アルバータ州のカルガリーとレスブリッジの中ほどに位置する、人口2000人弱の町、バルカン。ここで9日から2日間、人気テレビシリーズのファンが集う祭典「バル・コン」が開催された。

 劇場用映画にもなったスタートレックは、最初のテレビ放映から今年で50周年を迎え、カナダポストでも記念切手を発売するなど、世代を超えた根強い人気がある。

 この小さな町での祭典が行われるようになったのは、登場人物のスポック副船長の出身惑星の名前と同じだったことから。最初はごく少数のコアなファンが巡礼に訪れるだけだったが、近年はスタートレック・ファンの年中恒例行事になり知名度も急上昇してきた。

 そして今年は、そのスポック副船長を演じた故レナード・ニモイさんの息子、アダム・ニモイさんが祭典に初めて参加。9日の開会式に出席して記念碑の序幕を行い、スピーチではこの美しい農村の町を、スタートレック・コミュニティという宇宙の中心だと表現した。ちなみにレナード・ニモイさん自身も6年前にこの祭典に参加している。

 スタートレック人気の秘密のひとつは、他のテレビ番組や有名映画では決して表現されない、奥深い多様性、平等意識、そして包容力だと、ファンらは説明している。特に、スポック副船長らバルカン星人の哲学として番組中で紹介された「無限の組み合わせにおける無限の多様性」が、その全てを代弁していると、大ファンを自認するステーシー・ロイドさんは語っている。

 人間愛とはどういうものかを、これ以上うまく表現した作品はないと語るファンや、画面の向こうの話なのに自分が受け入れられることを体感できる友情や、家族の物語だと説明するファンがいるなど、その中に込められたメッセージに強く共感するファンが多いことも、人気の秘密であり、こうした小さな町の祭典が続けられる原動力なのだろう。

 

System.String[]

 プリンス・エドワード・アイランド州南端のリトル・サンドにある仏教施設の修道僧らが10日、島内で買い集めたロブスターを海に返した。

 この施設は仏道を求める人たちに限らず、様々な宗教関係者やスピリチュアル・カウンセラーなどに、高度な仏教教育を提供する目的で作られたグレート・エンライトメント・ブディスト・インスティテュート・ソサエティ。彼らが買い集めたロブスターは、なんと270キログラム。このロブスターとともに漁船に乗り込み、隣町のウッドアイランド沖に向かい、ロブスター捕獲用の仕掛けがないところでロブスターを海に放した。

 同ソサエティの高僧ダンさんは、この行いの目的は慈悲心の涵養であって、特にロブスターだけに向けられたものではないと説明している。また、仏教徒として個人個人の食習慣を尊重しているため、菜食主義者やビーガンになることを求めているのでもないと、付け加えている。

 修道僧らはロブスターを放す前に、20分ほどの読経を行い、仏陀の慈悲心を称えた。しかしダンさんは、慈悲心は思いやりの心であり、別に仏教徒やお経を読まなくても、「もし自分の愛する人がその立場だったら、自分はどうするか」という、他人の立場でものを考えられるようになれば、それで十分だと説明している。

 みんなが助け合うことで、誰もが安心できる状況に落ち着くことができるはず。そうなれば、この世界は調和に満ちた住みよいものになるだろうとダンさん。今回の彼らを手助けした漁師も、ロブスターを放しても安全なところへ案内するなど、好意的だったという。

 

System.String[]

 メジャーリーグサッカー(MLS)バンクーバー・ホワイトキャップスFCは11日、カナダ代表ディフェンダー、デイビッド・エドガー、マルセル・デヨンの2選手を獲得したと発表した。

 エドガー選手は、これまでのプロ選手生活を全てプレミアリーグを含むイギリスで過ごし、イギリス以外のプロチームでプレーするのは、ホワイトキャップスが初めて。ユース時代からカナダ代表として選出され、2013年、15年のCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ゴールド・カップスにも出場している。

 身長190センチを超える大型センターバック。国際経験豊かな29歳のベテランディフェンダーは、すでにバンクーバー入り。12日は記者会見も行い、「MLSはずっと気になっていた。カナダのチームに入団できたことは、すごくうれしい」と語った。

 デヨン選手は主にヨーロッパで活躍。MLSではスポーティングKCでもプレーしていた。エドガー選手とはカナダ代表でチームメイト。左フルバックでミッドフィルダーもこなす29歳。チームを通して「ホワイトキャップスへの入団をうれしく思っている。BCプレースはカナダ代表でプレーしたことがあり、チームには元チームメイトもいて、またともにプレーできることを楽しみにしている」とコメントを発表した。

 ホワイトキャップスは今季ディフェンスの弱さが指摘されていた。ここまで無失点試合は、わずか3試合の2勝1分。3点以上の大量失点試合も多く、カナダ代表ディフェンダー2選手に期待がかかる。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドの、日系移民の歴史と深い関わりを持つ漁港スティーブストンで、ことし3月に100歳を迎えたカズエ・サカタさん。6月中ごろに脳卒中で倒れてリッチモンド総合病院に運ばれたが、そのまま帰らぬ人となった。

 戦後、日系人が太平洋岸に戻ることを許されて間もない1950年初頭から、現在のスティーブストンの家で暮らし続けてきたサカタさん。もともと農家に生まれたこともあり、ガーデニングに情熱を注ぎ続けてきた自宅の庭は、いつしかスティーブストンはもとより、各地からわざわざ人々が足を運ぶほどの有名な庭園となっていった。

 そんなスティーブストンの歴史遺産ともいえるサカタさんの家を、土地開発業者の手から守るべきだという声が、地元民の間からあがっている。

 マニトバ州ウィニペグ出身で、スティーブストンに移り住んで9年になるアン・ラーナーさんは、これほど美しい場所は絶対に残すべきだとの意見を、市議会議員に述べている。そのうちの1人キャロル・デイ議員は、リッチモンドからどんどん歴史的財産が姿を消していることを懸念し、市の公園・レクリエーション課に対し、市としてどのような協力ができるか問い合わせている。

 デイ議員はまた、1898年に建築されながらも、良好な状態を保ってきたクィーン・アン様式の住宅がつい先日、取り壊されたことにも落胆していた。この住宅はリッチモンド市の歴史遺産候補に挙げられていたが、これは法的拘束力を持つものではなかったため、開発業者の行為を阻止することはできなかった。デイ議員は、ブルドーザーを使うのは最後の手段であって、はじめからブルドーザーありきであってはならないと取材に語っている。

 サカタさんの自宅は1946年に建てられている。完璧と言えるほど手入れが行き届いていた美しい庭は、誰でも足を止めて眺めずにはいられないほどだった上に、サカタさんはそうした自慢の花をよく近所などに分け与えていた。

 デイ議員は、折を見てサカタさんの家族と市の関係者らを交えて話し合う場を設けたいと考えている。BC州土地評価局によると、6600平方フィートのこの土地と建物の評価額は98万5000ドル。娘のキャロル=リン・サカタさんは、母親は101歳までは生きるだろうと信じて疑っていなかったため、まだ今後のことは決めていないと取材に語っているものの、この庭と家を失うようなことにはしたくなく、この夏のあいだに家族で話し合いたいと話していた。

 

System.String[]

 ノバスコシア州東端に位置する、ケープ・ブレトン島。最近この島の観光業が賑わっているが、その原動力となっているのが、実はアメリカの大統領選挙。

 過激な発言で話題に事欠かないドナルド・トランプ候補の当選を危惧するアメリカ人に向け、この島のラジオ局のホストが今年2月に立ち上げたウェブサイト「ドナルド・トランプ候補が当選した場合のケープ・ブレトン」が、そもそもの発端だった。

 このサイトは瞬く間に世界中の注目を集め、アメリカのケーブル・ニュース会社大手CNNも取材に訪れたほど。サイトの訪問者数は予想をはるかに上回る150万人を超え、その約3分の1がアメリカからのアクセスだという。

 さらにケープ・ブレトン島観光協会もこれに呼応し、ドナルド・トランプ大統領となったアメリカには住みたくないアメリカ人に対し、どのようにカナダに移住しケープ・ブレトン島に居を構えるかを説明するウェブサイトを立ち上げた。

 その効果は、同島のホテルやB&Bの利用者数の増加に現れている。今年4月の宿泊者数は、昨年の同月比で30パーセント増加していたことが、ノバスコシア州観光局の調べでわかった。また同観光局は、増え続ける問い合わせに対応するため、フルタイムの職員を少なくとも2人は増やす必要があると取材に答えている。

 さらにケープ・ブレトン島観光協会は、オバマ大統領が北米サミットのため6月にオタワを訪問したのに合わせ、ケープ・ブレトン島を紹介してくれたことへのお礼として、手書きの招待状を同大統領に送付した。オバマ大統領は3月10日、ホワイトハウスで行われたジャスティン・トルドー首相の歓迎晩餐会で、同島の取り組みに感謝の意を表していた。

 さらに同協会は、ミッシェル・オバマ大統領夫人と娘のサシャさん、マリアさんには、地元の特産品である、手作りのハンドバッグをプレゼントしている。このブランドは最近脚光を浴び始め、カンヌやゴールデン・グローブといった国際的映画祭でセレブたちが商品を手にするギフト・スートにも選ばれている。

 

System.String[]

 

今週の主な紙面
3月26日号 第13号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報…V-2~4
オタワ便り51…V-12
外から見る日本語216…V-12
TIME OUT(イベント情報)…V-14~15
CLASSIFIED…V-16~19
求人情報…V-6

詳しくは3月26日号 第13号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ