2019年1月1日 第1号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州で予定されているナナイモ選挙区の補欠選挙は、各党候補者が12月16日に出揃った。

 BC新民主党(NDP)は連邦ナナイモ‐レディスミス選挙区のNDPシーラ・マルコルムソン議員擁立を決定、議席保持に全力を挙げる。

 ナナイモ選挙区はこれまで長年NDPが議席を保有してきた。前任者はNDPレオナルド・クロッグ前議員。クロッグ前議員は、2018年10月に実施されたBC州地方選挙でナナイモ市長選に立候補し、当選したためBC州議員を辞職、空席となっていた。

 従来ならそれほど大きく注目される選挙区ではないが、今回はBC政治の事情があり、かなり注目を集めている。

 BC州は現在NDPが政権を担当。しかし議席数は野党自由党より1議席少ない。それでもグリーン党3議席との協力関係で44議席とし政権を維持している。

 もし仮に自由党が議席を取れば、NDP・グリーン43議席、自由党43議席と議席数で並ぶ。そうなれば政権が不安定となり4年を待たずに選挙となるのではと予想されている。

 そのため、今回の補欠選挙に自由党がかなり力をいれてくるのではとNDPは警戒している。自由党はナナイモでよく知られるビジネスマンのトニー・ハリス氏を擁立。11月初旬に早々と決定し選挙戦に臨む態勢に入っている。

 一方で、NDP政権と協力体制にあるグリーン党も候補を擁立して選挙戦を戦うことを決定した。擁立したのは教師のミッシェル・ネイ氏。本人は政治家としては知られていないが、父は今回ナナイモ市長に当選した前NDP議員のクロッグ市長。そういう意味ではネイ氏もナナイモ市ではよく知られた人物。3つ巴の戦いとなる様相にネイ氏は、ライバル2人はナナイモ市でよく知られた人たちで厳しい戦いになるが、環境問題や気候変動対策の声を議会に届けたいと意欲を示した。

 また、NDPとグリーン党で票が割れる可能性については「心配していない」と語った。グリーン党アンドリュー・ウィーバー党首は、NDPとの協力体制は今後も続けていくが、州民の中にはNDPのサイトCダム政策や液化天然ガス(LNG)推進方針に懸念を示しているとNDPとの政策の違いを強調し、ナナイモでの選挙でこれらを訴えていくと語った。

 BC州バンクーバー島の小さな町がこれほど注目されるのは、仮に自由党が議席を獲得し州選挙を早めに実施することになれば、自由党が再び政権を取る可能性があり、そうなれば、トランスマウンテン・パイプライン政策や経済政策などで連邦政府にも影響を及ぼす可能性があるためだ。

 BC州政府ジョン・ホーガン州首相は補欠選挙の実施日はまだ正式に公表していないが、2月に発表する予算案の前には決めたいとの意向を示している。

 

2019年1月1日 第1号

 世界通販最大手アマゾンがアルバータ州に巨大ウェアハウスを建設することが12月16日分かった。広さは100万平方フィートで、同州エドモントン市近郊に建設する。

 オープンは2020年の予定で、約600人の雇用が見込まれるという。また建設時には約700人の雇用となると発表している。

 同州レイチェル・ノッテリー州首相は州政府の誘致努力が実った結果とスタッフの努力を労い、アマゾンの進出を歓迎した。

 同州ではカルガリー市近郊にある同様のウェアハウスが2018年夏オープンしたのに続いて2件目となる。

 アマゾンはこれまでに、オンタリオ州、ブリティッシュ・コロンビア州にもフルフィルメントセンターを建設するなど、カナダへの進出を積極的に行っている。

 

2019年1月1日 第1号

 頭蓋骨内側に異常な量の水(脳脊髄液)がたまる、水頭症を患っていたケベック州の2歳児の手術が、無事成功した。

 家族の希望により2歳児の名前は明らかにされていないが、北米内で生まれ2017年ケベック州に移り住んできた。同州モントリオール市サン・ジュスティーン病院で診断を受けた時には、頭部に約3リットルの脳脊髄液がたまっていた。これは通常の大人の20倍の量になるという。この液のため脳は圧縮され正常な発育ができず、同年代の子供の脳の2割程度の大きさしかなかった。一方その圧力により頭蓋骨は異常に膨張、頭のサイズはバスケットボールほどの大きさである、頭囲71センチとなっていた。

 北米では通常、より早い段階で治療が始められるため、これほど進行した例はあまりないという。同病院の小児神経外科医アレクサンダー・ベイルさんは、この先少女が少しでも正常な成長に近づけるよう『思い切った手術』を行うことにした。整形外科医のダニエル・ボルサクさんや米ミシガン州の研究所とチームを組み、たまった脳脊髄液を排出するとともに、大きくなりすぎた頭蓋骨を小さなピースに切り分け、その中のいくつかを再び組み合わせ、適切な大きさの頭蓋骨─手術前の約4割の大きさ─を作り上げるというものだ。

 実際の手術前には、3Dプリンターによるモックアップが作成され、どのように頭蓋骨を再構築するかの手順が確認された。ベイルさんによると、きれいな形にまで再生することは不可能だが、できるだけ普通に近い生活を送れるようにすることが最大の目的だと、取材に語っていた。

 手術は2018年11月5日午前11時5分から開始された。慎重に頭皮がはがされたのち、3Dプリンターで作成された、ヘルメット状の頭蓋骨切り分けガイドを頭蓋骨にあてがい、切り分け線がマジックで引かれていった。

 数時間後に、ようやく頭蓋骨上半分が取り去られ、次の処置─脳内にたまった液を排出する作業─が始まった。急激な排出は内部の圧力に急激な変化を及ぼし、不必要なリスクを増すことから、1時間あたり500ccのペースで排出が続けられた。

 そして切り分けた頭蓋骨を組み合わせ、新しい頭蓋骨が構築された。そのためには、約1年で溶解する210本のネジが用いられた。手術が完了したのは、12時間後だった。

 2週間後にMRIで検査が行われたが、すでに脳の大きさは2倍になっていたという。今後、この子の神経ネットワークが次第に再構築されていき、最終的に同年代の子供と同じように遊べるようになることを、手術チームは願っている。

 

2019年1月1日 第1号

 連邦政府は12月16日、原油価格の下落で厳しい状況に陥っているアルバータ州の石油・天然ガス産業に16億ドルの支援を行うことを発表した。

 アマルジート・ソーヒ天然資源相とジェームズ・カー国際貿易多様化相が同日に同州エドモントン市を訪問。クリーン技術への投資や新市場の開拓などを計画している企業を対象としている。

 カー国際貿易多様化相は「連邦自由党政権はカナダの天然資源産業を保護し促進するために新しい形で次の重要な一歩を支援する」と述べ、アルバータ州の天然資源産業が従来型の経済ではなく未来の重要な産業へと変身するために必要な措置と語った。

 ソーヒ天然資源産業相は、この支援は革新技術への設備投資を模索している企業や新たな市場開拓を確信している企業で資本の支援が必要と認められる企業を支援するプログラムと語り、改めてアメリカ以外の市場開拓とパイプラインの建設がアルバータ州の天然資源産業には必要と語った。

 同州レイチェル・ノッテリー州首相は訪問していたカルガリー市で記者団の質問に答え、今回の連邦政府の発表を歓迎すると語ったが、あくまでも一つの支援策に過ぎない、根本的な問題解決とはならないと語った。

 一部のメディアによると、現在アルバータ州の石油産業は1日8千万ドルを毎日損失しているとの試算を紹介している。理由は市場がアメリカのみであること、アメリカの石油が供給過多となっていることを挙げている。

 アルバータ州政府はすでに石油生産量の削減を2019年1月から実施すること、石油輸送用列車の車両約7千台を購入することなどの対策を発表している。

 連邦自由党政権とアルバータ州は、トランスマウンテン・パイプライン拡張工事を巡って緊張した状態が続いている。2016年に連邦政府が承認した直後や2018年1月にブリティッシュ・コロンビア州政府が環境対策を理由にパイプライン承認の基準を強化すると発表した時には、連邦政府とアルバータ州政府が協調して、BC州政府との対立を鮮明にしていた。しかし2018年8月に裁判所がパイプライン拡張工事を環境対策の不備と先住民族との対話を理由に一時停止して以降は、連邦政府が消極的な姿勢を示していることからアルバータ州政府が連邦政府に圧力をかけている。

 

2019年1月1日 第1号

 先住民のアンガス・アンダーセンさんはニューファンド・ラブラドール州の北端に近い、現在はトーンガット・マウンテン国立公園の中で、1960年代に生まれた。学校に上がるまではここで暮らし、その後学校に通うため、そこから約4百キロメートル南に下った町ネーンに移った。ネーンは同州の中で通年で人が暮らす最北端の町で、人口は千人余り。

 そんなアンダーセンさんが現在暮らす、同州セントジョンズの自宅にインターネットはない。彼は毎日ショッピングモールやお気に入りのコーヒーショップ、ティムホートンズなどWi-Fiが使えるところへ出向き、ツイッターにログインする。

 そして彼がツイッターで発信するのは、彼の先住民言語イヌクティトゥット語の、一日一語講座だ。「今日の言葉は『タシウヤク(tassiujak)』、塩水の池のことだ」と書き込むアンダーセンさん。「塩水の池がどこにあるかを知っていれば、魚や小さな獲物がどこで獲れるかを知っていることになる」

 彼の父親、そして両方の祖父母は漁で生計を立てていた。そのことが自分にとって幸運だったと語るアンダーセンさん。どうやって狩りをしたり罠を仕掛けたりするか、またどうやって自然の中で生きていくかを学ぶことができたからだ。

 そんな彼だが、かつて学校に通っていた頃にはイヌクティトゥット語を忘れかけていた。もし彼の祖母が彼に対し、イヌクティトゥット語で話しかけなければ、一切口をきかないと言わなかったなら、彼は永遠にこの言葉を忘れ去っていたかもしれない。

 卒業後、カナダ南部で仕事に就いたアンダーセンさんは、約20年前にセントジョンズに落ち着いた。以来、第二の故郷ともいえるネーンには帰っていない。彼によるとネーンには飛行機でしか行けないが、料金が2千ドル近くするという。しかしなつかしい当時の記憶は鮮明に残っており、それが今日の彼の活動の原動力となっている。

 彼はツイッターで発信する以外にも、フェイスブックや個人レッスンでイヌクティトゥット語を教えている。さらにソープストーン彫刻、ラブラドール先住民の歴史講義なども行っている。「植民地以前から現在に至るまでの、約8千年の歴史を1時間の授業で教える」と、彼は笑って答えている。

 ソーシャルメディアを使って先住民の知識を伝えることについてアンダーセンさんは、その時代に合った方法で先住民たちがやるべきことをやっているつもりで、きっと祖父母たちも認めてくれるだろうと話している。

 彼が一日一語講座を始めたころ、そのフォロワー数は137人だったが、今では3千人を超えている。オタワのカレッジで教壇に立って2年になるラシェル・ビロンジェさんは、アンダーセンさんのツイッターを知った瞬間からフォロワーになり、さらに彼の一日一語講座を、彼女の教えている授業に組み込みたいと申し出た。

 アンダーセンさんは、自分と同じようなことを多くの先住民などがやり始めていることに触れ、まわりの人が先住民のことを学んでくれることの手助けができたらという思いだと、語っていた。

 

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ