頭がオオカミで身体が人間という“5匹”組の日本初人気ロックバンド、MAN WITH A MISSIONが9月23日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市のThe Imperialでライブを開催した。今号では、そのライブの模様をお伝えする。

9月21日、バンクーバー仏教会ホールで、バンクーバー新報社主催による詩吟愛好者交流会が開かれた。バンクーバー周辺では現在、詩吟の3つの流派が活動しているが、この催しは流派を超えて詩吟を愛する人たちが交流することを目的としている。その他に、箏、尺八、三味線などの演奏、沖縄太鼓、日本舞踊、フラダンスとさまざまなパフォーマンスで彩られた。

今年も日本映画がバンクーバー国際映画祭へやってくる。1982年にノンプロフィット団体として発足し、毎年BC州の映画産業を推進させているバンクーバー国際映画祭。

8月22日、バンクーバーにあるMOSAICで日加ヘルスケア協会主催の座談会が開かれた。今回は、バーナビー・ジェネラル・ホスピタルに勤務するナースプラクティショナーのスティーブン橋本さんを講師に迎えて、胃と腸の主な病気の症状や予防法、大腸がんのテストについての説明がおこなわれた。約30人の参加者は熱心に耳を傾け、質問も多く寄せられていた。(メディアスポンサー:バンクーバー新報)

ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館(以下日系センター)で、8月31日と9月1日に第7回目となる日系祭りが開催された(メディアスポンサー:バンクーバー新報)。2日間で約14000人の入場者が訪れ今年も盛況となった。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。