2020年3月19日 第12号

 アメリカ・カリフォルニア州オークランドに着岸したクルーズ船グランドプリンセスのカナダ人乗客が、カナダ政府が用意したチャーター機で10日未明に帰国した。この日からオンタリオ州トレントンで14日間の隔離に入っている。

 グランドプリンセスはカリフォルニア州サンフランシスコ沖を航行していたが、同クルーズ船の2月のツアーに参加していた乗客がアメリカで死亡。そのためクルーズ船の乗員を検査したところ、新型コロナウイルス感染が確認されたため数日間着岸できずにいた。その後、アメリカがオークランドに着岸を許可し、乗員以外の乗客が下船。カナダ人乗客237人のうち228人が、政府の用意したチャーター機で帰国した。フランソワ−フィリップ・シャンパーニュ外務大臣によると、新型コロナウイルス感染が確認されたカナダ人乗員はクルーズ船に残り、感染が確認されていないがアメリカに残ることを希望した乗客もいたと説明した。

 チャーター機での帰国に際しては症状がでていないことが条件だった。しかし、これまでに帰国後の隔離中に8人の感染が確認されている。クルーズ船については、横浜に停泊していたダイヤモンドプリンセスのカナダ人乗客も政府が用意したチャーター機で帰国。おなじくオンタリオ州で14日間隔離されたが感染者は確認されなかった。しかし、アメリカで2月11日から21日までグランドプリンセスのクルーズ船ツアーに参加し、帰国したカナダ人乗客が感染している事例が全国各地で相次いでいる。これを受けカナダ公衆衛生局長テレサ・タム博士は9日にクルーズ船への参加自粛を要請、13日には500人以上が参加するクルーズ船については、7月1日までカナダに寄港することを禁止すると発表した。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/