2018年11月29日 第48号

 ブリティッシュ・コロンビア州の公立校で19日、授業の教材として教室に掲げられていた旭日旗が、同校の韓国人生徒が始めた抗議によって目立たない場所へ移動させられた。しかし学校側は、旗はあくまでも20世紀の歴史の授業の教材であることを強調している。

 この学校は、メトロバンクーバーのラングレー地区にある公立校、ウォールナット・グローブ・セカンダリースクール。同州の12年間の義務教育(7・5制)の後半を受け持つのがセカンダリースクールで、8年生から最高学年の12年生までが通う。

 同校の歴史教室の壁に旭日旗が掲げられていたことに抗議を行ったのは、同校9年生の韓国人生徒B・J・ムン(B. J. Moon)さん。インターネット上で抗議の参加者を募ったところ、週末だけで1万人を超える賛同者が集まったと、ムンさんは抗議サイトに書き込んでいる。

 この抗議を受けて、同校が旭日旗を移動したことについてムンさんは「学校は迅速かつ適切な対応を取った」と称賛、自分たちの勝利だと高らかに宣言している。ムンさんや抗議に賛同した韓国系生徒らは、旭日旗は戦前・戦中の大日本帝国の黒歴史を象徴していると主張している。

 さらに自分たちの祖父母の世代が舐めた辛酸のことを思うと、旭日旗に非人道性と非倫理性を見出さないで(教室に掲げるような)人間(教師)がいることが信じられないと続けている。また、旭日旗が掲げられることは、大戦中に命を落とした兵士によって守られた、基本的人権の神聖さを信じるすべての人々にとっても重大な問題になっていると述べている。

 しかし、このムンさんらの抗議に対し、旭日旗を教室に掲げた社会科の教師を代弁したラングレー教育委員会のケン・ホフさんは、この社会科教師はベテランで多くの人の尊敬を集めてきていると、弁護するコメントを発表している。

 「この旗は、他の多くの教材と同じように、20世紀に起きた出来事を学び討論するための教材である」と説明、さらに「この旗は戦争や騒乱の中で作られ利用されてきた物のひとつであり、ある特定のグループや生徒に怒りや不快な思いをさせるために掲げられたのではない」と断言。あくまでも会話の端緒として扱うべきものとの意見を述べている。

 またホフさんは、ムンさんやその仲間が、歴史を学ぶという高い次元から旭日旗を捉えることができなかったことは不幸だったと語っている。こうした旗などのシンボルが、世界の中の異なる立場の人には違った意味合いを持つということを学ぶためにも、必要なものだと指摘している。

 歴史授業は11年生と12年生の科目だが、同校でこの授業を受けた多くの生徒は、そうした教材を用いた討論が学習に有効だったと、取材に答えている。11年生のブロックさんとラージェンさんは、授業で旭日旗が取り上げられて初めて、その旗の持つ意味を知ったと語っている。ブロックさんは「この旗は教材だと思う。確かにあるグループの人に対しては許しがたいものなので、撤去した方がいいのかも知れないが、歴史を学ぶという観点からはそれが必要だ」と取材に答えている。なお、抗議を始めたムンさんは歴史授業を受けていたわけではなく、たまたま廊下から教室内の旭日旗を見かけたことがきっかけで、抗議活動を始めている。

 ホフさんはさらに、ムンさんや他の生徒たちが旭日旗を見つけるや否や、学校側には何も相談せずいきなりインターネット上で騒ぎ始めたことも残念だと述べている。また旭日旗の教材としての役割を強調、史実を検閲したり修正したりすることはできないと指摘している。「真実は時に不快なこともあるが、授業の中ではそうしたことについての討論が重要な意味を持つ」と教育上の観点から、一方を排除するような行為を暗に批判していた。

 

2018年11月29日 第48号

 ブリティッシュ・コロンビア州の女性が、アルバータ州の高速道路を運転中スピード違反で捕まったが、その罰金が2300ドルとなった。

 場所は、同州エドモントン市の北約160キロにある、人口800人ほどの町ボイルの近くの高速63号線で、8月14日の午後9時頃のことだった。北向き車線を走行していた30歳の女性は、制限速度110キロのところを、105キロのスピード違反になる215キロで走行していた。

 また警察には、同じ車がボイルの北にある町グラスランドの学校のそばの道路を猛スピードで走り、追い越し禁止車線を越えて他の車を追い抜いているという苦情も寄せられていた。

 時速50キロを超えるスピード違反については裁判所への出頭が義務付けられているが、この女性は指定された日時にボイル裁判所に現れず、最近罰金が確定した。

 

2018年11月29日 第48号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市の中国庭園にカワウソが侵入、池の鯉を食べてしまうなどの被害をもたらした。

 場所は、同市の観光名所でもあるチャイナタウンそばの中山庭園。カワウソが最初に目撃されたのは17日のことだった。池の鯉は観賞用の高額なもので(1匹当たり千〜5千ドル)、先週までに少なくとも10匹の鯉が食べられてしまったと、バンクーバー公園委員会は取材に答えている。20日からは依頼を受けた専門家が、生け捕りにするためのワナを仕掛け始めた。おとりの餌には魚の油を塗った鶏肉などが用いられたが、翌日には餌だけがなくなるという、イタチごっこならぬカワウソごっことなっている。

 その一方で市職員は、残った4匹の鯉をカワウソから守るため生け捕りにして、バンクーバー水族館に避難させることにしたが、作業は難航している。池の水位は高く、また濁っていて中の様子がわからない。池に立ち入れば底に溜まった泥を巻き上げるため、濁りがますますひどくなるからだ。先週までに1匹は捕獲したものの、まだ生存していると思われる、魚齢約50歳超の『マドンナ』は見つかっていない。

 このカワウソがどうやって、交通量の多い通りと壁で囲まれた庭園に侵入できたかは明らかになっていない。ただ近所の住民らの情報によると、このカワウソは同庭園とフォールスクリークの間にある公園に、以前から棲みついていた可能性があると同委員会はメディアに説明している。

 一方、この捕り物劇のニュースが拡散するにつれ、ソーシャルネット上では鯉を応援するチーム(#TeamKoi)と、カワウソを応援するチーム(#TeamOtter)が形成されてきた。さらにチャイナタウンの非営利団体、今日唐人街(Chinatown Today)は、地元アーティストにデザインを依頼した両チームのバッジを作成、一個2ドルで売り出した。デザインはどちらもよくできているため、自分が応援するチームとは反対のバッジを購入していく人も出てくると思われ、売り上げ個数からどちらのチームが優勢かを判断するのは難しいだろうと、同団体は取材に話している。

 

2018年11月29日 第48号

 北米で、ロメインレタスによる食中毒が再び増加している。カナダ公衆衛生局によると、10月中旬から先週にかけてケベック州で17人、オンタリオ州で4人、そしてニューブランズウィック州で1人が、出血性腸管大腸菌Oー157による食中毒を起こしている。そのうちの6人が入院して手当てを受け、一人は重い合併症も引き起こしたものの、死には至らなかったという。患者の年齢層は幅広く、5歳から93歳となっている。

 そのほか米国でも32人が食中毒を起こし、13人が入院したと米疾病対策センターが報告している。検出された大腸菌の型は、昨年発生したロメインレタスの食中毒を引き起こしたものに似ているという。

 カナダ公衆衛生局は、食中毒が報告された3州の州民に対して、ロメインレタスの購入と摂取を控えるよう呼び掛けている。さらにレタスが家庭で保管されていた場合は、廃棄の上、それを保管していた場所(冷蔵庫の野菜室など)を清掃、消毒するよう指導している。

 両国の検査当局が汚染源の特定を急いでいるが、米食品医療品局は23日、米カリフォルニア州の可能性が高いことを明らかにしている。

 

2018年11月29日 第48号

 米マサチューセッツ州に住む男性が、末期がんであると診断された愛犬をブリティッシュ・コロンビア州のブリーダーに再会させるため、北米大陸横断の旅に出た。

 この男性は、人口4万3千人ほどの都市アトルボロの市長ポール・ヘルーさん。彼の愛犬で四国犬のムラは、9月28日に末期がんとの診断を受けた。ムラに残されたわずかな時間を少しでも有意義に過ごすため、ヘルーさんは彼女の生まれ故郷、BC州バンクーバー島への旅行を計画した。バンクーバー島からムラが空輸されてヘルーさんの元へ来たのは、2008年のことだった。

 長い間バケーションを取る機会がなかったヘルーさんは、実は中東への旅行を計画していたが、ムラの病状が明らかになってからは一分一秒でも長くムラと過ごすことに決めたと、取材に話している。

 ムラとの北米大陸横断の旅を、ヘルーさんは何枚もの写真に記録してきた。合計でアメリカ24州とカナダ2州を通過した彼ら。その中にはナイアガラの滝や、山頂に4人の大統領の胸像が彫られたラシュモア山、ゴールデンゲートブリッジのほかグランドキャニオンやイエローストーン国立公園もあった。

 その中でもハイライトは、ハリウッドのウォーク・オブ・フェームに立ち寄り、ムラが思いっきり体を伸ばすことができたことだと、ヘルーさんは取材に答えている。

 12日間のドライブの末、ヘルーさんとムラはバンクーバー島でブリーダーと再会を果たした。立派に成長したムラに会うことができたブリーダーも大変喜び、感慨深い瞬間だったとヘルーさんは語っている。

 

 

今週の主な紙面
12月6日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
まるごとカナダ…V-11
カナダで楽しむ食の世界…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは12月6日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ