バンクーバー市・イーストサイドにあるオッペンハイマー公園を中心に41回を迎えるパウエル祭が8月5日、6日の2日間にわたり開催された。昨年の入場者数1万6千人を超えるとみられる人出があり、今年も大いに賑わった。

パウエル・ストリート・フェスティバル協会(PSFS)が主催するパウエル祭は、オッペンハイマー公園と、その周辺道路、そしてファイアーホール・シアター、バンクーバー日本語学校、バンクーバー仏教会にて食べ物屋台、クラフト販売、ダンス、武術デモンストレーション、文学、シアター、そして音楽などが2日間にわたって繰り広げられる盛りだくさんのイベント。バンクーバーでの大きな日系カナダ人の祭りであると共に、最長の文化コミュニティイベントでもある。

9月2、3、4日の3日間バンクーバーのダウンタウンで「カンパイジャパン! タイワンフェスト」が行われる。グランビル通りを歩行者天国とするほか、VAG プラザとクイーン・エリザベス・シアター、その他の屋内会場も使ってイベントを開催。「アジアの対話」をテーマとしたこの祭り、昨年は香港にフォーカスし、11万8千人の観衆を動員。今年は日本だ。

今年は9月2日(土)、9月3日(日)

古来から日本各地の地域共同体で行われてきた祭り。多くの海外日系コミュニティで行っている祭りを、日系文化センター・博物館でもレイバー・デイの週末に開催。今年で5回目を迎える、「日系祭り」はカナダ人にも好評で、約1万1000人が集まる一大イベントだ。今年のパートナー国はギリシャで、ギリシャの料理や踊りを楽しむこともできる。日系祭り実行委員長のルイーズ阿久沢さんとボランティア・コーディネーターの小沢正人さんに話を聞いた。

「広島で頑張ることがバンクーバーで応援してもらった人への恩返し」

昨年バンクーバー・ホワイトキャップスFCで活躍した工藤壮人選手。日本で培ったサッカーセンスと人懐っこい人柄でサポーターから絶大な人気を誇っていた。

しかし昨年末にJリーグ・サンフレッチェ広島に電撃移籍。工藤選手もファンも、別れのあいさつをすることなく今季のシーズンに突入した。 そこで今回は広島県安芸高田市吉田町にあるサンフレッチェの練習場吉田サッカー公園に6月19日工藤選手を訪ねた。インタビューに現れた工藤選手は真っ黒に日焼けし、相変わらずの人懐っこい笑顔を見せた。

圧巻の完全優勝だ! 初戦からひとつの星も落とすことなく、日本代表は今大会全勝で優勝。同大会6連覇を飾った。7月11日から17日までブリティッシュ・コロンビア州サレー市ソフトボールシティで開催されたカナダカップ2017。14チームが参加し、真夏の熱戦が繰り広げられた。

 

今週の主な紙面
8月17日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
われらが科学文明…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
Hello! Community…V-13
バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ 9月10日に15周年記念コンサート…V-16
認知症と二人三脚…V-20
ヨガと健康…V-22
気になるカラダにいい話…V-23
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは8月17日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ