2018年12月13日 第50号

 車に物理的に差し込むことも、リモコンのボタンを押すこともしないで、ただ車に近づくだけで車のロック解除ができる、スマートキー。最近は高級車を中心にこのスマートキーを装備する車が増えている。

 このスマートキーはそれ自身が、暗号化された信号を常に発する発信器として機能しており、信号とマッチする車がこの電波を受信すると、車のロック解除ができ、エンジンスタートまで行えるというもの。

 信号電波は半径1〜2メートルにしか届かないほど微弱だが、何者かがキーに近づけばこれを受信することが可能だ。そしてこの信号を、車のそばにいる仲間に転送すれば、車はスマートキーが近くにあるものと勘違いし、ロックを解除してしまう。こうした信号を盗む装置は『リレー・ボックス』と呼ばれているが、最近はこれを用いた車の窃盗が増えている。

 オンタリオ州オタワに住むゲール・ダウニーさんは、そんな窃盗の被害を最近受けた1人だ。ある日窓から外を見てみると、ドライブウェイに止めてあったはずの車2台が見当たらなかった。狐につままれたような気分で、夫にも確認してみたが、やはり2台ともー2016年型レクサスと、新車の2018年型レクサスーが消えていた。どちらも高級車の上、新車のレクサスは6月に盗まれたレクサスの代わりとして購入したばかりだった。ちなみに、どちらの車のスマートキーも、家の中に保管されていた。

 オタワ市警察は、この件に関するコメントを求めるメディアに返答していないが、レクサスからは、この種の犯罪は車業界で問題になっていると語っている。その上で自社製品のセキュリティー向上のため技術開発を行っていると付け加えている。

 一方ダウニーさんは、次は最新ではない、もっと旧式のシステムを持った車を買おうかと考えている。

 

2018年12月13日 第50号

 オンタリオ州動物虐待防止協会(SPCA)が、食肉用アヒル(バリケンーMoscovy-type duck)をペットとして引き取ってくれる人を募集している。

 現在同州南西部の町マルマーの農場で保護されているのは、100羽のバリケン。ただし一人で全部を引き取ることはできず、飼育に適した環境を用意でき、ペットとして飼える人に何羽かずつ譲ると、SPCAでは説明している。

 さらにアヒルや鳥などの飼育経験が少しでもあり、バリケンの飼育について下調べを終えるなど、その受け入れが整っている人を探していると、同SPCAでは取材に話していた。アヒルは猫と同じように個性があるので、引き取ったアヒルの個性を受け入れられるようにしてほしいと、付け加えていた。

 

2018年12月13日 第50号

 オンタリオ州南西部、エリー湖に面する人口1万4千人ほどの町シムコーで8日、9歳の女の子から911番通報があった。

 同地域を管轄するオンタリオ州警察ノーフォーク分署の警察官が、通報した女の子の家に駆け付けた。しかし事情を聞いてみると、通報の理由は親から部屋を片付けるように言われ、気が動転したためだということが、わかった。

 同警察は子供や親に対して、911番通報は緊急時のみに限られることをよく覚えておいてほしいと呼びかけていた。警察によると、1回の911番通報を調査・処理するため、平均して2人の警察官が30分ほどを費やすという。そして緊急性がない通報によってこうした処理が重なると、警察の緊急時対応能力が損なわれかねないとしている。

 

2018年12月13日 第50号

 ブリティッシュ・コロンビア州内陸部の最大都市、人口11万7千人ほどのケロウナ市が、ヨーロッパからの移民が入植し始めた頃に建てられたログハウスの保全を決定した。

 このログハウス『フレミング・ハウス』は、1871年にフレドリック・ブレントさんによって建てられたものだが、最近火事で大きな損害を受けた。

 2階建てのこの家は、人力で切り出された幅が約35センチ、厚さ約17センチのログが使われている。またブレントさんは、BC州で最も古い製粉所も建てている。

 その後所有者が何回か変わっているが、1900年には外壁材(サイディング)としっくいの壁が追加された。さらに裏庭には屋根付きの物置スペースが、またポーチとベランダ、レンガ造りの煙突2本も新たに加えられた。

 そして1908年にウィリアム・フレミングさんが家と製粉所を購入。時代は下って2002年には、家と製粉所の両方とも同市のヘリテージパークに移築された。しかし今年の夏、家の横で行われていた料理の火が燃え移り、特にサイディングと内装に大きなダメージを受けた。

 セントラル・オカナガン歴史協会のドン・ノックスさんは、この製粉所は当地で最初の企業であり、さらに当時の様子を物語る貴重な史跡であると解説、その保全はケロウナ市の歴史保全の観点から重要だと語っている。当時、製粉所には各農家が自分の農地で収穫された小麦などを持ち込み製粉するかたわら、久しぶりに会った仲間と情報交換や、おしゃべりをする場所になっていたという。

 ケロウナ市議会は今月初旬、家をとりあえず風雨から守るための屋根の補修費として、2万9千ドルを支出することを僅差で可決した。

 

2018年12月13日 第50号

 ノバスコシア州ハリファックス郊外で9日夕方、車が盗まれたとの通報が警察に入った。

 届を出した女性は、仕事に向かう前にヒュンダイのSUV、サンタフェを駐車場に止めてしばらくの間車から離れていた。この時、彼女が止めた隣には同じ色(白)のサンタフェが、偶然止まっていた。

 彼女は駐車場に戻るや否や、自分のサンタフェがなくなっていることに気づき、警察に連絡した。しかし実際には、彼女の横に止まっていたサンタフェのドライバーが、誤って彼女の車に乗り込み走り去ったということが、そのあと明らかになった。このドライバーは女性に車を返すとともに、ガスも満タンにしていたという。

 警察によると、駐車場に止まっていた時には2台ともエンジンは停止していた。型式は2016年と2017年のサンタフェだが、おそらくキーレスエントリーシステムの不備で、こうした『勘違い』が起こってしまったのではないかとみられている。

 

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ