2019年9月12日 第37号

 土砂崩れでサーモンの遡上がせき止められていたフレーザー川で6日、サーモンが自力で遡上していることが確認されたとブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府が発表した。約1万8千匹のサーモンが自力でフレーザー川の土砂崩れ箇所を遡上したという。

 土砂崩れが確認されて以降、サーモンの遡上が妨げられていることが分かり、ヘリコプターやトラックを使って土砂崩れの下流側から上流側へ人力で運ぶ作業が続けられていた。運ばれたサーモンは、サッカイ、チヌック、ピンク、コーホーなどで約5万2千匹を運んだという。

 BC州政府によると、人力でのサーモンの移動を継続しつつ、サーモンが自力で遡上できる道筋を作っていく予定としている。

 BC州ではこれからがサーモン遡上のシーズン。今後もフレーザー川に海から続々と戻ってくると予想されている。ただ今年は産卵のためにBC州の川に戻ってくるサーモンの数は過去最低になるのではないかと予想されている。

 特にサッカイサーモンは、カナダ水産海洋省によると約500万匹戻ってくると試算されているが、これまでのところ55万6千匹しか戻っていないという。

 今年のフレーザー川の水位は例年より7パーセントも低く、水温は2度高いと発表されている。BC州でのサッカイの遡上数は年々減少傾向にあると言われ、その要因には気候変動や乱獲、生息域の破壊などがあげられている。

 BC州に戻ってくるサーモンの数が減る一方で、アラスカ州では3年連続の増加となっていることも分かっている。

 サーモンの遡上はBC州の秋の風物詩。これからもサーモンがBC州に戻ってくるには行政や漁師などとの協力が必要と専門家は語っている。

 

2019年9月5日 第36号

 今年10月に実施される総選挙を前に、各党が有権者にさまざまな公約を発表しているが、ここにきて携帯電話料金も争点の一つに浮上してきた。

 ジャスティン・トルドー首相は8月26日、「国民はすでに高いインターネットや携帯サービス料金を支払っているため、これ以上払うべきではないとの認識を持っている。そのため自由党は全ての国民に公平なシステムを提供できる方法を考慮する予定だ」とフランスで開催されたG7の記者会見の席でデジタルサービスへの課税に関する質問に答えた。

 カナダの携帯料金は他の先進国に比べて一般的に高いといわれている。新民主党(NDP)は早くから公約に携帯料金引き下げ策を盛り込んできた。今年6月には「料金の上限」を設けると発表、それにより月々10ドルは安くなると試算している。NDPの政策が実施されればカナダでの料金はOECD加盟国36カ国の平均料金とほぼ同じとなるという。

 自由党は明確な料金引き下げ方法は発表していないが、料金の上限設定か、大手通信会社に小規模プロバイダーへアクセス許可を与えるよう義務化するなどの方法を検討していると語っている。

 カナダ国内の携帯料金については前保守党政権時代から機会があるたびに料金値下げ策を各党が訴えていた。現在は以前に比べて緩やかに下落していると報告されているが、依然として高い水準にある。

 ウォールコミュニケーションが連邦政府の依頼によりまとめた先進7カ国にオーストラリアを含めた8カ国の携帯料金(2ギガのデータ量と全国かけ放題電話料を含む平均的1カ月料金)では、最も高いのは日本で約80ドル。次いでカナダ75ドル、アメリカは61ドル、オーストラリアは25ドル、最も安いのはイタリアで21ドル。

 カナダでは通信大手3社、ベル、ロジャーズ、テラスで市場の約90パーセントを占めている。今回各党が選挙公約に携帯料金引き下げを掲げていることについて、料金の引き下げが強要されれば、これから5G時代に入るための準備に必要な資金が減少すると猛反対している。

 今や携帯は国民の生活になくてはならない必需品。カナダラジオテレビ電気通信委員会(CRTC)によると、全国の低所得者層世帯20パーセントで携帯料金が家計の9パーセントを占めていると発表している。

 

2019年9月5日 第36号

 オンタリオ州政府は連邦自由党が導入した炭素税は違憲として連邦最高裁判所へ上訴することを8月28日に発表した。

 今年6月にはオンタリオ州上訴裁判所がオンタリオ州の主張を棄却、同州政府は上訴するか検討するとしていた。

 炭素税は自由党政権が温室効果ガス削減対策として力を入れている政策。各州に独自の炭素税か同等の環境対策を導入するよう義務付け、導入しない州には強制的に連邦自由党政権の炭素税を今年4月から実施すると強硬な姿勢を貫いた。

 連邦炭素税を強制導入されたのは、オンタリオ州、サスカチワン州、マニトバ州、ニューブランズウィック州。この中で、オンタリオ州以外に、サスカチワン州、マニトバ州、そして炭素税が導入されているが廃止を検討しているアルバータ州が提訴している。

 環境問題は10月の総選挙でも争点の一つだが、保守党は政権を取った場合は自由党の炭素税を廃止し、より効果的な環境対策を講じると発表している。

 

2019年9月5日 第36号

 連邦新民主党(NDP)にとって今年10月の総選挙は厳しい戦いになると予想されているが、ケベック州に続きまたもグリーン党への党替えが起こった。

 今回はニューブランズウィック(NB)州。2018年NB州選挙でNDP候補として出馬した党員14人が今度の連邦総選挙でグリーン党を支持すると9月3日に発表した。

 東海岸州では州議会でグリーン党の勢いが増している。NBもその一つ。昨年の選挙ではグリーン党が3議席を獲得した。今回の党替えに連邦レベルで勢いを増すエリザベス・メイ党首が率いるグリーン党に将来性を見出したと説明している。

 ただ14人がグリーン党として連邦総選挙に出馬するかは分かっていない。グリーン党はすでにNB州全選挙区のうち半分で候補者を擁立している。

 一方NDPはNBだけではなくプリンスエドワード島(PEI)州でも、まだ一人の候補者も擁立していない。NDP広報は近いうちに候補者を発表するとしているが、公式な選挙戦突入はもう数日後に迫っている。

 東海岸州ではほぼ全滅の様相を呈しているNDP。この日は党のスローガンをようやく発表したばかり。残り6週間しかない選挙戦期間で、これから盛り返せるか厳しい状況となっている。

 

2019年9月5日 第36号

 「カラスのカナックが行方不明」と嘆いているのは、自称カナックの親友ショーン・バーグマンさん。8月30日から帰って来ないと9月2日に投稿したフェイスブックで語っている。

 カナックはブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバー市在住で事件現場に現れてはナイフを盗んでいく姿が人々の注目を浴び有名になった。今ではすっかり人気者で、バーグマンさんはカナックのSNSアカウントも作ったほど。

 バーグマンさんによると、カナックはこの2年間一度も2日以上帰ってこなかったことはないという。つがいのキャッシャーも寂しがっているとほとんど涙声で語っている。もし誰かカナックを捉まえたのであれば、放してほしいと訴える。カナックの足にはオレンジとメタルの輪が付けられているという。

 もし見かけたならぜひ連絡してほしいと協力を要請している。

 

 

今週の主な紙面
9月19日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康・43…V-21
求人情報…V-4

詳しくは9月19日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ