2020年3月12日 第11号

 カナダ国内でデイライトセイビングタイム(DST)一般的にいわれるサマータイムが3月8日から始まった。これまで3月第2週日曜日午前2時に1時間早め、11月第1日曜日午前3時に時間を元に戻すという時間変更について、さまざまな身体的、精神的な弊害が議論されている。こうした流れを受けてか最近はサマータイム制度そのものを廃止する動きが加速している。

 アルバータ州では昨年DSTについての調査を実施。今月6日にその結果を発表した。調査には14万1千人が参加し、91パーセントの州民が1年中DST実施に賛成したと報告した。同州ジェイソン・ケニー州首相は、州民の意見には個人的に賛成としながらも、他の州や専門家などの意見も聞いて最終決定すると語った。

 カナダ、アメリカではサマータイム制度の廃止には、2つの動きがある。一つはDSTを廃止するというもの、もう一つは1年中DSTにするというものだ。

 アルバータ州で支持を受けた「1年中DST」が現在の一般的な動きで、ユーコン準州では今月4日に準州政府が1年中DST導入を公式に発表した。昨年の調査で70パーセントが賛成していると理由を説明している。カナダでは初めてとなる。

 BC州でも同様の調査が昨夏に実施された。昨年9月10日にBC州政府が公表した調査結果によると、州民の93パーセントが通年サマータイム制に賛成。そして10月31日にはNDP政権が通年サマータイム制導入に向けた法案を提出。準備を進めている。しかし今月4日の会見でBC州ジョン・ホーガン州首相は、この3月の時間変更が最後になるかどうかは微妙と語った。アメリカ西海岸の3州と足並みを揃えることが重要との考えを示し、「BC州はアメリカの法律に縛られているわけではないが」と言いながらも、アメリカの動向を注視すると語った。

 アメリカのワシントン州、オレゴン州ではすでに通年DST法案が議会で通過しているが、アメリカでは連邦議会の承認が必要となる。カナダの場合は州独自で決定できるため、導入しようと思えばいつでもできる状態ではある。

 アメリカがどう動くかはどうやら今秋のアメリカ大統領選次第。その前にBC州民からDST導入の声が大きくなれば独自で動く可能性もあると語った。BC州の一部の地域やサスカチワン州ではDST制度は導入されていない。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/