日本人初の本格的ボサノバシンガーである小野リサさんが、アメリカのサンノゼ、ロサンゼルス、カナダのトロント、そしてバンクーバーを巡る北米ツアーをおこなった。11月4日、バンクーバー市のクイーン・エリザベス・シアターでの公演ではたくさんの観客に迎えられて、ぬくもりを感じさせるステージを展開した。

リメンバランス・デーの11月11日、バンクーバー市のスタンレーパークにある日系カナダ人戦没者慰霊碑前で戦没者追悼式典が行われた。

1996年から2006年に竣工された日本の建築から、槇文彦、安藤忠雄、隈研吾、伊東豊雄などが設計した代表的な作品を選び、日本の社会文化状況と対比させながら紹介、写真や立体模型を織り交ぜながら展示する現代日本建築展が開かれている。在バンクーバー日本国総領事館と国際交流基金が主催し、ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)のSchool of Architecture and Landscape Architecture(SALA)とRevery Architectureが協力している。11月6日、バンクーバー市のUBCロブソンスクエアでオープニングレセプションが開催された。

在バンクーバー日本国総領事館総領事に羽鳥隆氏が11月8日着任した。同日にバンクーバーに到着、11日には第1次世界大戦以降戦没した日系カナダ人を追悼するリメンバランス・デーの式典にも参加した。 到着して早々、夫妻でバンクーバーの街を探索。人が親切で楽しい街という印象を受けたという。

バンクーバー総領事館は来年開館設立130周年と節目の年を迎える。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催される。日本とブリティッシュ・コロンビア州で大きなイベントが控える中で、総領事としての役割、抱負、趣味などについて、11月13日にバンクーバー総領事館で話を聞いた。

日系人コミュニティに受け継がれた唯一の戦前からの建造物「バンクーバー日本語学校並びに日系人会館」。この地で日系コミュニティを見守り続けた日系人会館が今年、竣工から90周年を迎えた。

それを記念して10月27日、これまでの90年を振り返り、これからの90年へとつなげるための「日系人会館90歳の誕生会」が開催された。 午後からイベント目白押しの3部構成。

午後の部では子供向け催しと日系人のルーツをたどる講演会が、夜の部では華やかなエンターテイメントが披露された。

ここでは「日系人のルーツをたどる講演会」でのタシメ博物館発起人ライアン・エランさんの講演を紹介する。

 

今週の主な紙面
12月13日号 第50号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~6

詳しくは12月13日号 第50号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ