2018年11月22日 第47号

 カナダで初めて黒人女性の肖像画が描かれた紙幣が19日から公式に市場に出回ることを記念して、マニトバ州ウィニペグ市にあるカナダ人権博物館で式典が開催された。

 新10ドル札に描かれているのは、カナダの黒人女性ヴィオラ・デスモンドさん。1946年に仕事でノバスコシア州ハリファックスから移動中に立ち寄った同州ニュー・グラスゴーの映画館で、白人専用席で映画を観たとしたとして逮捕、拘留された。その後、彼女はこの差別行為に対して訴えを起こし、裁判では負けたものの、ノバスコシア州での人種隔離政策を廃止するきっかけとなった。

 ウィニペグの式典に参加したデスモンドさんの妹ワンダ・ロブソンさんは、「彼女が聞いたら、『そろそろ私の行為が知られてもいい頃よね』というでしょう」と言いながら、10ドル札を見たら誇りに思うに違いないと語った。

 カナダ銀行は紙幣の肖像画に初めて女性を採用することを決定し、一般から候補者を公募。今年3月にデスモンドさんの肖像画がデザインされた10ドル札を発表した。黒人が紙幣の肖像画となるのも今回が初めて。

 この日はノバスコシア州ハリファックスでも式典が開催された。ノバスコシア州は2010年に州副総督が公式にデスモンドさんへの行為を謝罪し、彼女の前科を取り消している。

 

2018年11月22日 第47号

 長引くカナダポスト労働組合ストライキの解除に向け連邦政府が介入する可能性が出てきた。パトリシア・ハイデュ雇用・労働力開発・労働大臣が20日、特別調停役を任命し数日中に労使交渉が合意に至らなければ、国会に職場復帰の動議を提出すると発表した。

 カナダ国内では10月22日からカナダポストと労働組合(CUPW)が労使交渉の決裂から組合側がストライキに突入した。

 今回のストライキは市町村単位で実施され全国一斉ではないため、ストライキが実施されていない都市では集配が行われている。ただ配達が大幅に遅れている。

 カナダポスト側はこれまで、新しい条件の提示やクリスマスシーズンを挟んでの一時的なストライキ休止などを提案したが、いずれも組合側が拒否。カナダポストが交渉の席に応じない限り合意はないと主張していた。

 この日の労働大臣の措置でようやくストライキ解除に向けて動き出すことになる。ただカナダポストはすでに配達されていない郵便物の量が非常に多くなっているため、今後配達にどれくらいの遅れが生じるかは見当がつかないと発表。すべての未配達分を処理して通常に戻るのは1月末くらいまでかかるのではないかと予想している。

 国内では今週末にオンラインショッピングが1年で最も活発化するブラックフライデー、サイバーマンデーを迎える。その先にはクリスマス商戦が控えている。カナダポストを利用する場合は、こうした事情を考慮するよう呼びかけている。

 

2018年11月22日 第47号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州で現在行われている選挙改革に対する住民投票で、BC州選挙管理委員会は州民に対し早めの投票を呼び掛けている。

 住民投票は郵送による投票が行われている最中で、締め切りは11月30日。同日午後4時30分までに投票用紙がBC選管委に到着していなくてはならない。しかし現在カナダポスト労働組合がストライキに入り集配が通常より遅れているため、なるべく早くに投函するよう促している。

 必要ならば投票期間の延期も考慮すべきとの声も上がっている。

 BC州では現在、小選挙区制で実施されている現行の投票制度を、比例代表を取り入れた制度へと変更するかどうかの住民投票が行われている。

 選管委の発表によると、投票率は非公式ながら18パーセントとかなり低いという。ただ住民投票に最低投票率の設定がされていない。しかし投票制度の変更という重要な選挙制度改革の住民投票率が20パーセント以下となれば、州民の支持を得たとは言い難い。

 これからどこまで投票率が伸びるか。カナダポスト労働組合のストライキと合わせて注目される。

 

2018年11月22日 第47号

 ブリティッシュ・コロンビア州政府は19日、ウーバー(Uber)やリフト(Lyft)などの自動車配車サービス(通称ライドシェア)を早ければ2019年秋にも営業開始できると発表した。

 同日に乗客運輸修正法を議会に提出。BC州のタクシー業界の再編に着手するという。しかし、実際にライドシェアサービスがBC州で開始されるかははっきりしない。

 乗客運輸委員会への登録受付が始まるのが2019年9月。ただ営業許可が下りるまでにどのくらいの期間がかかるのか、登録数に制限があるのか、料金はどうなるのか、市をまたいだ営業はどうなるのかなど、不透明な部分が多い。

 世界的にライドシェアを運営するウーバーのカナダ西部地区担当者は、制限が多いことに懸念を示している。カナダの他の都市では、料金設定や登録数などの制限を州政府が行うケースはないと語っている。

 BC州政府クレア・トレベナ運輸大臣は「委員会が申請書を迅速に処理することを期待している」と語り、制限が多いことについては州内での利用者の安全を第一に考えているためと語っている。

 しかし自由党アンドリュー・ウィルキンソン党首は、新民主党(NDP)政府がライドシェア制度の成功を望んでいないため規制を強めているだけと批判している。自由党政権時代には2017年にライドシェアを開始すると発表していた。

 ライドシェアについてはタクシー業界の強い反発がある。しかしバンクーバーでは、タクシーがつかまらなかったり、タクシー運転手のマナーが悪かったりと、タクシー業界への苦情が相次いでいる。タクシー不足は旅行者からも不満が出ているため、何らかの解決策が迫られている。

 

2018年11月22日 第47号

 ブリティッシュ・コロンビア州政府は20日、2040年までに軽量乗用車・トラック販売全車を排出量ゼロ車とすると発表した。来年の議会に法案を提出する。

 新しく販売する自動車が対象で、段階的に割合を増加し、2040年までには販売する全車を排出量ゼロ車とするという。

 まずは2025年までに販売車の10パーセントを排出量ゼロ車とし、2030年までに30パーセントに、そして2040年には100パーセントとする。

 排出量ゼロ車には、電気自動車や、その他のガソリン以外の燃料を使用する自動車が含まれる。

 BC州政府ジョン・ホーガン州首相は声明で「我々はクリーンエネルギー車をより購入しやすい価格で、手軽に購入できるようにしなければならない」と語り、周辺設備やインセンティブ(政府による還元)を充実させる必要があると語っている。

 

 

今週の主な紙面
12月13日号 第50号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~6

詳しくは12月13日号 第50号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ