2020年3月19日 第12号

 ジャスティン・トルドー首相は18日、新型コロナウイルス(COVID-19)対策として、アメリカからの旅行者の入国も禁止すると発表した。首相はアメリカ政府と協議した結果、不要不急の渡航者の往来を双方向で禁止することで合意したと語った。ただし、貨物や商業目的の入国については除外される。カナダは生活用品の多くをアメリカからの輸入に頼っているため、物流は対象外とした。

 アメリカで新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する中、16日にはアメリカ人以外の旅行者の入国を禁止したにもかかわらず、アメリカ人を除外したことに異論が上がっていた。特にブリティッシュ・コロンビア州政府は16日、ワシントン州での感染状況が最悪の事態となっていることなどを踏まえ、BC州民の安全のため連邦政府にはアメリカ人の入国禁止を強く望むと語っていた。

 この日、首相は、新型コロナウイルスで影響を受ける国民と中小企業に向けた270億ドルの支援プランも発表した。雇用保険対象外の雇用者や自営業者などを含む、直接的な支援となっていると語った。

 連邦政府はタックスリターンについて締め切りを個人は6月1日に延長、支払いがある場合は8月31日以降に支払いを延長できるなどの対策を発表した。

 

2020年3月19日 第12号

 連邦政府は16日、国際線の受け入れを国内主要4空港に限定すると発表した。その一つ、バンクーバー空港では入国者への新型コロナウイルス対策を強化すると発表した。これまで入国した人から、説明が書いたパンフレットを渡されただけで特に何もなかったという反応がメディアで紹介されたため、空港での対応を徹底するとみられる。

 空港では入国時に症状がある渡航者を隔離するとともに、症状がない場合でも、すべての渡航者が入国後14日間は自主的な自己隔離が要請されることを周知するとした。国内線利用者には、搭乗前に症状がある場合は搭乗を拒否するとしている。連邦政府がカナダ人、アメリカ人以外の渡航者の入国を拒否する対応を16日にとった影響で、カナダの大手航空会社エアカナダとウエストジェットは、減便運休の対応を発表した。エアカナダは16日、大西洋線については18路線で減便運休、太平洋路線は75パーセント減少し、香港、東京、ソウル路線も対象とすると発表した。ウエストジェットは22日からアメリカ路線を含むすべての国際線を30日間運休すると発表した。

 BC州バンクーバーとビクトリアを結ぶBCフェリーは14日に減便を発表。17日には、利用者が航行中に駐車している車の中で過ごすことを連邦政府運輸省が許可したと発表した。

 

2020年3月19日 第12号

 新型コロナウイルス(COVID-19)への対応は商業施設でも閉鎖が相次いだ。ブリティッシュ・コロンビア(BC)州では、ウィスラースキーリゾートをはじめ、グラウスマウンテン・スキー場、サイプレス・スキー場など州内のスキー場が閉鎖を発表した。

 カナダの映画館最大手シネプレックスも16日に全国165カ所の映画館閉鎖を発表。4月2日までとし、状況に応じて対応するとした。続いてランドマーク・シネマも閉鎖を発表した。大手ファーストフードチェーン店ティム・ホートンズでは店内での飲食を止め、テイクアウト、ドライブスルー、もしくはデリバリーで対応すると16日に発表。マクドナルドやコーヒーチェーン店スターバックスでも同様の対応を発表した。

 

2020年3月19日 第12号

 ジャスティン・トルドー首相ソフィ・グレゴール−トルドー夫人が新型コロナウイルスに感染していることが12日に分かった。首相事務所が発表した。

 ソフィ夫人はイギリス・ロンドンで行われた講演会に参加して帰国。11日夜になってインフルエンザのような症状が表れたので、念のため新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性反応が出たと説明した。首相事務所によると夫人の症状は軽く、自宅で自己隔離となっている。夫人の感染が確認されたため、トルドー首相も同日から14日間の自己隔離に入ると発表した。13日に国民に向けて記者会見したトルドー首相は、夫人の症状は軽く、首相にも子どもにも症状は表れていないと語った。

 首相は自己隔離の期間は自宅で指揮を執るとし、各州政府や各国首脳らとの電話連絡など自宅で忙しくしていると語った。また、16日にも自宅前で記者会見したトルドー首相は、自身に感染したような症状は出ていないと語った。

 

2020年3月19日 第12号

 カナダの冬のスポーツの代表、ナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)が新型コロナウイルスの影響によりシーズン途中で中断を余儀なくされた。

 現在シーズン中、もしくは開幕を控えた北米4大スポーツ、NHL、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)、MLS(メジャーリーグサッカー)は、11日に相次いで今シーズンの中断を発表した。MLB(メジャーリーグ・ベースボール)は開幕を延期すると発表した。カナダにも本拠地がある各チームが対応を発表した。10日夜にNBA選手の1人に感染が確認されたためで、これを受けリーグが一斉に決断した。

 カナダ国内では、予定されていたウィンタースポーツの国際大会も開催中止を迫られた。ノバスコシア州ハリファックスで3月31日から4月10日まで開催予定だった、アイスホッケー女子世界選手権が中止となった。国際アイスホッケー連盟が3月7日に早々と中止を決定。ノバスコシア州政府の要請があったと明らかにした。この時点では同州での新型コロナウイルス感染は確認されていなかった。

 11日にはケベック州モントリオールで3月18日から予定されていた、世界フィギュアスケート選手権の中止が発表された。ケベック州政府の決定だったと国際スケート連盟が声明を発表した。羽生結弦選手ら日本人選手が多く出場する予定だっただけに、がっかりする声が聞かれたが、状況を考慮すると必然な決定との見方が大勢を占めた。連盟は今シーズン内への日程や会場の変更での開催は、世界的な感染状況から難しいとの見解を示している。

 ブリティッシュ・コロンビア州プリンスジョージで今月14日から開催予定だった、カーリング女子世界選手権も中止が決定した。開幕2日前の12日に中止を発表。前日までは開催予定を公表していたが、11日から12日にかけて北米4大スポーツリーグがシーズン中断を発表し、状況が一変したことから急きょ中止が決定した。NHLは事態が収束した後にシーズンを再開し、スタンレー杯決勝戦を行いたい意向を示している。

 

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ