毎年、BCデーの週末の土日に開催される、パウエル祭。今年も8月3日(土)と4日(日)にバンクーバー日本語学校並びに日系人会館とその周辺、アレキサンダーストリートとジャクソンアベニューが交差する地域で行われる。今年は例年とは異なり、オッペンハイマーパークは会場となっていないので注意したい。会場周辺は、戦前、日本人街があったことでも知られている。今年も太鼓、歌、ダンスなどの様々なライブ・パフォーマンス、劇団、座・だいこんの公演、武道のデモンストレーション、アクティビティ、たこ焼きをはじめとするお祭りでお馴染みの屋台、食品ブース、フードトラック、アジアンテイストのクラフトの販売と、盛りだくさんの内容だ。

 カナダで初めて開催されるカナダ、日本、アメリカを代表する大学野球チームによるトーナメント“Collegiate Baseball Classic Tournament”がいよいよ3週間後に迫った。チケットの販売も開始。各チームの気合も十分だ。

6月29日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市のロブソンスクエアーで長野県観光プロモーションイベントが開催された。長野県からは北佐久郡軽井沢町、上田市、長野市、松本市より、藤巻進軽井沢町長や各市観光協会の職員ら総勢11名が参加し、会場を盛り上げた。また、羽鳥隆在バンクーバー日本国総領事もかけつけ、イベントの様子を見守った。イベント会場では、浴衣や甲冑(侍や武士が身に着ける日本の伝統的な防具)を身に着けての写真撮影や、折り紙で作られた手裏剣を段ボールのくり抜かれた部分(的)へ投げる「手裏剣ゲーム」、回転式抽選器による抽選会等が行われ、参加者を楽しませた。北佐久郡軽井沢町は、ブリティッシュ・コロンビア州ウィスラー市と姉妹都市提携を結び、今年で20周年となる。これを記念して、北佐久郡軽井沢町が上田市、長野市、松本市を引き入れ、欧米では第一弾となる長野県観光プロモーションイベントの開催が実現したという。また、このイベントは翌日、ウィスラーオリンピックプラザでも開催された。

6月17日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市のDunbar Community Centreで、Vancouver Arts Colloquium Society (以下、VACS)代表の本田惠子さんが主催する、「IKIGAI」 ワークショップ第2回目が行われた。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。