9月13日〜28日まで、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市内でVancouver International Flamenco Festivalが開催される。日本でもブームになってきている「フラメンコ」。日本フラメンコ協会によると、近年のフラメンコ専門アーティスト及び一般愛好家の増加は目覚ましく、日本は今やスペインに次ぐフラメンコ人口を誇っているという。ここ、バンクーバーにもフラメンコ専門アーティストの日本人がいるのを皆さんはご存じだろうか。同フェスティバル、9月28日バンクーバー市グランビルアイランドのウォーターシアターでの公演「Flamenco Rosario & Gabriel Aragu」にダンサーとして出演する金子友里恵さんは、10年以上のフラメンコ経験歴をもつ。金子さんは2008年に日本の大学からBC州立サイモンフレーザー大学に編入し、同年にフラメンコと出会い、学生時代よりフラメンコダンサーとしての経験を積んできた。今回、金子さんにフラメンコショーの魅力や、その楽しみ方について話を聞いた。

8月25日、Hazelmere GCにて開催された今回のトーナメントは「4名1組」でのチーム戦となりました。競技方法は各ホール、ネットで各組上位2名の合計スコアで競うトーナメントです。 各チームのひとり一人がチームのためにプレーをし、熱戦が繰り広げられました。

JET参加希望;This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. まで Jet Golf Club 公式Facebook  https://www.facebook.com/jetgolfclub

 

8月24日、JTBIカナダが主催する恒例の「地球いきいきプロジェクト」が開催された。この活動は、今年で6年目を迎える。今回は、バンクーバーのグランビルアイランドのダックポンドを中心に、海岸からごみをなくそうという使命のもとアイランド全体のごみ拾いを行った。参加者は昨年の1.7倍である約70名が集まり、グループに分かれて1時間半活動をした。ごみは参加者が思っていたよりも多く見つかり、環境に貢献できた達成感ときれいになった爽快感で、参加者は心も掃除した気分を味わった。

9月6日からロックバンド「MAN WITH A MISSION」の単独北米ツアーが行われる。 そして9月23日午後7時よりブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーThe Imperialでのライブに先立ち、MAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnny(Gt,Vo,Raps)さんに話を聞いた。

慶応高等学校で「死への準備教育」を行っていた高橋誠さんによる講演会『死に方のコツ』(*)の内容に死にゆく人の見送り方のコツも含めて、高橋さんから死への向き合い方のヒントをいただいた。(*7月26日バンクーバーの隣組で開催。メディアスポンサー:バンクーバー新報)

 

今週の主な紙面
9月19日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康・43…V-21
求人情報…V-4

詳しくは9月19日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ