11月11日、バンクーバー市スタンレーパークにある日系カナダ人戦没者慰霊碑において、日系カナダ人戦没者追悼式典が開催された。これは毎年リメンバランスデーに、第1次世界大戦以降の戦争で亡くなった軍人や退役軍人らを追悼する式典だ。

秋の色も深まった11月1日、ブリティッシュ・コロンビア州、バンクーバー市の隣組で恒例・秋のバザーが行われた。

開場30分前の朝10時半には大勢の来場者がつめかけ、ドアが開かれるとともに、懐かしい日本の食べ物や美しいクラフトなどを買い求める人たちで会場が埋め尽くされた。

日本の内閣府が実施する「歩こうカナダ、語ろうニッポン」の訪問団を迎え、各界からの参加者約45人が交流するレセプションが10月28日バンクーバーのハイアットホテルで開催された。

10月28日、バンクーバー市内のリステルホテルバンクーバーで、木曜会およびBC州日加協会の主催により、日本の内閣府が実施する「歩こうカナダ、語ろうニッポン(Walk in Canada, Talk on Japan)」の一行を迎えての昼食会が行われ、主催者側関係者、カナダ連邦政府、BC州政府、その他経済関係者など約50人が参加した。

日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)が主催する日本茶プロモーションイベントが、10月23日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市のTraction on Demand社で開催された。北米でマインドフルネス瞑想が注目されている中、心と体を整えるマインドフルネス飲料としての日本茶の魅力をアピールするのが目的だ。この日はTraction on Demand社の社員対象に、講演と日本茶の試飲がおこなわれた。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。