日系コミュニティーの支援のために

世界で活躍するヴァイオリニストのカレン五明さんが5月5日、日系文化センター・博物館主催のチャリティー・コンサートに出演する。日系社会のために何かできればとの願いを込めて、ピアニストの飯沼千温さんによる伴奏でメンデルスゾーンの『ヴァイオリン協奏曲』を演奏する。

 

繰り出されるビート、ビート、ビート。体が踊り出すのを止められない。4月27 日、ボーグシアターは季節を忘れて熱くなる。

 

4 月5 日、岡井朝子総領事主催の下、在バンクーバー日本国総領事館において安全対策連絡協議会が開催され、日系企業、日系団体等の関係者16 人が出席し、地震や津波などの災害に対する心構えや対策についての説明を受けた。安全対策連絡協議会とは、在留邦人や短期滞在者の安全を守るため、危機管理を担当する関係者との間で情報提供と意見交換の場として行われているもの。今後、総領事館はセミナーやシンポジウムを開催し、より幅広い参加者に情報提供していく方針だ。

 

青空に応えて桜が咲き始めた4月2日、ギャリー・ポイント・パーク(ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市スティーブストン所在)を訪れた人たちは、記念すべき第1回リッチモンド桜祭りを大いに楽しんだ。

 

日系二世を中心に始まったカーリングトーナメント「BC二世ボンスピル」がブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市リッチモンド・カーリング・クラブで4月13日から16日まで開催された。今年は50周年を迎える記念大会。ブリティッシュ・コロンビア州を越え、北海道、アルバータ州、マニトバ州からもチームが参加、オンタリオ州やアメリカ・イリノイ州からも選手が参加し、計64チームが日頃の練習の成果を競い合った。

13日に行われた開会式には、岡井朝子在バンクーバー日本国総領事、カーリング女子日本代表コーチを長年務めたフジ・ミキさん、世界カーリング選手権で2000年に優勝したカナダ代表メンバーのブライアン・ミキさんが出席。さらに日本からは、貝森輝幸日本カーリング協会会長、2016年世界女子カーリング選手権日本代表銀メダルの吉田知那美さんも参加。50周年という記念大会に、日本とBC州のカーリングを通じての交流をさらに深める機会となった。

 

 

今週の主な紙面
4月20日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
ヴァイオリニスト、カレン五明さん…V-2
絆~Kizuna カナダツアー……V-4
気持ち英会話…V-5
和食のテーブルマナー…V-12
BC日系二世カーリングトーナメント…V-12~13
7人制ラグビー日本代表総監督・岩渕健輔氏に聞く…V-16
ヨガと健康…V-22
認知症と二人三脚…V-23
テキトー母さんの処方箋…V-26
この人にフォーカス 公邸料理人・大谷拓也シェフ…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは4月20日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ