2019年8月22日 第34号

 元新民主党(NDP)ピエール・ナンテル議員が今年10月の総選挙にグリーン党として出馬することが分かった。

 19日にはグリーン党エリザベス・メイ党首とケベック州モントリオールで記者会見し、ケベック州で環境問題を訴えていくと語った。

 ナンテル議員は2015年に同州モントリオール南部ロンゲール-セント・ヒューバート選挙区でNDP候補として出馬し、初当選。2015年はオレンジ旋風が吹き荒れたNDPにとっては過去最高の議席数を獲得した年でもあり、特にケベック州で圧勝した。

 2015年選挙ではジャスティン・トルドー氏の自由党がケベック州で圧勝したが、NDPのナンテル議員は辛うじて当選。その差は次点自由党候補と703票差という僅差だった。3番手だったケベック連合党もすぐそこに迫っていた。

 そして3期目を目指すこの選挙では、NDPが全国的に厳しい戦いを強いられることが予想されている。その中でも最も厳しいとされる州がケベック州。ジャグミード・シング氏が党首に就任して以降、ケベック州ではNDPの支持率が下がり続けている。

 一方で最近、支持率が急上昇しているのがグリーン党。今秋の選挙では環境問題が大きな争点の一つになることから、グリーン党が台風の目になるとみられている。

 しかもケベック州は保守派の州政府ですら、環境問題だけは最優先事項に掲げるなど、全国でも環境問題に最も熱心な州。自由党、保守党、ケベック連合と競合する中でNDPでの当選は、ほぼ絶望的と判断したのではとみられている。

 記者会見でナンテル議員は、「環境問題を真剣に考えているなら、自由党支持者だろうと、保守党だろうと、ケベック州分離派だろうと、今年の選挙ではグリーン党に投票すべきだろう」と語った。

 グリーン党は現在、ブリティッシュ・コロンビア州での補欠選挙で当選した議員とメイ党首の2議席。今年の選挙でどこまで伸ばせるか注目されている。

 

2019年8月22日 第34号

 ウエストジェットでイタリアへ新婚旅行を計画していたカップルが通達なしにフライト変更を余儀なくされたとして運輸局に訴えた。

 アルバータ州エドモントン市に住むウィリアムソンさんらは7月22日にエドモントン空港から出発する予定で空港に行き、搭乗手続きも済ませセキュリティを通りゲートに着くと、予定していたフライトに座席がないと言われたという。

 ゲートのウエストジェット職員によると、前夜に機材を変更したため座席が確保できなかったと告げられ、5時間後に出発する別の便に変更されイタリアに着いたのは予定より6時間遅れだったとウィリアムソンさんがメディアに語っている。

 しかし事前にウィリアムソンさんらにウエストジェットから機材変更によるフライト変更の通達はなく、これがカナダ運輸庁が今年7月15日から新たに導入した航空利用者保護規則(APPR)に違反する可能性があるのではないかと主張している。

 運輸庁が定めた新規則では、航空会社側が通達なしに「座席確保」に失敗し目的地に6時間から9時間遅れた場合には、1人900ドルの補償金を請求できるとなっている。

 しかしウエストジェットは、ウィリアムソンさんらが前日にエアマイルを通してチェックインしているため、事実上そのチケットは「座席確保」の対象外となり、900ドルの補償金請求対象とはならないと主張している。新規則では、決められた時間にチェックインして「座席確保」した乗客の数よりも飛行機の座席数が少ない場合に補償対象となると定められている。ウィリアムソンさんは125ドルのバウチャーを提案されたと語っている。

 運輸庁によると、新規則が導入されてからこれが調査される初めてのケースで運輸庁の結果に注目が集まっている。

 

2019年8月22日 第34号

 クリスティア・フリーランド外相は18日、欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表フェデリカ・モゲリーニ氏と連名で声明を発表、両者は香港の自治権を支持し、香港住民が平和的に集会を開く権利を支持すると表明した。

 また暴力的な行為が増えていることに懸念を示し、状況が悪化しないような早急な対応が必要との認識を示した。

 これに対して翌日に在カナダ中国大使館が声明を発表、フリーランド外相に内政干渉だとして香港での出来事に対して「カナダはその言動に注意すべきだ」と釘を刺した。

 フリーランド外相は14日には、数日間におよび香港国際空港が閉鎖されたことを受けて、香港での状況に注意しながら不測の事態に備えて在香港カナダ人への支援を準備していることを明かしている。

 

2019年8月22日 第34号

 ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市にある人気の公園で18日、熊の目撃情報が相次いでいたことが分かった。

 熊が目撃されたのは同市のほぼ中央にあるディアレイク公園。地方紙バーナビーナウによると、熊を目撃したのはバーナビー市の住民で、夕方に湖でカヤックを楽しんでいる時に湖畔をうろつく熊を見たという。

 すぐに警察に通報、警察官がこの日熊を探して湖に来たのは3回目と話したと語っている。けが人などは報告されていない。

 最近バンクーバーの都市部で野生動物が出没する事件が相次いでいる。公園で熊がゴミをあさることができないようなゴミ箱のふたに変更するなどの対策を求める声も上がっている。

 

2019年8月22日 第34号

 カナダ食品検査庁(CFIA)は19日、ローズマウントが販売している調理済み鶏肉商品にリステリア菌が繁殖している疑いがあるとしてリコールを発表した。対象となったのは梱包日が2019年1月21日付の4・45キログラム入り商品。主に業務用で、ホテル、レストラン、カフェテリア、病院、ナーシングホームなどに卸されているという。対象商品を購入している場合は、廃棄するか購入店に返品するよう呼びかけている。

 リステリア菌による症状は、めまい、発熱、筋肉痛、激しい頭痛、頸部硬直などで、対象商品によるこれらの症状があると思われる場合は、医師に診察を受けるよう促している。

 対象商品は、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州をはじめ、アルバータ州、サスカチワン州、マニトバ州、オンタリオ州、ケベック州、ノバスコシア州で販売されていることが分かっている。

 18日時点で、BC州では1人、マニトバ州で1人、オンタリオ州で5人が症状を訴えている。これら5人は51歳から97歳までで、2017年11月から2019年6月の期間に症状を訴えている。CFIAはこれらの州で食品が原因の症状が発生していたため調査をしていて今回明らかになった。

 

 

今週の主な紙面
9月19日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康・43…V-21
求人情報…V-4

詳しくは9月19日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ