2020年3月19日 第12号

 18日、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州、バンクーバー市はそれぞれ非常事態宣言を発表した。これは政府・自治体がパンデミックに対処するための必要な措置を取れるということだ。

 連邦政府は17日の会見で国立公園を閉鎖すると発表した。全国で新型コロナウイルス(COVID-19)対策として公共施設が次々と一時閉鎖を発表している。

 BC州メトロバンクーバーでも各市が新型コロナウイルス対策を発表している。バンクーバー市は16日、ケネディ・スチュワート市長が会見を開き「市としての最優先事項はウイルスの拡散をできるだけ遅くすること」と述べ、市ができるあらゆる対策を講じると語った。

 この日、BC州衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士は、12日に発表した集会での最大人数を250人から50人へと引き下げた。連邦政府も同様の発表を同日に行った。これにより多くの公共施設の閉鎖が余儀なくされた。

 市が管理するコミュニティセンター、図書館、プール、アイスリンク、フィットネスセンター、ゴルフ場がこの日から使用できなくなった。ダウンタンイーストサイドとイエールタウンの一部の不可欠なセンターのみ使用可能となっている。

 さらに市の公園庁が管轄するバンデューセン植物園、ブレーデル・コンサバトリー(クイーンエリザベス公園内)、スタンレーパーク・トレインも閉鎖となる。

 BC州ではBC宝くじ協会が州内すべてのカジノ施設を16日午後11時59分で閉鎖すると発表した。BC州ヘンリー博士の50人以上の集会禁止を受けた対応と説明した。リバーロックカジノリゾートやハードロックカジノ・バンクーバーを運営するグレートカナディアン・ゲーミング・コーポレーションは、BC州以外にもオンタリオ州、東海岸州でカジノ施設を運営している。オンタリオ州では17日に緊急事態宣言が出され、BC州、プリンスエドワード島州では公衆衛生非常事態が宣言された。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/