2018年9月13日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア州アボッツフォード市の商店街で9日朝、人の背丈以上ある衣類寄付用のコンテナの中にいた女性が、消防隊員によって救出された。

 目撃者の話によると同日午前10時半ごろ、20代の女性がコンテナ上部にある衣類投入口から中に入ろうとしているのを、男が手助けしていたという。男はそのあと、コンテナの中に女性を置き去りにして現場を去った。

 目撃者は消防署にこの事実を伝え、ほどなくして消防隊員が現場に到着した。隊員は鏡や携帯電話のカメラを使って中の様子を調べ、女性がいるのを確認した。目撃者と6人の隊員がコンテナを横倒しにし、女性が投入口から出てこられるようにした。

 救急隊員が女性のけがの有無などを調べたが、特に問題はなかったという。消防隊員の質問に対し、女性はコンテナの中で眠っていたと答えている。

 こうした出来事は過去にも起きているが、中の人が死亡する事故が何件も起きており、再発を防ぐよう寄付用コンテナのデザインを改善する必要性があると、ホームレスの支援を行っている団体は指摘する。

 最近では7月、30代の女性が寄付用コンテナの投入口部分に挟まって身動きが取れなくなり、死亡している。また2016年には同州サレー市で寄付用コンテナの中で男性が死亡しているのが見つかったほか、2015年にも同州ピットメドウズ市で45歳のホームレス女性が、コンテナ内で死亡している。

 

 

2018年9月13日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア州サレー市の特定の地域で、レジオネラ症が集中発生したことで、大手スーパーのウォルマートは自主的な営業停止と設備の洗浄の勧告を受けた。

 集中発生の感染源を追っていたフレーザー保健局は、同市ギルフォード・タウンセンター内にあるウォルマートの空調用冷却塔から、同菌を検出した。しかし、この冷却塔の菌と集中発生の関連については確認できていないとしている。同局によると、過去3週間で7件のレジオネラ症が報告されたという。

 レジオネラ症は肺炎の一種で、レジオネラ属菌によって引き起こされる。菌は停滞または循環する水の中で繁殖し、その菌が入った飛沫を吸い込むことで肺炎が発症する。そのためビルの空調用冷却塔や循環水を利用した噴水、水を長い間ためたままのジャグジーバスなどが感染源となることが多い。

 同局からの勧告を受けたウォルマートは7日に営業を停止、8日に同店の冷蔵・冷凍システム全体の洗浄と消毒を行ったのち、営業を再開した。なお、当面は冷蔵・冷凍食品は販売しないこととしている。

 

 

2018年9月13日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の公園で、昨年7月に殺害されたマリッサ・シェンさんの事件を捜査していた統合殺人捜査チーム(IHIT)は10日、第一級殺人罪で28歳の男を逮捕したと発表した。

 シェンさんは昨年7月18日夕方に自宅を出た後、行方がわからなくなり、その数時間後に同市セントラルパークの森の中で、遺体となって発見された。

 告訴されたのは、同市の在住のシリア人、イブラヒム・アリ容疑者で、前科はなかった。記者会見で警察は、アリ容疑者とチェンさんは顔見知りではなく、犯行はランダムに行われたものだという見解を示している。なお犯行の動機を警察が把握しているかどうかについては、言及を避けている。また会見の中でドナ・リチャードソン警視は、今回の捜査は同チームにとって最大規模の展開となったことに言及、2300人を超える捜査対象者の中から、犯人の特定に至ったと語っていた。また今回の事件は、市民の憩いの場所となっているセントラルパークの安全性に一石を投じたと指摘、これからも徒歩や自転車、パトカーでの警察官によるパトロールを継続すると付け加えた。

 また会見では、「法による裁きが行われ、娘が天国で安らかに眠れることを祈ります」という、シェンさんの家族からのメッセージも読み上げられた。

 

 

2018年9月13日 第37号

 アメリカへの入国を拒否されたカナダ人女性が、その係官を平手打ちしたため、警備官への暴行の罪に科せられた。

 事件が起きたのは2日、オンタリオ州ナイアガラフォールズから、対岸の米ニューヨーク州を結ぶナイアガラフォールズ・インターナショナル・レインボーブリッジ。

 オンタリオ州キッチナーに住むティアナ・ナターシャ・マクファーソン容疑者(40歳)はこの日、タクシーでレインボーブリッジに乗り付けた。しかし、アメリカへ入国しようとするマクファーソン容疑者に対し国境警備官は、彼女が以前にアメリカ入国を試みた際のトラブルを理由に、これを拒否した。

 これに対しマクファーソン容疑者は闘争的な物言いとなり、非協力的な態度となった。さらに自分はアメリカ市民だと主張し始めたが、その主張を裏付ける書類などは提示できなかったという。

 さらにカナダへの退去を命じた警備官に対し、顔を殴って刑事罰に処されたいと言い、その顔を平手打ちしたという。今回の暴行罪が確定した場合には、最大で8年の禁固刑と25万ドルの罰金を命じられる。

 

 

2018年9月13日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市のバンクーバー国際空港のターミナル内で最近、壁に家庭用コンセントとそっくりの実物大ステッカーが貼られ、携帯電話などの充電場所を探していた利用客の怒りを買っている。

 「コンセントの賊(outlet bandit)」と名付けられた犯人に対し、空港管理会社もツイッターで厳しく非難、調査を開始したとメディアに説明している。また、同種のいたずらで人を騙している動画が、インターネット上にも投稿されていることを指摘している。

 同会社では、この犯人についての情報提供をツイッター上で呼び掛けている。

 

 

 

今週の主な紙面
9月20日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
第37 回VIFF 日本映画特集…V-10
マルチカルチャー弁当…V-11
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは9月20日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ