2020年3月12日 第11号

 カナダ統計局は6日に2月の雇用統計を発表、雇用者数は3万3百人増加したが、失業率は0・1パーセント悪化して5・6パーセントだったと報告した。雇用が大幅に増加したにもかかわらず、失業率がやや悪化したのは、労働市場に参加した人が多かったためと分析している。フルタイムは3万7600人増、パートタイムは7300人減となった。業種別では製造業が1万6千人増、小売業が2万3千人増、専門・科学・技術サービスは1万5千人減、宿泊飲食業は1万3千人減となった。

 今回の統計に新型コロナウイルスの影響が反映されているかは不明だが、専門家によると今回の数字は市場や中央銀行にとっては、政策に反映するほど重要なものにはならないだろうと分析している。カナダ銀行は4日に政策金利を0・5パーセント引き下げ、スティーブン・ポロズ総裁は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に対応するために、5年前に原油価格が下落した時に取ったようにカナダ経済への緩衝剤としての役割を果たしていくと語っている。

 地域別の失業率はケベック州が0・6パーセント改善して4・5パーセントと最も低く、ブリティッシュ・コロンビア州は0・5パーセント悪化して5・0パーセントだった。原油価格下落の影響が心配されるアルバータ州は、0・1パーセント改善して7・2パーセントとなったが、来月には今月起こった原油価格暴落の影響が出ると思われる。オンタリオ州は0・3パーセント悪化して5・5パーセントだった。主要都市では、バンクーバーが最も低く4・4パーセント、トロントが5・4パーセント、モントリオールが5・5パーセント、カルガリーは7・4パーセントだった。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/