2020年3月26日 第12号

新型コロナ肺炎による外出自粛により、レストランやパブ、映画館、そして食料品店以外の店舗は多くが休業。フィットネスジムやコミュニティセンターも閉まっている。政府等では、散歩やサイクリングなどで外に出る際には、ソーシャルディスタンスとして2メートル以上、人との間隔を置くことを強く求めている(3月22日現在)。

 

︎森の中を歩くLower Fallsまでの道

 

 バンクーバー市内からは車で約1時間と遠いゴールデンイヤーズパークなら、さほど人もいないかもと考え、3月21日に出かけてきた。ゴールデンイヤーズパークはBC州でも最も大きい州立公園のひとつで、メープルリッジにある。夏のキャンプ場として人気だが、春の初めは白い雪を冠した山が美しい。

 広大なゴールデンイヤーズパークには多数のハイキングトレイルがある。今回は約12キロと距離はあるものの、比較的なだらかなビューポイントビーチまでのループコース、ゴールデンイヤーループを歩いた。出発点はゴールドクリーク(Gold Creek) 駐車場。ゴールデンイヤーズパークの駐車場でも最も奥にあるので、州立公園に入ったらそのまま一本道を突き当りまで進もう。

 この日は10時過ぎには到着したのだが、新型コロナ肺炎による外出禁止令を恐れてか、既にたくさんのハイカーが訪れていたようで駐車場の最後のスポットを確保。駐車場横にはトイレがあるが、新型コロナでメンテナンスをしていないそうだ。トイレを使用するときは、ソーシャルディスタンスに気を付けよう。

 まずはLower Falls Trailの標識を探す。West Canyon Trailから時計まわりに回るルートもあるが、川の東側から歩くことにした。トレイルへの入口からLower Fallsまでは川の水音が心地良い。森の中からときおり山が見える。1キロほど行くとLower Fallsに到着。さほど大きな滝ではないが、マイナスイオンを浴びてリラックスすることができた。

 Lower Trailで休憩したら、右側に進むトレイル(Connector Trail)がある。ここからは少し上ることになるが、上りは長くはなかった。Connector TrailはEast Canyon Trailとつながるので、左折してさらに山の奥に入っていく。読者の方でこのルートに挑戦して、この辺りで疲れたなという場合は、右折して駐車場に戻ってもいいだろう。

 しばらく行くと橋がある。橋で記念撮影したら、またEast Canyon Trailに戻り、引き続き約1キロ山に向かうと、ビューポイントビーチ(Viewpoint Beach)が見えてくる。ウォークインキャンプサイトでもあるので、河原も広く、開放感があった。ビューポイントと名付けられているだけあり、Golden EarsとRaven Peakの眺望が壮観だ。

 ビーチには私たち以外のハイカーもいて、写真を撮ったり、ランチを食べていたが、広いので十分距離を取ることができた。

 帰りは同じ道のりを戻って良し。あるいはConnector Trail Loopに行かずに、まっすぐEast Canyon Trailでも駐車場まで戻ることができるが、私たちはWest Canyon Trailで戻ることにした。実は当初の予定では、さらに山に向かってHalfmoon Beachまで行きたかったのだが、Viewpoint Beachまでの道ほど、トレイルマーカーが明確ではなく、草木が生い茂っていて、どこがトレイルかもわかりづらかったため断念した。

 靴を脱いで川を渡って対岸まで行く人もいたが、橋まで戻ると川の西側に行くことができる。橋を渡ったらWest Canyon Trailの標識に沿って駐車場に戻る。West Canyon Trailは途中でクリークのルックアウトがあったりして、East Canyon Trailよりも山を上ることになる。途中で、Alder Flatsへの上り坂が見える。時間と体力に余裕があれば、Alder Flatsにも行くこともできる。

 West Canyon Trailは道幅がEast Canyon Trailより狭く、かつハイカーも多かったが、例えばグラウスグラインドやドッグマウンテンのような人気のハイキングコースと比べるとずっと少ない。ただ、戻ってきて驚いたのは、車の多さ。午後2時前だったが、駐車場に入りきらなかった車が道沿いに並び、また出る車と入る車で渋滞していた。

ゴールデンイヤーループ(Golden Ear Loop)
ビューポイントビーチからウエストキャニオントレイルで駐車場に戻って、全長12キロ。
現在、ゴールデンイヤーズ州立公園は8:00 am〜5:30 pmまで。5:30pmにはゲートが閉まるので注意しよう。州立公園のオープン状況は常に変わっているので、行く前にはBCパークスのウェブサイトでチェックして欲しい。
http://www.env.gov.bc.ca/bcparks/explore/parkpgs/golden_ears/

(文 西川桂子)

 

︎East Canyon Trailでは他の人とはほとんど会わなかった

 

︎白い雪を冠した頂がダイナミック

 

︎ブリッジが途中で見えてくる

 

︎ブリッジからの一枚

 

︎絶好の記念撮影スポットでもある

 

︎ゴールデンイヤーループのトレイル地図

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。