低料金の歌い放題、ソフトドリンク飲み放題、飲食物持ち込み可、ひとカラ(ひとりカラオケ)専用ルーム…そんなカラオケ天国の日本が恋しくなるのは記者だけではないだろう。そうここはカナダ。ぜいたくは言えない。だが日本の曲の歌える店もある。やっぱり歌いたくなったら行っちゃおうカラオケ!まずはダウンタウンからご紹介!

肌寒くなっていく毎日。今の時期、外に出ると、ゴホゴホ、ハックショーンといった苦しそうな音が必ずどこかから聞こえてくる。Public Health Agency of CanadaのFlu Watchによると、今年は、A型インフルエンザ(H1N1)が国内で広まっており、今後もインフルエンザの勢いが増すことが予想されている。本紙では、ヴィーガン料理研究家の石原亜希子さんから、そんな冬を乗り切る免疫力アップレシピを紹介してもらった。

「レストランは大好きな場所だけど、それをキャリアにするなんて思ってもいませんでした。だってキッチンといえば、気性の荒い怒ったシェフが働いている場所というイメージが強かったから」

元Zen Kitchen オーナーで、カナダのドキュメンタリー番組The Restaurant Adventures of Caroline&Daveで一躍有名になった、セレブシェフ石井キャロラインさんは言う。本紙では、そんなキャロラインさんが、シェフになった経緯から現在の活動を紹介する。

先月、オーストラリア政府よりワーキングホリデービザでの滞在期間が最長2年間から3年間に変更されると発表があった。(2018年11月5日)今までもワーキングホリデーをはじめとする各種ビザ要項の細部が変更されることはあったが、これほど大きな変更は世界的にも例がない出来事であり、日本のテレビでも取り上げられるなど大きな注目を集めた。今回は、2019年からの動向が注目されているオーストラリアとカナダのワーキングホリデーについて解説していく。

12月9日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市内のUBCチャンセンターでバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ) の演奏会が開かれた(メディアスポンサー:バンクーバー新報)。世界的に知られるバッハ演奏の第一人者、鈴木雅明氏が創立したBCJ は、国内外でバッハの宗教曲を中心とした演奏活動を行い、高い評価を受けている。

待望のバンクーバー初公演に駆けつけたのは約1100人。カリスマ性たっぷりの鈴木氏の指揮によるBCJ の演奏会は、歓迎の拍手で始まり、スタンディングオーベーションとともに成功裏に終わった。

 

今週の主な紙面
2月13日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
Noriko Jazz Band シルビアホテルで演奏 「記憶に残るバンド」に…V-12
Made In Japan補正下着ブランド LALA&BIBIカナダ初上陸!!…V-13
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは2月13日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ