2020年3月12日 第11号

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州保健省は10日の記者会見で、州内の新型コロナウイルス(COVIDー19)感染者が39人になったと発表した。この日は新たに7人の感染が発表された。最初に感染が確認された4人はすでに完治していることも報告した。

 BC州では9日にカナダで初の新型コロナウイルスによる死亡が確認された。死亡したのは80代男性。7日に発表された同州ノースバンクーバー市にある長期療養施設リンバレー・ケアセンターで感染した入居者2人のうちの1人だった。BC州衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士は「家族にお悔やみを申し上げます」と語り、この男性には持病があったことを明らかにした。持病を抱えた高齢者が感染した場合が最もリスクが高いとして、この施設全体への人の出入りを制限することを7日に発表している。ケアセンターで最初に感染が確認されたのは、5日発表されたこの施設で働く50代女性で、この女性の感染源はまだ分かっていない。この女性の感染が確認されて以降、施設では死亡した男性を含めて入居者で感染したのは2人のみで、10日の記者会見でも入居者の新たな感染は確認されなかったと発表した。しかし施設の職員が最初の女性も含めて4人の感染が確認されている。

 これまでに発表された感染者はこの施設で働く50代女性を除いて、全て感染源が判明していたが、10日の会見ではさらに2人が感染経路が不明のコミュニティーケースと発表した。コミュニティーケースとは、海外渡航歴がなく、海外渡航した人との接触がないとみられる、感染した経路が不明なケースを指す。感染経路が判明していれば、本人や家族、経路の中で接触した人を特定して隔離政策を取れるが、判明していなければそれが難しいため、本人からの聞き取りをして経路を特定する努力を続けているとヘンリー博士は語った。

 ヘンリー博士は毎回の会見で、感染の拡大を防ぐために個人ができることを徹底してほしいと語り、最も有効な感染防止方法は手洗いと改めて強調。手洗いの徹底、咳やクシャミをする時は腕で口を塞ぐこと、風邪の症状があるときは仕事や学校を休むこと、そして、感染は皮膚からではなく目、鼻、口からウイルスが入ることで起こるため、手で顔を触らないこととアドバイスした。また、非常事態であることから、普段のあいさつでも握手やハグを控えたり、さまざまな物の表面を清潔に保ちあまり触らないこと、除菌用ローションを持ち歩くことも効果的とアドバイスした。体調がすぐれないときは人混みを避ける、特に高齢者は注意してほしいと語った。イベントや集会など大勢が集まる機会については、それぞれの主催者の判断に任せるとし、常識を持ってウイルスを撒き散らさない方法を検討してほしいと語った。

 10日現在でカナダの状況は、BC州39、オンタリオ州35、ケベック州5、アルバータ州14の93人となっている。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/