2020年3月19日 第12号

 日系センターにて、春休み期間と夏休み期間の年2回開催される人気のマンガキャンプ。2020年の春休みマンガキャンプは3月16日から始まり、第一日目が終了した。

 

ワークシート

 

 新型コロナウイルスが心配される中、日系センターと申込生徒側との間で綿密に情報が交換され、当初の18人の参加者から11人と減少したが、8歳から12歳までの子どもたちがマンガキャンプ初日を楽しんだ。初日の1時間目は、スタッフよりキャンプ中の注意点、コロナウイルスへの対策など参加生徒に説明、そしてゲームをしながらの自己紹介で幕開けし、その後は絵をかいたり、屋外でのアクティビティ、月曜日の休館日を利用して、館内を歩き回るスカベンジャーハントで元気いっぱいの一日を過ごした。日系センターのマンガキャンプでは、申し込み生徒と同居している家族にも咳、熱などの症状があるような申込者には参加を見合わせるようキャンプ開始前と朝の生徒到着時に確認したほか、頻繁な手洗いを義務づけ、他の生徒と一定の距離をとるような会場設定、センター内の除菌などの対策をしている。また屋外でのアクティビティを増やすなど対応している。

(記事提供 日系文化センター・博物館)

 

インストラクター、あさみホプキンズさんのデモンストレーション

 

屋外でのアクティビティ

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。