2019年9月5日 第36号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市では、8月31日の国際薬物過剰摂取啓発デーに合わせて、薬物に関する政策の重要性を訴える映像を公開した。

 BC州特にバンクーバーでは、薬物中毒による死亡者が年々増加傾向にある。BC州では2012年から薬物、特にフェンタニルの過剰摂取による死亡者が約4千人に上り、BC州政府は2016年に健康被害に関する緊急事態宣言を発令した。

 バンクーバーでは2018年にはフェンタニルの過剰摂取による死亡が全体の薬物中毒死亡者の87パーセントを占め、2015年から25パーセントも増加しているという。

 ケネディ・ストゥワート市長は、こうした状況から市だけでなく、州政府、連邦政府と連携して、さらなる薬物中毒による死亡者数を増加させない対策が必要と訴えた。8月後半にはジャスティン・トルドー首相がバンクーバーを訪問し、ストゥワート市長と会談。改めて連邦政府の協力が必要と話したと語っている。

 薬物中毒者などを支援する団体は、法整備の重要性を指摘する。特に安全な薬物の供給がカギとなると主張。バンクーバーには市が管轄する公的な薬物供給所が設置されているが、今後は供給所だけではなく薬物使用者の非犯罪化なども必要と訴えている。

 

2019年9月5日 第36号

 香港で続く民主主義継続を訴えるデモの影響は依然としてブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーでも続いている。

 8月31日には同市ダウンタウンの図書館広場で香港デモを支持する人々が集会を開いた。集会に参加した人々は世界中で香港デモを支持しているという声を届けたいと訴える。

 香港ではデモ隊と警察の衝突が激しくなりケガ人が続出しているとの報道が相次いでいる。

 香港には約30万人のカナダ人が滞在しているとされ、香港からカナダへの移民も多いことから、今回のデモには大きな関心が集まっている。

 この日のバンクーバーでのデモには警察が出動したが、大きな混乱はなかったと報告されている。

 前回、バンクーバーで開催された香港支持者のデモには、中国政府支持者たちが対抗してデモを行い、大きな衝突こそなかったものの、一時は混乱が生じたと報道された。

 しかし今回はそうした対抗デモは行われなかったという。CTVの報道によると、通りがかった数人が香港支持の張り紙をはがすなどの行為をして警察に呼び止められたが、理由は分からなかったと伝えている。

 

2019年9月5日 第36号

 カナダ国営放送CBCで以前コメンテーターを務めていたケビン・オレリー氏が、オンタリオ州で起こったボート事故に巻き込まれていたことが8月28日分かった。本人の広報が、事故が起きた時にオレリー氏がボートに乗っていたことを公表。アメリカのNBCニュースにはオレリー氏の妻が操船していたと語っている。

 CBCによると、オレリー氏の広報では本人は警察の捜査に全面的に協力しているという。

 事故は8月24日、オンタリオ州トロントから約200キロメートル北にあるムスコカ地区のジョセフ湖で午後11時30分頃に起こったと発表されている。事故を起こしたのは、ウォータースキーヤーをけん引する小型ボートと13人乗りのヨット。この事故により、アメリカ・フロリダ州からきていた男性(64)とオンタリオ州の女性(48)の2人が死亡、数人が病院に運ばれたが退院していると発表されている。

 オンタリオ州警察が捜査に当たっているが、これ以上の詳細は発表されていない。

 

2019年9月5日 第36号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州でガソリン価格が高騰したことを受け、今年5月に同州ジョン・ホーガン州首相が原因究明を調査すると発表してから3カ月、ようやく調査結果が発表された。

 ホーガン州首相に原因究明を指示されたBC公益事業委員会(BCUC)は8月30日に記者会見したが、原因については明確に言及しなかった。

 BCUC代表デイビッド・モートン氏は、BC州とカナダの他の州とのガソリン価格の違いについての明確な理由は分からなかったと記者会見で語った。「メトロバンクーバーとUSパシフィック・ノースウエストの間にはガソリン卸値で1リットルにつき13セントの違いがあることが分かった。ただ、違いの理由については説明がつかなかった」と説明した。

 モートン氏はメトロバンクーバーのガソリン価格については「演出されている可能性が高い」と言う。

 メトロバンクーバーのガソリン価格の高騰は2015年あたりから始まっているが、なぜこの辺りから始まっているのかの理由についても分からなかったと語っている。

 BC州ブルース・ラルストン雇用・貿易・技術相は「州民がスタンドでガソリンを入れるたびに搾取されているように感じていたのは事実だった」と記者会見で述べ、BC州でガソリン卸値での競争がないことが原因ということが明らかになったと語った。

 BC州、特にメトロバンクーバーのガソリン価格は今年4月一時1リットル1.72ドルという記録的な価格となった。これを受けホーガン州首相が調査を指示した。それでも結局、卸値で説明がつかない1リットルにつき13セントがあるということが分かっただけだった。

 モートン氏は価格是正には、精製量を増やすための投資をするか、政府による価格規制をするかの方法があるとしながらも、価格是正方法についてはさらに調査が必要と語った。  石油精製量供給増についてトランスマウンテン・パイプライン拡張でアルバータから精製された石油を輸送することで解決するのではとの石油会社の見解については、BC州のガソリン価格はパシフィック・ノースウエストを基準としているため、パイプライン拡張がガソリン価格下落に直結する保証はないとの見解を示した。

 13セントの説明がつかない価格差でBC州民は4億9千万ドルも毎年高いガソリン代を払っていることになると試算している。

 

2019年9月5日 第36号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州で公立学校教師の労働組合と州政府の労働交渉が続いている。

 BC州では9月3日から新学期が始まり、生徒も教師も新たな学期を迎えた。しかしBC州公立校教師組合は州政府との労働協定がないまま新学期に突入した。

 前回提携した労働協定は今年6月に期限が切れ、7月に数日、8月には調停役が仲介したが新学期までには間に合わなかった。労働交渉は9月23日に再開されるという。

 自由党政権時の前回の労働交渉は難航した。2014年、教師がストライキを起こし、学校が5週間にわたり休校、生徒たちに影響を与えたことは記憶に新しい。

 しかし今回は交渉相手が新民主党(NDP)政権ということもあり、スムーズな交渉が行われることを期待する声が上がっている。

 交渉で難航している理由の一つが一クラスの生徒数。生徒数を減らして細かい生徒のケアを訴える組合側と、生徒数が減ることでクラスが増え教師増加を強いられる州政府側とで意見が食い違うという。さらに給与増加も条件に入っているため、州政府との今後の話し合いが注目される。

 

 

今週の主な紙面
9月19日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康・43…V-21
求人情報…V-4

詳しくは9月19日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ