2019年12月5日 第49号

今年もブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーのレンフリューパーク・コミュニテイーセンターでウィンズクワイアのコンサートが行なわれた。

ランチのあと、デザート代わりにコンサートを楽しんでもらおうと、「デザートコンサート」と名付けて、すでに何回もこのコミュニティーセンターで行なわれている。

 

6人で奏でるハーモニー(指揮:桑原モコさん ピアノ:恵子・アレキサンダーさん)

 

 桑原モコさん率いるこのコーラスクループ『ウィンズ』はいろいろな地域の、特にシニアの方々と歌を通しての “ふれあい” を大切にされ、多くの教会やコミュニティーセンターなどでコンサートを行なっている。とても有意義なイベントである。

 もみじ舞う晩秋のこの日、コミュニティーセンターのランチ会に集まったシニアの皆さんの前で、恵子・アレキサンダーさんのピアノをバックに素敵な歌声を披露してくれた。曲目はMy Fair Ladyの「Get me to The Church on Time」 や新世界の「家路」など誰でも口ずさみたくなる歌や、日本の歌「花は咲く」も、また情緒豊かなハンドベルの演奏などモコさんの指揮のもと、息の合った6人のメンバーが見事なハーモニーを奏でた。

 さらに、ゲスト出演として、VSO名誉コンサートマスターの長井明さんとせりさんによるバイオリン演奏 ルクレール作曲 「2台のバイオリンのためのソナタ第五番」がコンサートにさらなる素敵な花を添えた。

 会場には心地よさそうに耳を傾けて、時には軽く手拍子をとっている人もおり、係りの人から、「皆さん、毎年とても楽しみにしています」との話を聞いて、「花は咲く、人の心の中に、歌声とともに…」 こんなフレーズを思い浮かべた。 誠にお疲れさまでした。

(記事・写真提供 矢野修三さん)

 

長井明さんとせりさんによるバイオリン演奏

 

出演者に観客の皆さんも加わって撮影。バンクーバー新報の津田佐江子社長も鑑賞。楽しい一時を過ごした

 

控室で公演前の皆さんを撮影

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。