戦中・戦後に売却された日系2教会
その歴史を刻んだ盾の奉献式も

9月15日、バンクーバー市内の日系聖十字聖公会で110周年を祝う記念礼拝が行われ、教会員や信者、岡田誠司在バンクーバー日本国総領事、コミュニティ関係者ら120人以上が出席した。
カナダ聖公会ニューウエストミンスター教区主教補佐ダグラス・フェントン司祭が行った特別礼拝のテーマは『人種差別のない世界を願って』。第二次世界大戦の戦中・戦後に、人種差別のもとに売却された日系の2教会。その事実をカナダ聖公会が認めたことにより、基本事実と正式謝罪を刻んだ盾の奉献式が行われ、和解と調和を覚える記念すべき礼拝となった。

創立30周年記念祝賀吟詠大会

9月8日、リッチモンド市のリバーロック・カジノ・リゾート・ホテルで晩香坡国誠流詩吟の創立30周年記念吟詠大会が開催された。日本からは宗家・荒国誠氏が来加。カナダからはもちろん、アメリカ、ハワイ、ブラジル、そして日本からの吟士も参加。総勢140人。無号(初心者)から範士まで、日頃の練習の成果を発表した。また、舞踊や書画などを交えた「構成吟」や「来賓吟詠」、「師範吟詠」、そして最後は、宗家・荒国誠さんの「範吟」。粛々と、朗々と流れる吟詠は圧巻であった。

―日加商工会議所クリスマスパーティ開催―

12月16日、ポイントグレイのロイヤル・バンクーバー・ヨットクラブにおいて、日加商工会議所主催のクリスマスパーティが催された。美しい夜景を見渡す会場に集まった約60人のメンバーや招待客は、エネルギー関連の経済交流を中心に日加関係が新たな展開を迎えた2013年を振り返り、和やかな中にも、来る年に向けて活発な意見交換を行っていた。

―日系ビジネスアワードクリスマスパーティ ―

12月15日、バンクーバーのサットン・プレイス・ホテルで開催された。会場には105名の参加者があり、ビジネスアワード3賞の表彰、当ホテルの定評あるディナーに舌づつみ、心地よい「パシフィック・ノース・トリオ」の演奏に身をゆだねつつ、歓談の夕べを過ごした。

―約500人が日本文化を堪能―

在バンクーバー日本国総領事主催による天皇誕生日祝賀レセプションが12月17日、コースト・コールハーバー・ホテルで開かれ、クリスティ・クラークBC州首相ほか州政府・連邦政府議員らを主賓に日加の企業、教育、文化、芸術、日系団体関係者ら約500人が出席した。

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ