5月12 日、バンクーバー生け花協会(VIA)主催『春の生け花展』がブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市のアラン・エモット・センターで開かれた(メディアスポンサー:バンクーバー新報)。今年は俳句と詩からインスピレーションを得た作品を中心に、過去最高数にあたる55 点が池坊、華道すみ、山月流、草月流より展示された。岡井朝子在バンクーバー日本国総領事が夫君の知明氏とともにワークショップに参加して花を生けるなど、たくさんの人が生け花の魅力に触れた1日となった。

5月10 日、在バンクーバー日本国総領事公邸で、日加コー・オプ・プログラム(CJCP)で日本に向かう学生たちの壮行会が催された。このプログラムはカナダの大学でコー・オプ・プログラムを取り、日本でインターンとして就業を希望する学生に職をあっせんするもの。1991 年に開始以来これまでに千人以上が参加している。

多文化主義で、様々な背景を持つ人々が共存する寛容な国カナダのここバンクーバーで、「南京大虐殺記念日」を制定しようという運動が始まり、日系社会に強い衝撃が走った。

戦時中、日系人は強制移動、財産没収などの不当な処遇を受けた。潜在差別意識を呼び起こしかねないこのような記念日の制定運動に対して、日系社会に迅速な対応が望まれる。

MOVEMENT INITIATED TO DESIGNATE NANJIN MASSACRE COMMEMORATIVE DAY SHOCKED THE NIKKEI COMMUNITY OF METRO VANCOUVER

多文化主義で、様々な背景を持つ人々が共存する寛容な国カナダのここバンクーバーで、「南京大虐殺記念日」を制定しようという運動が始まり、日系社会に強い衝撃が走った。

戦時中、日系人は強制移動、財産没収などの不当な処遇を受けた。潜在差別意識を呼び起こしかねないこのような記念日の制定運動に対して、日系社会に迅速な対応が望まれる。

 

今週の主な紙面
6月14日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
リッチモンド「Doors Open」&スティーブストン日本語学校卒業式…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
VSO バンクーバー交響楽団音楽監督ブラムウェル・トービー氏を見送るガラ・コンサート開催…V-14
ゴールラッシュで久々のホーム白星!!チームは6月2連勝…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月14日号 第24号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ