サーフィンと同じようなボードの上に立ち、パドルを漕いで水上を静かに進むスタンドアップ・パドルボード。ハワイ発祥のこのスポーツ、不安定なボードの上でバランスをとり続けることから、体全体を使うエクササイズとしても注目を集め愛好家が増えている。

 そんなスタンドアップ・パドルボードを用い、5年前からヨガクラスを始めた女性がブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーにいる。

 彼女の名前は、クリスティ・ライト・シェルさん。クラスを開始してから2年ほどは、そもそもスタンドアップ・パドルボードの知名度が低かったこともあり、どんなヨガなのか理解してもらえなかったと話している。

 しかし最近では略称のSUPヨガという言葉もはやりだし、クラスの参加者は年々倍増しているという。たまたまスタンドアップ・パドルボードの大きさがヨガマットと同じぐらいであったことから、ボードを見たヨガ愛好家が「この上でもヨガができそうだ」と思ったのが、このヨガの始まりではないかと笑いながら話していた。

 どのようなレベルの人でもSUPヨガに挑戦できるが、特に季節的にヨガを楽しむ人の間で、このヨガが人気だとシェルさん。

 彼女によれば、不安定なボード上でバランスをとり続けるため、体幹やバランスをとる筋肉のトレーニングになり、ヨガのステップアップに寄与するという。このヨガを始めたばかりの人はよく、足が震えっぱなしだと口にするが、これはこうしたバランス筋肉が覚醒してきた証拠であり、体全体のトレーニングには最適だとシェルさんは説明する。

 また常に変化する海は、どんなレベルのヨガ経験者も謙虚にさせるともいう。5年前には若干20人だった受講者も、今では約400人がスタンドアップ・パドルボードに適した季節の5月から10月の間に彼女のもとを訪れるという。

 『カナダにおけるヨガの首都』を自負するバンクーバー。SUPヨガもしっかりこの地に根付いたようだとシェルさんは取材に答えている。

 

System.String[]

 アルバータ州の高速道路沿いを、フェースペイントをほどこした男が拳銃を振りかざして走っているとの通報を受けた警察官が現場に急行したところ、それが実はキャンペーンのためにマラソンでカナダを横断中の先住民の男性だったことがわかった。

 この男性は、通称「カリブー・レグ」と呼ばれているブラッド・ファースさん。5月にバンクーバーを出発し、先住民女性が殺されたり行方不明になったりしていることへの関心を高めてもらうために、東海岸のセント・ジョンズまでをマラソンで走っている最中だった。実は彼自身、妹を昨年夏に亡くしている。

 現場にはパトカー3台が駆けつけるものものしさだったが、ファースさんが先住民の正装を身につけ、手にはハンド・ドラムを所持しているだけだったことを確認すると、このような通報があって駆けつけたと理由を彼に説明、とくに何の罰金も科さずに立ち去った。

 今回で5回目となる彼の長距離マラソン。昨年はバンクーバーからオタワまでを走破し、ユーコン準州のピール川流域保全のための基金集めと政治家への陳情を行った。この時もオンタリオ州内の高速道路沿いをマラソン中に、何回か地元警察に職務質問されている。

 そもそも、ファースさんがマラソンに目覚めたのは、あるバンクーバー市警察の警察官の一言がきっかけだった。当時ホームレスで麻薬中毒だったファースさんは、よく警察官の追跡を振り切っていたが、そんな彼に1人の警察官がかけた言葉が、「これはお前の才能だな」だった。

 それからファースさんはバンクーバー・ファルコン・アスレチック・クラブに加入、ほどなくしてバンクーバー市のトップマラソン・ランナーになった。彼はマラソンで自己を立ち直らせた。彼の当面の目標は、ジャスティン・トルドー首相と並んで走り、殺されたり行方不明になったりしている先住民女性の調査について語ることだという。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州デルタ市の泥炭地で3日火災が発生し、付近の工業団地や高速道路が閉鎖された。

 バンクーバーの南にある、広さ約30平方キロメートルの泥炭地、バーンズ・ボグで火災が確認されたのは3日正午前。一時は80ヘクタールほどに燃え広がった火災による煙が空高く立ち上る様子が遠くからも確認された。

 この煙により、隣接する高速17号線が閉鎖されたり、工業地帯に一時避難命令が出されたりした。

 近隣自治体からの応援も含めた100人近い消防士や消防航空機の活動により、翌日にはほとんど鎮火したものの、泥炭火災は地中で続くこともあるため、しばらくは注意が必要だと専門家は指摘している。

 現在、警察と消防が出火の原因を調べている。

 

System.String[]

 カナダポストは27日、週明けにも郵便配送サービスが停止する可能性があるため、カナダポスト利用について注意を促す声明を発表した。

 カナダポストと郵便事業者労働組合(CUPW)は昨年末から労働条件について交渉を続けているが、未だ合意には至っていない。そのため7月2日までに合意に至らなければ、労組側がストライキに入るか、カナダポストが施設封鎖をする可能性が高まっている。

 労組側はすでに賛成90パーセントで交渉決裂し必要な場合はストライキ決行で合意している。

 現在のところ、両者とも7月2日までは郵便配送停止はないと断言しているため、郵送停止は早くても7月4日以降となるが、7月1日(金)は祝日カナダデーで、2日からは週末となるため、確実に郵便配送がおこなわれるのは事実上6月末までとなる。郵送停止となれば、郵便物や小包など全てが対象となる。

 ただし、カナダポストは連邦政府からのカナダ・ペンション・プランや子供手当などの郵送は、緊急措置として引き続き行う予定としていると発表している。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州野党新民主党(NDP)ジョン・ホーガン党首は26日、来年のBC州議会議員選挙でNDPが政権をとった場合、最低賃金を時給15ドルに引き上げるとの声明を発表。同日、カムループスでの党員500人を前にした集会で改めて約束した。

 BC労働連盟はこの発表について、家族、コミュニティ、経済を手助けするものだと称賛している。

 BC州の現在の最低賃金は時給10・45ドル。国内最低水準となっている。しかし、自由党政権は9月15日から10・85ドルに引き上げると発表。来年9月15日には、さらに11・25ドルまで引き上げられる。通常BC州の最低賃金の引き上げは消費者物価指数を基準に設定されるが、今回の自由党政権の引き上げは特別措置。クリスティ・クラーク州首相は好調なBC州経済を考慮したと引き上げ発表時に説明した。

 ただ時給15ドルについては、中小企業に悪影響が出るとして自由党政権としては考えていないとしている。

 

System.String[]

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ