働協定で合意できなければ、22日にもストライキが実行される。

 ただストライキはローテーションで実行され、全国一斉に郵便物の集配が止まるわけではないという。

 ストライキの規模は、交渉次第ということで今後の交渉の行方が注目される。

 CUPWは年収の3.5パーセント増加や職員の健康や安全を確保する条件を提示しているという。

 一方カナダポスト側も声明を発表し、CUPWの要求にできるだけ応える条件を提示していると説明している。

 カナダポストによれば、ストライキになった場合も、引き続き集配は行われるという。ただ通常よりは「少し時間がかかる」と語っている。

 両者はすでに約1年交渉を続けているが、合意には程遠いと労働組合側は語っている。組合員は今年8月に圧倒的な賛成多数でストライキを承認している。

 ストライキに入る場合は、通常の72時間前通告ではなく、5日前通告とするとも語っている。

 

2018年10月18日 第42号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーで、日本人留学生が2016年9月に殺害された事件の裁判で、第2級殺人と死体遺棄の罪に問われているウィリアム・ビクター・シュナイダー被告(51)が15日に死体遺棄を認めた。これまではどちらの罪についても無罪を主張していた。裁判は9月24日にBC州最高裁判所で始まった。

 語学留学のため滞在していた日本人女性の古川夏好(こがわなつみ)さん(30)が行方不明になったのは9月8日、それから約3週間後にバンクーバー市ダウンタウンの空き家で遺体が見つかった。

 9月24日から開かれた公判では、検察側が遺体発見の状況やシュナイダー被告が殺害を認める発言を家族にしていたことなどが明らかになった。

 古川さんは2016年9月8日から行方がわからなくなり、12日に友人が警察に行方不明を報告。バンクーバー市警は、9月8日にシュナイダー被告が古川さんと一緒に歩いている様子が映っていたダウンタウン・ハーバーセンターのセキュリティカメラの映像を公開し、行方を捜していた。そして同年9月28日にバンクーバー市ダウンタウンの空き家で発見された女性の遺体が古川さんと断定したことを同30日に発表した。遺体が発見された同日に同州バーノンにいるところをシュナイダー被告は逮捕された。

 この時シュナイダー被告の居場所を警察に報告したのが、被告の兄弟ウォーレン・シュナイダーさんだった。警察が公開した映像を見た被告の姪が父親に報告したという。ウォーレン・シュナイダーさんも証言している。

 シュナイダー被告は古川さんの遺体をスーツケースに入れダウンタウンの空き家まで運んだことは認めたが、どのように死亡したかについては知らないと語っている。警察は死亡原因を特定できていない。

 裁判は今後、裁判員の判決を待つことになる。

 

2018年10月18日 第42号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州で今月20日に、市町村・議会選挙の投票が実施される。

 バンクーバー市では10月10日から期日前投票を開始。17日まで受け付けた。人口が最も多いバンクーバー市は、市長と市議10人、公園庁7人、教育委員会9人を選出するが、候補者は合わせて158人。市長に21人、市議71人、公園庁委員33人、教育委員会33人が立候補している激戦区。

 今回は、現役候補が少ないため、新人候補の当選機会が多く、誰にでもチャンスがあるのが特徴。

 選挙争点は、何と言っても住宅問題。高騰し続けている不動産のため、バンクーバー市ではもう一般市民が住宅を購入することができず、市民の生活を圧迫し始めている。それに伴い賃貸料も上昇、BC州政府が賃貸料上昇率を引き下げるところまできている。バンクーバー市はメトロバンクーバーの中でも最悪の住宅事情となっている。

 この問題を訴える市長候補が多く、討論会でも各候補がそれぞれの解決策を訴えている。

 

2018年10月18日 第42号

 ジャスティン・トルドー首相は12日、10月2日にサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコで消息を絶った件について「重要な問題」との認識を示した。2年に一度開催されるフランス語圏会議への参加のため訪問していたアルメニアでの会見で語った。

 トルドー首相は、「カナダはサウジアラビアでの人権問題について、公式にも、非公式にも、何年にもわたって憂慮していると訴えている」と語り、今後も人権問題については相手が誰であろうと強く訴えていくと語った。

 しかし、その口調は控えめと多くのメディアが指摘している。

 連邦自由党政権にはサウジアラビアに対して強く非難できない理由がある。今年8月に外務省クリスティア・フリーランド大臣のツイッターで、サウジアラビアで拘束されているサウジ系カナダ人の人権活動家2人の釈放を強く求めるツイートを掲載した。しかし、これをきっかけにサウジアラビアはカナダとの関係を絶つと警告。貿易の停止、トロントに乗り入れている航空会社の路線を停止、カナダの医学部で就学している学生の国外退去命令など強い対応を取った。また、サウジアラビアに駐在していたカナダ大使を国外追放にした。

 さらに、カナダはサウジアラビアにカナダが製造している装甲車を輸出している。保守党前政権時代に150億ドルで契約した。トルドー首相はサウジアラビアとの契約について、前政権から引き継いだもので契約は尊重する、しかし透明性と説明責任を強化していると説明した。

 アメリカのワシントン・ポスト紙の記者だったカショギ氏はトルコ・イスタンブールの総領事館に入ったあと行方不明になり、領事館内で殺害されたのではないかとの憶測が飛んでいる。

 トルドー首相は、この件に関しては懸念しているし重要な問題として同盟国と同調すると語ったが、「何が起こったかこれからもっと明らかになっていく案件であり、今後この件についてはコメントをしない」と語った。

 

 

今週の主な紙面
10月18日号 第42号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは10月18日号 第42号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ