2020年3月12日 第11号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市にあるオッペンハイマー公園で3日に暴行事件が起きていたことが分かった。バンクーバー市警が4日に発表した。

 警察によると、事件は公園内に張ってあるテントの中の一つで起きたという。被害者は32歳男性で軽傷だったが、斧の柄のようなもので顔を殴られていたと報告している。警察が暴行事件に使用されたと思われる斧を発見したところ、同じテントからさらに斧2本、ナイフ6本、ボルトカッター1つが発見されたという。前週には、やはり公園内のテントからライフルや拳銃などの武器が大量に押収され、さらにプロパンタンクもみつかっている。さらに4日未明には、この付近をパトロールしている警察官が、テントの一つが燃えているのを発見。消防署に連絡をして事なきを得ている。火事によるケガ人はなかったという。警察によると、燃えたテントは物置のような役割をしていて、人は居住していなかったようだと語っている。

 警察は以前から、公園内での安全性に問題があるとしてテントの強制撤去の必要性を強調しているが、公園を管轄するバンクーバー市公園庁が、テントの強制撤去には消極的な姿勢を示している。

 公園内には昨年からホームレスがテントを張って生活している。多い時には200以上ものテントがあったと報告されている。現在、数は減少しているがテントがなくなったわけではない。以前には道路を挟んで向かいにあるバンクーバー仏教会が盗難の被害にあい、盗難品の多くが公園内で見つかったという事件が起きている。

 安全面からも周囲の住人から懸念する声が上がっている。バンクーバー市警は、バンクーバー市、バンクーバー消防署、バンクーバー市公園庁と協力しながら、公園周囲の警備を続けていくと語っている。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/