バンクーバー広島クラブ(広島県人会)の年次総会・昼食会が10月12日、バンクーバー市内のレストランで開催された。

ブリティッシュ・コロンビア州の州都、バンクーバー島ビクトリアにスタジオを構えるバレエ・ビクトリア(以下BV)。このバレエ団には現在3名の日本人ダンサーが在籍してプロとして活躍している。BVのクリスマス演目『くるみ割り人形』のツアーに際して、BVの日本人ダンサーからバンクーバー新報の読者の皆さんにメッセージをいただいた。

今年のバンクーバー国際映画祭のパノラマ部門に招待されたドーリス・デリエ監督の「Cherry Blossoms & Demons」。監督はドイツより来加し、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市内にあるPlayhouse劇場でのレッドカーペット、上映とQ&Aに参加した。10月5日、宿泊先のザ・サットン・プレイス・ホテルで帰国する直前のデリエ監督に話を聞いた。

日本で開催されているラグビーワールドカップ2019。自国開催で盛り上がる日本代表は8強入りという日本ラグビー史上初の快挙を成し遂げた。日本各地でファンが日本代表の一挙手一投足に注目し、勝ち星をあげるたびに熱狂した。気温30度を超えた秋の日本列島はラグビーファンの情熱でさらに熱くなった。

熱狂したのは日本人ファンだけではなかった。世界中から多くのラグビーファンが押し寄せ、各地で、各会場で、ラグビーに熱狂し、日本に魅了されていた。

もちろんカナダからも、カナダ代表を応援に多くのカナダ人ラグビーファンが日本を訪れていた。 カナダ代表は予定されていた4試合中1試合が台風の影響で中止となったが、今ある力を出し切り大会を終えた。

バンクーバー国際映画祭の M/A/D(音楽・アート・デザイン)部門に「Edo Avant-Garde(江戸アバンギャルドの保護者)」が招待されたリンダ・ホーグランド監督。当紙42号でもインタビューを行った監督が来る11月12日にサイモン・フレーザー大学で講演を行う。バイリンガルであり日米双方の文化を知る彼女が、独自の視点から芸術を通して歴史を語る映画を作っている意図について話すもので、監督の作品、またその創作意欲に惹きつけられた読者は必見の内容となっている。

 

今週の主な紙面
2月13日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
Noriko Jazz Band シルビアホテルで演奏 「記憶に残るバンド」に…V-12
Made In Japan補正下着ブランド LALA&BIBIカナダ初上陸!!…V-13
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは2月13日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ