日本で発祥したビブリオバトルがバンクーバー公立図書館(VPL)で開催される。ビブリオバトルとは日本全国に広がっている話題の書評ゲーム。簡単なルールでパワーポイントなども利用せず、生の語りで本を紹介すれば読書がスポーツに変わる。

バンクーバーでは11月23日(土)、バンクーバー公立図書館 ダウンタウンにて、初のビブリオバトルが開催される。

10月11日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市のマイケル・J・フォックスシアターで、沖縄の太鼓パフォーマンスグループ「鼓衆若太陽」(ちじんしゅうわかてぃだ)の公演が行われた。このイベントは沖縄からやってきた鼓衆若太陽、ミュージシャン&プロデューサーの日出克(ひでかつ)さんだけでなく、現在オーストラリア在住の三線ボーカリスト美音(みおん)さん、地元バンクーバーで活躍するギタリストの中島有二郎さんもゲストとして出演した。また羽鳥隆在バンクーバー日本国総領事も登壇し、開催を祝す挨拶を述べた。(メディアスポンサー: バンクーバー新報)

11月9日、アルメニアの作曲家コミタス・ヴァダペット生誕150年を祝うピアノ・リサイタルが開催される(主催:ブリティッシュ・コロンビア州アルメニア文化協会、メディアスポンサー:バンクーバー新報)。ピアニストはオランダ在住の七條恵子さん。コミタスの音楽に詳しい七條さんは、主にヨーロッパで活動するフォルテピアノ・スペシャリストである。来加を前に話を聞いた。

世界中のスキーヤーとスノーボーダーが憧れるウィスラー。

2つのスキー場を合わせたコース数は200以上もあり、最長コースは11キロもある。 近年、新しいゴンドラの開発で、コースからコースへのアクセスは抜群に良く、世界中のスキーヤー、スノーボーダーを虜にしている。

スキー場のために計画的に開発されたビレッジの街並みも美しく、ゴージャスなウィンター気分で至福な時間を味わえる。

そんなウィスラーにはバンクーバーから2時間ほどで行けるので、今年こそ絶対行きたいものだ。憧れのウィスラーの滑り方をご紹介しよう。

10月のイベントといえばハロウィン。近年、日本でも大々的にお祝いをするようになっているが、カナダには1800年代にアイルランドとスコットランドからの移民が持ち込んだ、歴史あるイベントだ(The Canadian Encyclopedia https://www.thecanadianencyclopedia.ca)。同サイトによれば、北米で最初にハロウィンの仮装が行われた記録は、ここバンクーバー。現在ではクリスマスに次ぐ大イベントになっている。今回はバンクーバー周辺で行われる、ハロウィンイベントをご紹介しよう。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。