2020年4月30日 第14号

日本へ帰国する学生、ワーホリの人たちにバンクーバーで一番好きだった場所は?との問いに、多くの人が“イングリッシュベイ”と答えます。そこに沈む夕日は太平洋の向こう日本を照らしています。普段忙しい若者たちですが、夕日を見ながらカナダでの生活を振り返り、あらためて日本を思う、そんなゆっくりした時間が流れていたのでしょうか。

 

 

海のない長野県で生まれ育った私にとっても、イングリッシュベイは特別な場所です。20年以上前カナダに移民して間もない頃、天気の良い日は夕焼けの写真を毎日のように撮りにイングリッシュベイのビーチへ行っていました。その時フィルムカメラにフィルターを付けて撮り、Capture Your Dreamsと名付けた写真が、あるコンテストで優秀賞を取り、奨学生としてニューヨークで写真を勉強し、本格的に写真家となるきっかけになりました。そんなこともあり、私にとってもバンクーバーで一番好きな場所はイングリッシュベイです。

文・写真:斉藤 光一
http://www.k-graphicphoto.com

 

 

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。