2019年9月12日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州レベルストーク近くにあるグリフィン湖に沈んでいる乗用車を発見したのは13歳のマックス・ウェレンカさんだった。アルバータ州在住のマックスさんは今年8月、家族と一緒にBC州グリフィン湖近くのキャビンに滞在していた。滞在中、湖でボートを漕いでいる時に沈んでいる乗用車を見つけたという。

 見つけた当初は、この辺りでは2009年に自動車の衝突事故があり、それと関係しているのではと家族はあまり気にしなかったと話している。

 しかし乗用車を見つけた翌日に、たまたまキャビンを訪問してきた連邦警察(RCMP)の警察官に、見つけた乗用車のことを話したとマックスさんの母親ナンシー・ウェレンカさんは振り返っている。その時に、どうして2009年当時の事故車を引き上げていないのかと質問すると、警察官に事故車は引き上げたと言われたとナンシーさんは、テレビ局のインタビューに答えている。

 8月21日には警察がグリフィン湖で乗用車を湖面から確認しようとしたが、ナンシーさんによると、湖面が太陽で反射していたせいもあって警察は確認できなかったという。

 そこでマックスさんが自分のGoProカメラを持って湖に潜り、沈んでいる乗用車の様子を動画撮影して、その3日後には警察が湖から乗用車を引き上げた。

 引き上げられた乗用車は1992年にBC州からアルバータ州に向かって運転している途中に行方不明になったBC州バンクーバー島のミルベイ在住だった当時69歳のジャネット・ファリスさんのものと分かり、遺体も乗用車から発見された。

 このニュースにナンシーさんは、引き上げられた乗用車から遺体が見つかったと聞いて驚いたとメディアの取材に語っている。27年間も行方知れずになっていた家族の消息がこういう形で分かって残された家族はどんな気持ちだろうかと気づかった。

 ファリスさんの家族は、これまでどうして行方知れずになっていたか分からないということがすごく不安だったが、これで少なくとも納得できると感謝した。

 RCMPは今回13歳の少年が27年もの歳月を経て未解決事件を解決するきっかけを作ったことについて、警察官として将来有望と称賛した。

 マックスさんは、疑問に思ったことを解決するために行動しただけと語り、それが誰かのためになるならやってみる価値はあると思ったと誰よりも大人な回答をした。

 

2019年9月12日 第37号

 イギリス最大の航空会社ブリティッシュ・エアウェイズが9日、10日の両日にイギリスを発着するほぼ全フライトをキャンセルすることが9日分かった。これによりカナダ・ロンドン間のフライトもキャンセルが決まった。

 ロイターが伝えたところによると、ブリティッシュ・エアウェイズは同社のパイロット労働組合(BALPA)によるストライキが実施される前に、9日と10日の両日48時間のフライトをほぼ全便キャンセルすることを決定したという。

 ストライキに突入すれば、どのくらいのパイロットが出勤し、どの飛行機がフライト可能になるか全く予測がつかないため、事前措置としてキャンセルを決定したと声明で説明している。

 これにより、19万5千人の利用客に影響が出るという。

 カナダとロンドン間では、48時間で約3500人の利用客に影響が出ると試算されている。ブリティッシュ・エアウェイズはトロント・ロンドン間に毎日4便就航、その他、モントリオール、バンクーバー、カルガリーにも就航している。

 今回の措置でフライトがキャンセルになった利用客は、無料で他社の再予約や他社への予約変更などに応じているという。

 ストライキは9月27日にも予定されている。

 

2019年9月12日 第37号

 オンタリオ州オタワで酔っ払いアライグマが出現したと6日に伝えたのはカナダ国営放送CBCオタワ支局。アライグマを見つけたのはオタワ市に住むエミリー・ロジャーズさんで、家に帰ると自身の庭にアライグマが昼寝しているのを発見したという。アライグマは通常夜行性で、もしかして死んでいるのではと思ったそうだが、よく見ると体は呼吸しているのか上下に動いていたと語っている。

 しばらく観察していたそうだが、ほとんど動けない状態で、フラフラしたり、立つのが難しそうだったり、まるで泥酔しているようで、「何かおかしい」と思ったと振り返っている。

 その後、動物保護センターに電話して引き取ってもらったという。

 CBCオタワによると、同様に泥酔したようなアライグマは前日にも現れていたという。ジュリー・フォングさんと夫が見かけたフラフラしているアライグマの話を紹介。なんだか酔っぱらっているようだったと話している。またフェンスの上で昼寝をしているアライグマを見たとも語っている。

 夜行性のアライグマが昼間から酔っぱらっているような状態で人前に姿を現している要因は、もちろん酒を飲んだからではない。どうやらベリー類やリンゴなどの野生のフルーツが熟して落ちた後、高い気温のせいで発酵した状態になっているところをアライグマが食べたせいではないかと専門家は語っている。

 昼間から泥酔したような状態で寝ているアライグマは見ると愛らしい感じもするが、どう猛な動物なので見つけたら動物保護センターに連絡を。

 

2019年9月12日 第37号

 カリブ海のバハマやアメリカのフロリダ州などに大きな被害をもたらした大型で強い勢力のハリケーン「ドリアン」が、7日にはカナダ東海岸州を直撃した。ノバスコシア(NS)州、プリンスエドワード島(PEI)州、ニューブランズウィック(NB)州で大きな被害が出ている。

 3州合わせて最大で約50万戸が停電となり、早急な復旧作業が続いている。また木が倒れたり、家屋などが壊れたりするなど、ドリアンの影響は3州で大きくなっている。 NS州ハリファックスの電力会社は、完全復旧には数日かかるとしている。8日朝の時点で約40万戸、同州の約80パーセントで停電したままで復旧にはしばらく時間がかかる見込み。

 PEIでは約75パーセントで停電したままで、NBは約8万戸で被害が出ている。直接ドリアンの通り道ではなかったケベック州でも約7000戸で停電している。

 ドリアンはアメリカ東海岸から北上し、カナダ東海岸のNS州サンブロに上陸した時には勢力が衰えていたものの、上陸直前にはカテゴリー2の勢力があり、最大で風速時速160キロメールあった。

 ドリアンはその後、ニューファンドランド&ラブラドール州を通過し、大西洋側に抜けた。

 

2019年9月12日 第37号

 アルバータ州バンフのレイクルーズにあるスキーエリアを約30パーセント削減する計画を承認したと7日、カナダ公園庁が発表した。レイクルイーズスキーエリア10年計画の一環で、環境を保護する目的がある。

 1年中を通して人気のある観光地として知られるバンフは、冬はスキー場として国内外からスキーヤーが集まってくるスキーリゾート地。中でもレイクルイーズは人気があるが、同時にこの辺りは貴重な動植物の生息域でもある。

 現在のスキーエリアの約30パーセントといえば、669ヘクタールにも上るが、グリズリーベア、クロアナグマ、シロイワヤギなどの貴重な生息域となっているため、カナダ公園庁が自然保護区として指定する必要があると判断したと声明を発表している。

 さらに冬期のスキーエリアだけではなく、夏期のハイキングシーズンのハイキングコース変更も計画に盛り込まれた。現在のコースよりも、さらに標高を上げたコースに変更するという。グリズリーベアの生息域を考慮しての変更と説明している。

 環境対策では他にも、パイプストーン川やコラル・クリークからの水のくみ上げを削減することも盛り込まれた。これまで人工雪造や消火活動、地域の生活用水として水不足の時などに使用してきた。今回のくみ上げ量削減で、この地域に生息する絶滅危惧種のニジマスなどを保護することができると説明している。 他にも、針葉樹のアメリカシロゴヨウなどの危惧種を保護するための投資も継続的に行っていくことを10年計画に盛り込んでいる。 今回の10年計画は、地元住民、先住民族、関係者などとの協議の結果、環境保護と安全性の改善のために必要との結論で合意したとカナダ公園庁は語っている。

 今回発表された計画の実行には、10年から12年はかかるとみられている。

 バンフ国立公園はカナダ初の国立公園で、国内で最も人気のある国立公園として知られている。

 

 

今週の主な紙面
9月19日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康・43…V-21
求人情報…V-4

詳しくは9月19日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ