11月16日、BCIT Student Athletic Centre (Burnaby Campus)で、第20回佐藤カップ空手道大会が開催された。20周年という節目を迎える今回の参加者数は約350名。日頃の練習の成果を発揮するため、カナダはもちろん、アメリカ、日本、ネパール、インドなどから選手たちが集結した。午前に武器を用いた古武道と形、午後に組手が行われた。20周年記念の今大会は来賓も豪華であった。令和元年度外務大臣表彰を受賞された出村文男さんと、リッチモンドの少林寺で少林拳を教えるVen. Shi Yanhongさんが招待された。出村さんは米国空手界の先駆者的存在といえる人物。現在は、カリフォルニアで身体障害者の方々に空手を教えている。Shiさんは教え子と共に少林拳の演武を披露。迫力のあるパフォーマンスで、会場を沸かせた。

11月17日、薄っすらと雪化粧が始まったウィスラーで、ベアフットビストロ(リステルホスピタリティーグループ)主催による第9回牡蠣の早あけ世界大会が開催されました。

11月12日、Simon Fraser University Department of History主催による歴史問題シリーズの初日、ホーグランド監督による『The Art of History: Subjective Truths and Objective Facts』が講演された。SFUの学生や教授をはじめ200人以上のカナダ人がバンクーバー市内のSegal Graduate School of Businessに集まった。

「バンクーバーで広島お好み焼きを広めたい!」。そう一念発起して家族で広島から移住してきた藤川英富美さん。11月2日まずはスコーミッシュでその第1歩を踏み出した。

第9回ゼロウェイスト会議ZWC2019がバンクーバーで10月に開催された。世界の廃棄物は2050年までに現在より70パーセント増えると予測され、その問題は深刻さを増している。解決の鍵となるサーキュラーエコノミーの具体例など専門家や各国の政府機関、NGOが現状を報告した。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。