2020年2月27日 第9号

 年明けにスノーシューツアーに参加する機会に恵まれ、初めてスノーシューに挑戦した。スノーシューとは、雪上歩行具のひとつで、日本では同類の道具としてかんじきがある。スノーシューにしても、かんじきにしても、履くと接地面積が増えるので、体重が分散され、雪に沈まないシステムになっている。日本では、縄文時代にはすでに使われていたようで、北米では、約6千前に、中央アジアから、先住民に伝わったと言われている。そんな歴史あるスノーシューは、一見重たそうに見えるけど、最近では、軽くて歩きやすく、スパイクのおかげで下り道も滑ることがない。

 本ツアーでは、白銀の森の中を散歩しながら、アニマルトラッキングをした。動物が残した足跡を見て、どの動物のものか推測だ。20名ほどの参加者の中には、我が家のように小さな子供たちのいる家族や、友達同士で参加している若者、アニマルトラッキングにはまっている女性、シニアの方までと様々で、森の中を知り尽くしているガイドさんと一緒になって、足跡を見ては「これはリス! あれはフィッシャー(イタチのような動物で、北米のみに生息)」などと、すっかり寒さを忘れ、ワイワイと歩いた。そしてガイドさんが、ブナの木を見て立ち止まると、大きなひっかき痕を指した。クロクマが、ナッツを取ろうと木に登った痕だという。わー、こんなクマに引っ掻かれたら、痛いだろうな〜なんて思いながら、冬で良かったと安心したり…。

 あっという間の2時間。どうやら日本でもこの手のツアーは人気らしい。たまにはこんな冬の過ごし方も楽しいものだ。

 

スノーシューツアー

 

クロクマが木に登った痕跡

 

 


■小倉マコ プロフィール
カナダ在住ライター。新聞記者を始め、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で原作も担当。www.makoogura.com

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/