通常、発達障害者の家族にかかる負担は非常に大きい。ケアする立場にいる人が、ストレスから心身の不調に至らないようにするには、どんなことに気をつければ良いだろうか。

『ケアする人のためのケア』と題されたワークショップが9月28日、Twinkle Starsの主催のもと、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市のDDA(Developmental Disabilities Association)にて行われ、14人の参加者があった。(メディアスポンサー:バンクーバー新報)

講師は、カリフォルニア州で臨床心理学博士修士・サイコセラピスト(BC州におけるレジスタード・クリニカル・カウンセラー)として資格・経験を持つゴディン裕子さん。

ゴディンさんは、発達障害を持つ家族がいる中で育ち、それがいかに家族に影響するかを体験してきた。自身の体験談をも交えながら、セルフケアの必要性とその方法を精神医学的にも少し掘り下げ、分かりやすく解説した。

講義の終了近くには、簡単に緊張が取れるエクササイズ(プログレッシブ・マッスル・リラクゼーション)が10分ほど行われ、参加者全員がリラックスしたあと、プログラム後半のピアサポートに移った。ピアサポートではソーシャルワーカーのヒロミさんと弊紙でコラム『人生のレシピ』を連載中のBC州臨床心理療法士・加藤夕貴さんの介助があった。

「大切な人を失った人にあなたならどんな声かけを行いますか?」 バンクーバー市のインターナショナル・ハウス・バンクーバーで9月25日と27日、日本カナダ商工会議所と大塚美奈子さんの共催でグリーフケア講演会「大切な人を亡くす前に知っておきたいグリーフケア」が開かれ、のべ30人が参加した。講師は一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんである。

 日系コミュニティに貢献した人々や団体に贈られる日系プレース・コミュニティアワードの授賞式が10月12日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で開催された。

10月4日、バンクーバー市のピンク・パール・チャイニーズ・レストランで、隣組の設立45周年を祝う祝賀会が開催された。会員やその家族ら約170人が出席、おいしい食事を囲みながら歓談し、大いに盛り上がった。シニアから小さな子供までさまざまな世代が集い、隣組という大きな家に集まった家族のパーティーのような会となった。

9月16日、バンクーバー市のレイブン・ソング・コミュニティー・ヘルスセンターで、日本語認知症サポート協会が主催する「おれんじカフェ de 看取りーと」が開かれた。昨年9月、今年8月(リッチモンド市で開催)に続いて3回目となる今回は25人が参加し、「誰に看取られたいですか?」をテーマに5つのグループに分かれて話し合った。(後援:在バンクーバー日本国総領事館、一般社団法人日本看取り士会、協力:看取り士会・カナダ、メディアスポンサー:バンクーバー新報)

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/