2020年2月13日 第7号

 ブリティッシュ・コロンビア州北部でウェツウェテン先住民族が起こしたコスタル・ガスリンク社パイプライン建設反対デモに、警察が介入し逮捕者を出したことをきっかけに全国でデモが広がっている。

 BC州では、9日夜から10日早朝にかけてウェツウェテン先住民族を支持する人々がバンクーバー市とデルタ市にある港への道路を封鎖。貨物の運搬に支障が出るとして警察が介入し、約60人の逮捕者が出た。

 11日には州都ビクトリアで、この日から再開するBC州議会に合わせて、朝から先住民族の若者と支援者たちが州議事堂への出入り口を完全封鎖。議会が始まる前に入室できない議員も出た。しかし、副総督による施政方針演説は予定より1時間遅れながらも実施。BC州ジョン・ホーガン州首相の記者会見は中止となった。

 11日のバンクーバー市では、市議会前の交差点で午後2時ごろからデモが始まった。バンクーバーでも最も交通量が多いとされるキャンビーストリートとブロードウェイストリートの交差点が火曜日の午後完全に封鎖された。バンクーバー市警はバス会社や市民に迂回するよう呼びかけた。

 BC州中西部のスミザース近くでは鉄道を塞いだため、プリンスルーパート港へ出入りする列車に影響が出た。

 鉄道を塞ぐデモはオンタリオ州にも広がった。BC州のパイプラインに反対する先住民族を支援すると表明したティンディナガ・モホーク族が、ベルビルでカナディアン・ナショナル・レールウェイ(CN)が通行止めになるデモを7日から決行。線路を完全に封鎖をしていないが、デモの場所が線路に近すぎるため列車の運行ができず、トロント・オタワ間、トロント・モントリオール間が5日間にわたって運行停止となっている。貨物だけではなく、乗客が利用するVIAレールも停止し、州民らに大きな影響が出ている。オンタリオ州警察が交渉しているが、モホーク族代表はBC州ウェツウェテンから連邦警察が撤退しない限りデモを止めるつもりはないと語っている。

 ケベック州モントリオールでも同様のデモが実施された。

 連邦政府マーク・ガルノー運輸大臣は「列車が運行停止となれば経済への影響も懸念される」と語ったが、連邦政府が介入する段階ではないと、各州政府に対応を任せると介入には消極的な姿勢を見せた。

 

2020年2月6日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州保健省は、バンクーバー・コースタル・ヘルス担当区域内で新型コロナウイルスに感染したとみられる患者を確認したと4日発表した。

 BC公衆衛生局長ボニー・ヘンリー博士は、感染したとみられるのは50代の女性で、中国湖北省武漢の家族が女性宅を訪問中だったと明らかにした。

 女性は数日前に症状が出たため、病院で診察を受けたという。現在は経過観察で武漢からの家族とともに自宅待機となっていると説明した。

 ヘンリー博士は、武漢からの家族は中国で渡航禁止命令が発令される前に武漢を離れていたが、武漢での状況を考慮してバンクーバーでもなるべく人に接することがないように行動していたと説明。現在、家族が接触したとみられる関係者へコンタクトを取っていることも明らかにした。

 BC疾病管理センターで確認された今回の感染が、カナダマイクロバイオロジー研究所で確定すれば、カナダ国内では5例目となる。

 これまでの4人、オンタリオ州トロントで2人、ロンドンで1人、BC州メトロバンクーバーでの1人は、全員が発症する前2週間以内に武漢への渡航歴があった。しかし今回はカナダで感染した初の例となる。

 ヘンリー博士は、いずれのケースも感染が拡大するには至っておらず、これまでの連邦政府や州政府による対策が功を奏している結果と語った。

 新型コロナウイルスへの感染を防ぐ最も効果的な方法は、手洗いの徹底と、咳やクシャミをする時は腕で口を塞ぐことなど基本的なことと念を押した。

 新型ウイルスの感染症状が子どもや若者は比較的軽いとみられるため、インフルエンザが流行するこの時期は特にインフルエンザの症状がある子どもたちへの注意が必要と語った。

 

2020年2月6日 第6号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州南西部を襲った大雨の影響で、河川の氾濫や土砂崩れが相次いでいる。

 1月31日から2月1日未明にかけてBC州バンクーバー島南部やメトロバンクーバーでゲリラ豪雨のような大雨が発生、各地で河川の氾濫による家屋の浸水や土砂崩れ、道路の陥没などが報告された。

 バンクーバー島南部のカウチンバレー地区では緊急事態が宣言され、20人以上の住人が金曜の午後10時に避難を余儀なくされた。

 バンクーバー島南東部のハイウェイ1では、浸水で道路が2月1日早朝から数時間にわたって閉鎖される状況となった。

 メトロバンクーバーでは、サレー市南部からホワイトロックにかけて土砂崩れの影響でアメリカ・ワシントン州へ向かう列車の線路が土砂で覆われ、列車が不通となり貨物や乗客の足に影響が出た。

 土砂崩れは、サスクワッチマウンテン・リゾートへ続く途中でも発生、道路が塞がれたためスキー客らが足止めされた。

 1月31日深夜から翌朝まで続いた大雨は、多いところで130ミリリットルにもなったと報告されている。

 BC州南西部は1月に記録的な雨量となり、すでに地盤が緩んでいる上に短時間で大雨が降ったため、各地で大きな被害になったと専門家は説明している。

 

2020年2月6日 第6号

 先月大雪を経験したブリティッシュ・コロンビア州南西部が、再び雪に見舞われた。4日未明からメトロバンクーバーに降り始めた雪は、正午を過ぎても降り続け、通勤通学や飛行機の運航に影響を与えた。

 1月の大雪と違って、今回は地域によって降雪量が大きく異なった。バーナビー市のサイモンフレーザー大学やBCIT、サレー市クワントレン大学は休校となったほか、バンクーバーで午後から数校が休校となったが、その他の地域で休校となったところはほとんどなかった。

 道路状況も、各市で先月の教訓を生かして準備を進めていたこともあり、幹線道路では除雪され大きな影響は出なかった。トランスリンクもバスの運行に遅れなどがあるものの、大きな混乱はなかったと発表している。

 

2020年2月6日 第6号

 連邦上訴裁判所は4日、トランスマウンテンパイプライン拡張工事計画について原告の訴えを退ける判決を下した。

 同パイプライン拡張計画は、連邦政府が事業を進めているアルバータ州エドモントンからブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市までの既存のパイプラインを拡張する工事。2016年に自由党政権が計画を承認したが、2018年8月に関係する先住民族への説明責任と海洋環境への対策が不十分として、裁判所が承認を撤回した。連邦政府はこれを受け、再度先住民族との話し合いを進め、海洋環境への対策を改善したとして2019年に再度承認した。しかし、これに先住民族は政府の対応は不十分として再び訴えを起こしていた。連邦政府は、2018年5月にパイプラインをキンダーモーガン社から買収している。

 自由党政権は今回の判決について、政府として対応してきたことが認められたと記者会見でビル・モルノー財務相が語った。シームス・オリーガン天然資源相は、今回の決定でがっかりしている人たちもいると思うが、政府としてしっかりと対応したいと原告の先住民族にメッセージを送った。

 原告の先住民族の一つコールドウォーター・インディアンバンドのチーフ、リー・スパファン氏は、上訴するかも含めて他の先住民族代表らと対応を協議すると語っている。

 

 

今週の主な紙面
2月20日号 第8号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
この人にフォーカス 彫刻家 マイク・佐々木さん…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康…48…V-21
求人情報…V-4~5

詳しくは2月20日号 第8号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ