日系祭りが9月1日(土)、2日(日)の2日間、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で開催される。今年はスペシャルゲストとして日本から伊賀忍者の知之助さんが特別出演し、 解説とデモンストレーションを行う(2日、午後2時)。

カナダの歴史と文化がしっかり詰まった首都オタワ。夏になると、赤やピンクや黄色といった色鮮やかなハンギングフラワーが軒先にずらっと並び、ダウンタウンを歩くだけでも、童話の世界に飛び込んでしまった気分になる。ネオゴシック様式の立派な建築物や、ヨーロッパ風のカフェにショップ、そしてたびたび耳に入ってくるフランス語。西海岸から観光にきた人たちは「ここは本当にカナダ?」と驚くほどだ。本紙では、オタワのオススメ観光スポットを紹介する。

第42回パウエル祭は8月4日・5日に、戦前日本人街のあったオッペンハイマーパーク周辺を会場に開催され、様々なパフォーマンス、アクティビティ、食品ブース、フードトラック、クラフト販売などが楽しめる。(メディアスポンサー:バンクーバー新報)

9月13日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市内のマイケルJフォックス・シアターで宝塚歌劇団OG公演『World of Dreams』が開催される(メディアスポンサー:バンクーバー新報)。

出演は、宝塚歌劇団で活躍してきた4人の大スターたち。『すみれの花咲く頃』はもちろん、『ベルサイユのばら』や往年の人気作品の名シーンや名曲を抜粋した2時間のショー。きらびやかなレビューの到来に、早くも注目が集まっている。

例年、建国記念日である7月1日のカナダデーには、バンクーバーのダウンタウンでパレードが行われてきたが、今年は、グランビルアイランドで実施された。参加グループは23と規模は縮小したが、祭り好きの心意気は、今年も盛大であった。なかでも日本人グループは、他を圧倒。舞踏家の平野弥生さんが率いるYTM(YAYOI THEATRE MOVEMENT)グループが23人、沖縄太鼓のグループが5人、清野健二さんが率いるお神輿(みこし)グループ晩香坡櫻會(バンクーバーさくらかい)が、担ぎ手とサポーターをあわせて80人が参加。パレードが出発した午後1時半には祭りの歓声が、朝からの曇り空を吹き飛ばし、真夏の空に。

 

今週の主な紙面
11月22日号 第47号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
オタワ便…V-11
$5クッキング…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは11月22日号 第47号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ