日系文化センター・博物館事務局長のロジャー・レミレーさんが7月31日でフルタイムの現職を引退し、10月までは日系祭り、コミュニティー・アワード・ディナーの開催準備に関わるという。これまで政府との交渉、コミュニティーとの関与、そしてスタッフやボランティア管理など、広範囲で職務を全うしてきたレミレーさんに、これまでの活動を振り返ってもらった。

5月31日から6月13日まで、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市内の諸会場で、バンクーバー・インターカルチュラル・オーケストラ (VICO) 主催『グローバル・サウンドスケープ・フェスティバル』が開催された。 今年のテーマは『日本とカナダの音楽』で、九州・沖縄作曲家協会(KOCA)より総勢7人の作曲家と演奏家が来加し、6月7日と9日には同協会会員作曲の作品が演奏された。 VICOとKOCAを結びつけた発起人で、当地在住、九州・沖縄作曲家協会国際交流ディレクターの米倉豪志(ごうし)さんに話を聞いた。

6月11日、やましたひでこさんと佐藤青児さんによる「間」をテーマにした講習会がバンクーバー・ダウンタウン(リステルバンクーバーホテル)で行われた。二人が共鳴したポイント、伝えたかった「間」の術とは何だったのか。

6月22日、ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市 スティーブストン・コミュニティー・パーク内に造られたスティーブストン・ニッケイ・メモリアル(スティーブストン日系記念公園)の除幕式が、200人を超す人々の見守る中で行われた。

カナダでも詐欺による被害が後を絶たない。最近では一昔前の「オレオレ詐欺」と違い、手口がかなり巧妙化している。 そのため注意をしていても騙されてしまいそうになるという声も聞く。 そこで今回は、詐欺の被害に遭わないために詐欺の手口と対処法を紹介する。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/