日本人が愛してやまない桜。でも、桜が好きなのは日本人だけではない。バンクーバーの人たちも、桜の開花を心待ちにしている。

毎年93ヵ国から約百万人が訪れるというスカジットバレー・チューリップフェスティバル。開催されるのはバンクーバーから南へ約100キロ、米国ワシントン州にあるスカジットバレーで、バンクーバーとシアトルのほぼ中間地点だ。

4月1日から30日まで行われる、スカジットバレー・チューリップフェスティバル。1984年に始まった当初は3日間の小さなイベントだったが、見渡す限り、色鮮やかなチューリップが咲き揃う圧巻の光景は、訪れる人を魅了。どんどん規模が大きくなっていった。

3月7、8、9日の三日間、「ラブ、ホープ&ニューライフ」と題し、東日本大震災関連の講演会、パッチワークの制作展示、音楽会のイベント(メディアスポンサー・バンクーバー新報)が、バンクーバーのユニタリアン・チャーチで開催された。のべ約230人が参加したこのイベントには、「内容が充実していた」「マルチカルチャーのカナダらしい会だった」「台湾コミュニティーの貢献が素晴らしい」とのポジティブな感想が多数寄せられた。

今年で30回目となるBC州日本語弁論大会が、3月3日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市にあるサイモン・フレーザー大学(SFU)のハルパーンセンターで開かれた。高校生部門8人、大学生・一般部門19人が出場し、自分たちにとって母国語ではない日本語を使って堂々と自分の考えを発表した。

「ただの物忘れなのか、認知症なのか」「認知症と診断されるのが怖い」——普段の生活のなかで物忘れにかかわる疑問や不安がある。その気持ちをオープンに語り、医師から適切なアドバイスを得る機会、それが2月23日に開催された田中朝絵医師を講師に迎えた隣組のシニアライフセミナー(メディアスポンサー:バンクーバー新報)「認知症に関する正しい知識を身につけよう!」だった。

 

今週の主な紙面
6月14日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
リッチモンド「Doors Open」&スティーブストン日本語学校卒業式…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
VSO バンクーバー交響楽団音楽監督ブラムウェル・トービー氏を見送るガラ・コンサート開催…V-14
ゴールラッシュで久々のホーム白星!!チームは6月2連勝…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月14日号 第24号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ