2019年11月21日 第47号

「バンクーバーで広島お好み焼きを広めたい!」。そう一念発起して家族で広島から移住してきた藤川英富美さん。11月2日まずはスコーミッシュでその第1歩を踏み出した。

 

広島お好み焼きキッチン・コダマのマネージャー兼シェフの藤川さん(写真提供キッチン・コダマ)

 

脱サラ、海外移住、お好み焼きや開店

 バンクーバーにやってきたきっかけは意外なものだった。実はフィリピンでお好み焼き屋をやろうと踏み出した。広島でラーメン店を経営する友人に誘われた。当初はラーメン主体でお好み焼きも、との計画だった。日本で飲食業の経験はない。友人の店を時々手伝うくらいだった。

 日本では広島の会社に就職し、転勤で東京に。30年近く勤めていたが、何かやりたいという気持ちはあった。広島の友人から「そろそろフィリピンで経営をやらないか」と言われ決心。50代半ば、「やりたいことをやった方がいいかなと思って」と振り返った。

 家族4人でフィリピンに飛んだ。しかし「フィリピンは暑いんですよ」と笑う。ラーメンやお好み焼きなら店舗だ。それにはマニラは競争相手が多すぎる。「これは無理だなとフィリピンはあきらめました」。

 そんな時だった。「バンクーバーに住む妻の妹からカナダの永住権が取れたと報告がありまして」だったらバンクーバーでお好み焼き屋をと今年5月に移住してきた。

まずはフードトラックで広島お好み焼き屋の開店準備

 もし永住権が取れればフィリピンからカナダに移り住んでもいいという思いで、すでに申請だけを済ませていたという。バンクーバーに10年住む夫人の妹を頼りにバンクーバーにやって来た。「去年の夏に滞在してすっかりこの町が気にいったみたいです」と話す。「妻は子供を海外で育てたいという希望があったので」と海外生活には賛成だった。だったら迷うことはない。今度はバンクーバーで広島お好み焼きを広めようと決心した。

 なぜお好み焼きだったのか。広島のソウルフードということもあるが、「調べてみるとバンクーバーでは意外にお好み焼きをやっている店が少ないと思って。特に広島お好み焼きはないですね」それで広島お好み焼きに確定した。

 しかし、いきなり店舗は難しい。そこで目を付けたのがフードトラック。最近バンクーバーで最も流行っている飲食店のスタイル。これならいけるのではと計画は動き出した。

 運よくトラックも見つかり、開店準備。会社を設立。キッチン・コダマと命名した。本人たちの名前ではない。フードトラック契約の帰りにたまたま立ち寄った河原でバーベキューしながら思い付いた。きっかけは子どもたちだった。「『コダマ』と言い出して。彼らは単純に新幹線のこだまのことだったみたいですけど」と笑う。「でもそれいいねって」。木々が多く、打てば響く木霊のようなイメージが、自分たちのこれからのビジネスとバンクーバーを象徴しているようで気に入った。「でもコダマさんって間違えられそうですけどね」と笑った。

「最初のお客さんの顔は一生忘れない」

 思案した結果、バンクーバーからちょっと離れているがスコーミッシュで開催されるウィンター・マーケットに出店することにした。

 11月2日10時開店、快晴。最初に広島お好み焼きを買ってくれたのはカナダ人女性だった。「すごく緊張しました」と笑う。「『面白そうね、食べてみます』って言ってくれて」。自分が焼いたお好み焼きを買って食べてもらった。「すっごくうれしかったです。『おいしかったです』って言ってもらって。あの最初のお客さんの顔は一生忘れないと思います」と笑った。

 ここまでなかなか好評を得ているという。「もうちょっと食べられるかな」と言ってくれる人も。好感触をつかんでいるようだ。

 メニューは現在、豚肉入りとベジタリアンの2種類。「ベジタリアンがよく売れますね」。広島のお好み焼きはいわゆる関西のものとは違う。溶いた粉をクレープのように薄く引いて、その上に千切りのキャベツ、もやし、ネギ、天かすを乗せ、そば、玉子を加え、好みで豚肉、エビ、イカなどを足す。もともと野菜をたっぷりと使うのでベジタリアンには向いているのかもしれない。ベジタリアンが流行しているバンクーバーで広島お好み焼きヒットの兆しだ。

 来年はバンクーバーで挑戦したいと意気込んでいる。今は別の仕事をしながら二足のわらじだが、夢はバンクーバーで店舗を持つこと。夫人は社長を、屋台では義理の妹が手伝いをと家族で協力してやっている。「地道にでもがんばればなんとかなるかなと思っています」と笑った。

 

Kitchen Kodama
日時:毎週土曜日10-14時(12月21日まで)
場所:Squamish Winter Farmers Market @Squamish Adventure Centre
連絡:778-232-9424 / This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.
インスタ:@kitchenkodama

(取材 三島直美)

 

開店準備前のキッチン・コダマ。スコーミッシュ・ウィンター・マーケットで(写真提供キッチン・コダマ)

 

 

今週の主な紙面
12月5日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ウインズクワイア  花は咲く 歌声とともに 人の心の中に……V-2
MOVIES TIME OUT…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
カナダで楽しむ食の世界・42…V-23
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは12月5日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ