トニー・クレメント前予算庁長官は12日、保守党党首選に立候補すると発表した。オンタリオ州ミササガでの出馬宣言で、経験と革新をもたらし、全国民の信頼を回復させるリーダーとして党を率いていくと約束した。

 保守党は昨年10月の総選挙で自由党に敗れ、野党に転落。スティーブン・ハーパー前首相が党首を辞任し、現在はローナ・アンブローズ暫定党首が党を率いている。

 クレメント前予算庁長官は、保守党政権時代には閣僚を歴任、ハーパー前首相を支えてきた実績を持つ。2004年にも党首選に出馬。その時はハーパー前首相、べリンダ・ストロナッチ氏に続いて3番手に終わった。今回が2回目の党首選挑戦となる。

 現在、党首選に立候補を表明しているのは他に3人。ケリー・リーチ前労働相、マクシム・ベルニエ前中小企業担当相、マイケル・チョン議員。他にも、まだ表明はしていないが、リサ・レイト前運輸相や昨年の総選挙で出馬せず現在は議員ではないものの、ピーター・マッケイ前法務相も可能性を否定していない。ジェイソン・ケニー前国防相の名前も挙がっていたが、同前大臣は6日に、アルバータ州進歩保守党党首に立候補することを表明した。

 保守党次期党首は来年決定するが、党としてその後2019年総選挙で政党奪還を目指すのか、現在人気が高い自由党ジャスティン・トルドー首相に対し、長期的な視野で党首を選ぶのか方向性は定まっていないとされている。

 

System.String[]

 カナダポストは10日、郵便配達はしばらくの間、通常通り行うと発表した。労働組合との労使交渉は合意には至っていないものの、継続的に話し合いが行われているとしている。

 カナダポストは先週、労使交渉がまとまらない場合は8日にも施設封鎖もあり得るとして、72時間前通知を発表。金融機関など郵便が配達されなくなった場合の対応などに追われた。

 その後、施設封鎖を11日に延期と発表したが、施設封鎖を実施した場合、小包などの配達が民間業者などに取って代わられ、顧客離れが進む可能性があるとの警戒感から施設封鎖は行わないとの対応を発表した。労組側との話し合いを継続し、郵便配達も通常通り行う。労組側も今のところ、ストライキの予定はないとしている。

 労使交渉は年金と給与基準が最大焦点で、両者が歩み寄れるかがカギとなっている。労使交渉がまとまらなかった場合、郵便停止の可能性もあるとしている。

 

System.String[]

 カナディアン・フットボール・リーグ(CFL)は第3週が行われ、BCライオンズはBCプレースでトロント・アーゴナッツを迎えた。

 今季のライオンズは新監督にウォーリー・ブオノ監督が再就任。ここまでの2試合は順調に白星を重ねていた。

 しかし、この日は第1クオーターでタッチダウン(TD)を1つ決めたものの、その後全く得点できない。先発クオーターバック(QB)ジェニングスも精彩を欠いた。前半終了時には3フィールドゴールを決めたアーゴノッツが、6ー9とリード。後半に入り途中からライオンズQBはルーレイに交代。第4クオーターに1TDを決めたが、すでに時遅く、14ー25で今季初黒星となった。

 ライオンズの次のホームゲームは第8週の8月13日。それまではアウェーの試合が続く。

 

System.String[]

 カナダ政府は8日、ラトビアにカナダ軍を派遣することを正式に発表した。ポーランド首都ワルシャワでのNATO(北大西洋条約機構)首脳会議に出席していたジャスティン・トルドー首相が、同地での記者会見で明らかにした。

 2017年初めまでに、約450人のカナダ兵を派遣するという。同会議ではロシアとの国境が近いバルト三国やポーランドでのNATO軍の在留強化を話し合うのが目的で、カナダの他にアメリカ、イギリス、ドイツが、ポーランド、エストニア、リトアニアに派兵する。

 派遣期間は現時点では未定だが、NATO事務総長は今回の派遣について「無期限任務」とし、必要な限り駐留することを要請している。兵士の他にも最大6機のCFー18戦闘機も派遣する。

 カナダは現在、ウクライナにもウクライナ兵訓練のためにカナダ兵を派遣している。11日にウクライナを公式訪問したトルドー首相は、カナダ軍駐留地を表敬訪問。任務に従事する兵士たちを労った。

 ウクライナは2014年3月に、クリミアがロシアの侵攻を受け、以来緊張状態が続いている。カナダの他にもアメリカ、イギリスも訓練のための兵士を同国に駐留させている。

 さらに今回のウクライナ訪問では、ペトロ・ポロシェンコ大統領と会談し、2国間自由貿易協定でも合意。保守党政権時代から続くウクライナ支援を強化した。

 

System.String[]

 自動車のテールランプ不備が原因で、ドライバーを射殺する警察官がいる国もある一方、アルバータ州エドモントンのドライバーが、それとは真逆の警察官の対応をインターネット上に公開、多くの反響を呼んでいる。

 カート・トーマスさんも、パトカーが自分の車を道端に停車するよう指示した時には、この射殺事件のことが真っ先に脳裏をよぎった。そこで彼は、これから始まる警察官との対応の一部始終を録画しておくことにした。

 パトカーから降り、トーマスさんの車の横に立った警察官は、彼の運転免許証と自動車保険証書を確認。記録中の動画に向かってトーマスさんは「違反切符に記入しているようだ」と状況を説明している。彼はホワイトマッド・ドライブの工事現場の徐行区間でスピード違反を犯していたようだが、多くの一般市民と同じように、警察官とのやりとりが平穏無事に済むことだけを願い、固唾を呑んで警察官の質問を待っていた。

 ところが警察官が聞いてきたのは、「自分の車、気に入っているか」だった。

 まったく予想外の質問にトーマスさんはあっけにとられ、その意味を問いただしたが、警察官は本当に、最近よく見かけるこの車種についての感想を、この機会に聞きたかったのだと説明した。トーマスさんは、正直に車の感想を述べ、そのあと二人は一分ほど車談義を続けた。

 結局、警察官は記入した違反切符をトーマスさんに手渡すかわりに、最近は大きな事故が続いてけが人が増えている、君がそんなふうになってほしくないから、速度を落とすように、と言い残して去って行った。

 この一部始終を収めた録画を、トーマスさんは早速インターネット上で公開。これがプロフェッショナルな警察官のあるべき姿だと賞賛。さらに母親が、人を撃つのではなくホッケーのパックを打つ(どちらも英語ではshoot)国に移住してくれたことに感謝している、この国に住めて幸いだと付け加えている。

 

System.String[]

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ