新年恒例、佐藤会空手道の寒中海岸稽古(メディアスポンサー:バンクーバー新報)が、1月13日、バンクーバー・イングリッシュベイで行われた。長雨が続いていたなか、この日の正午ごろには雨もやみ、稽古に一層の拍車がかかった。参加者数は38人。「この海の水をかぶらないと、一年が始まらない」という“通”の者ばかり。清々しい一年の始まりであった。また、佐藤会糸東流空手道が、さらなる国際化を図るため、綱領を改めて再スタートを切った年の、はじめての寒中海岸練習でもあった。

 

1月14日午後、バンクーバー海洋博物館で、第二次世界大戦中、カナダ政府による日系カナダ人の財産売却委員会に加わった日系人の一人・木村岸三に関する公開講座が、ビクトリア大学歴史学のジョーダン・スタンガーロス准教授らを招き開催された。

 

1月10日、ブリティッシュ・コロンビア州バーナビー市の日系文化センター・博物館で、桜楓会による恒例の新年会が催された。87人の出席者がおいしいお節弁当を楽しみながら歓談し、ポリネシアンダンスのショーで盛り上がった。

 

1月6日、バンクーバー市内の聖十字聖公会で混声合唱団さくらシンガーズの新年会が行われ、メンバーの家族や友人ほか日系コミュニティ代表者らをゲストに約35人が出席。ポットラック料理のあとは恒例の余興とゲームで親睦を温めた。

 

スティーブストン空手クラブ主催の2年毎のマスターズセミナーが12月16日〜17日の両日、リッチモンド市のスティーブストン武道館で行われた。

 

 

今週の主な紙面
6月14日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
リッチモンド「Doors Open」&スティーブストン日本語学校卒業式…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
VSO バンクーバー交響楽団音楽監督ブラムウェル・トービー氏を見送るガラ・コンサート開催…V-14
ゴールラッシュで久々のホーム白星!!チームは6月2連勝…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月14日号 第24号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ