2018年8月9日 第32号

 サウジアラビアは、同国駐在カナダ大使の追放とカナダとの全ての取引停止を5日、発表した。さらに、カナダ駐在サウジアラビア大使をカナダから出国させることも明らかにした。

 サウジアラビアの突然にみえるこれらの対応の発端は、カナダ外務省のツイートだった。

 カナダ外務省は3日、ツイッターでサウジアラビアに拘留されている女性活動家の開放を訴える内容をツイート。これがサウジアラビアを刺激した。

 ツイートは、「カナダはサウジアラビアでの市民社会、女性の権利を主張する活動家が逮捕されることに大きな懸念を持っている。活動家の中にはサマー・バダウィも含まれている。カナダはサウジ政権に一刻も早い彼らの釈放を要請する」という内容だった。

 これに対してサウジアラビアは内政干渉と反論。「一刻も早い釈放」という部分について「2国間関係において、不穏当で、受け入れ難く、非難されるべきものだ」とカナダ政府を批判した。

 カナダからサウジアラビアへの主な輸出品は、軍事用車両や小麦、大麦で、サウジアラビアからは石油を輸入している。2国間の貿易は2016年が39億ドルで、カナダにとって主要貿易国という額ではなく、すぐに影響が出るとは予想されていない。ただ、サウジアラビアはカナダに滞在するサウジアラビア人学生をカナダから退去させるとも発表していて、これらの学生が在学する大学などでは影響が出るとみられている。

 

 

2018年8月9日 第32号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州内では、気温が上がった先月後半から山火事が多発している。

 6日午後7時45分には、バンクーバー島南東部ナナイモ地区で地方自治体から山火事に関して非常事態宣言が発令された。被害が予想される地域住民には避難指示が、その他の地区の住民にも避難勧告が出された。

 BC州ワイルドファイアサービスによると、3日には446カ所で山火事が発生したという。これによりBC州では今年初めて緊急災害対策レベルを4に引き上げた。

 3日に急増した山火事は、非常に激しい雷の発生が同時多発的に山火事を引き起こしたことが要因という。火の取り扱いには十分注意するよう呼びかけている。

 同サービスによると、4月1日からBC州で発生している山火事1468件のうち約30パーセントが、人為的な要因による発火となっているとも発表している。

 

 

2018年8月9日 第32号

 身体機能や精神的な障害を持つ人に寄り添い、そのサポートを行う補助犬(service dog)。この補助犬とともにコーヒーショップに入ろうとしたケベック州モントリオールの男性が、従業員から入店を拒否された。

 事件が起きたのは1カ月ほど前のこと。うつや不安症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)にさいなまれるクレイグ・リードさんを助けてきたのが、一緒になって4年になる補助犬のジョーイ。そんなリードさんがジョーイと近所のティムホートンズに入ったところ、店員から店を去るように言われた。

 誰が入店できないと言っているのかと問いただすリードさんに、「店長だ」とカウンター越しに店員が答えている様子が動画に残されている。また、この従業員との言い合いは激しさを増しながら店の外まで続き、最後は警察官が出動する騒ぎになった。警察官はジョーイが補助犬であることを確認したが、リードさんは店を去った。

 リードさんはティムホートンズの地域管轄マネージャーからの謝罪を求めたものの、コーヒーチェーンは、それに応えなかった。そのかわりにギフトカードのプレゼントを提案してきたが、リードさんは、これを拒否している。

 同社は広報を通じ、リードさんを追い出した従業員の行動は『完全に受け入れられないもの』だとし、この従業員を解雇したことを伝えた。

 補助犬が飼い主に同伴して店に入ることは、どのような店であってもカナダ国内では認められている。ただしケベック州の条例では、どのようなサービスを提供するのが補助犬であるかの定義があいまいであるため、リードさんにジョーイを貸し出しているアシスタ基金などでは、条例の明確化を求めている。

 リードさんは、今回の件を多くの人に知ってもらうことで、補助犬の重要性と普及の一助になればと語っている。

 

 

2018年8月9日 第32号

 アルバータ州中部、カルガリー市とエドモントン市のほぼ中間にある人口10万人ほどの都市レッドディアで7月31日朝、遺体を乗せたバンが何者かに盗まれた。

 バンは同市のパークランド葬儀社の前に駐車してあった。カナダ連邦警察(RCMP)によると、中には医師の検視を受けるための遺体が乗せられていた。犯行は、バンの運転手が車を降りたわずかな間に発生した。

 警察は、遺体が乗っていたことは窃盗犯にとって予期せぬ不幸だったろうとコメント、ヘリコプターを出動させ、空からもバンの捜索を行った。その結果、その日のうちに乗り捨ててあったバンを発見、また遺体もバンの後部に乗せられたままだった。

 警察では引き続き犯人の行方を追っている。

 

 

2018年8月9日 第32号

 ブリティッシュ・コロンビア州サレー市で3日夜、一時停止をせず三差路に侵入した車が、そのまま曲がり切れずに正面の住宅に突っ込んだ。その時のスピードがあまりに速かったため、家の正面を突き破った車は、そのまま家を貫通、裏庭まで突進してようやく停止した。

 事故が起こった同夜午後11時30分ごろ。住人の一人ハマッド・ラクナビさんは、ちょうど家に向かって歩いているところだった。大きな衝突音を聞いたラクナビさんだったが、その時はそれが我が家に車が突っ込んだ音だったとは思いもよらなかったと、取材に答えている。

 一時停止の標識がある三差路に猛スピードで突っ込んだ車は、歩道に乗り上げそのまま家に突入、家を貫通する際には冷蔵庫と衝突したものの、これを押し出す形で裏庭まで暴走した。

 近所に住む人は、何かが爆発したようなすごい音がして、家全体が振動したと当時の様子を物語っていた。

 幸い、この家に住むラクナビ家の8人にけがはなかった。また車を運転していた男性と、助手席に乗っていた女性も、事故後車から降りて周りを歩いていたという。男性は、駆け付けた警察官に連行されていった。

 大きな穴があいた住宅にはベニヤ板で応急処置が施され、専門家が構造的に安全かどうかを確認している。しかしこの三差路では今までにも事故が発生しており、ラクナビ家は引っ越しを考えているという。

 

 

 

今週の主な紙面
8月16日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~6

詳しくは8月16日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ