2020年3月12日 第11号

 BC州衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士が7日の会見で、クルーズ船ツアーへの参加回避を要請したのに続き、9日には連邦政府保健省カナダ公衆衛生局長テレサ・タム博士が、クルーズ船のツアー参加を回避するよう要請する異例の声明を発表した。

 この日パティ・ハイデュ保健相、フランソワーフィリぺ・シャンパーニュ外相とともに記者会見したタム博士は、横浜に停泊していたダイヤモンドプリンセスの例や、最近アメリカ・カリフォルニア州沖で航行しているグランドプリンセスで感染者が確認されていることなどから、現状を考慮してクルーズ船ツアーへの参加を回避するよう国民にアドバイスした。

 カナダでは、現在はイランから帰国した感染者が最も多いが、徐々にアメリカから帰国、入国した感染者が増えている。なかでも2月にグランドプリンセスのツアーに参加した帰国者が相次いで感染が確認されている。10日のBC州での会見で、ヘンリー博士は4月から始まるバンクーバー、ビクトリアでのクルーズシーズンを控え、クルーズ船の寄港は連邦政府の管轄だが、BC州保健省として「クルーズシーズンの開始は延期することが望ましい」との見解を示した。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/