2019年5月23日 第21号

 オタワの長い冬が終わり、暖かくなってきたところで、小学生を対象にしたサッカーシーズンが始まった。このサッカーリーグ、5月に開始すると言うのに、3月の登録日には大行列ができるほどの人気ぶり。そして今年は、我が家の1年生の娘と4年生の息子が、学校のお友達と一緒に、参加することになった。保護者の私も、学校のママ友たちと、子供達がサッカーするのを見ながら、おしゃべりするのを楽しみにしていたところ…

 サッカーリーグ側から、保護者全員にメールが来た。子供達のチームにコーチがいないと。それは大変!よくよくメールを読んでみると、コーチは、全て保護者のボランティアで成り立っていて、経験は問わないので、誰かコーチをやってくれないかと。メールを送ってきた人は、幼稚園・小学校1年生クラスをアレンジしている人だったので、そのレベルなら、私でもお手伝いできると思い、コーチをすると伝えた。

 でも1週間待っても返答が来ない。他の人に決まったのかなと思っていると、シーズンが始まるちょうど2週間前に、また同じ内容のメールが来た。ただメールアドレスが、彼女がいつも使っているのと違うので気になったんだけど…とりあえず、その件で以前メールしたことを伝えると、「是非、コーチをお願いする」と言われ、晴れて小学1年生のサッカーコーチに! なるはずが…なんと…私、小学校4・5年生のヘッドコーチになっていた。「低学年には、余るほどコーチがいて、探していたのは高学年のコーチでした」と…。高学年に、こんなど素人の私が何を教えることができるのか…。まぁ、良いや。夏に向けて痩せたいし、楽しそうだし。

 「ゲーーー!ママ、サッカーできないのに僕のチームのコーチになったの!」と息子には言われ、大人になってもサッカーを続けている弟には「子供にとっては、迷惑どころか、大迷惑!ザンちゃんが、かわいそう!」と言われ、本当、これから、どうなるかわからないけど「まぁいいや!」と言い聞かせ、私のサッカーコーチライフが始まった。

 


■小倉マコ プロフィール
カナダ在住ライター。新聞記者を始め、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で原作も担当。フェイスブックで繋がれたら嬉しいです。エッセイ等のご意見もお気軽に
ブログ: https://www.facebook.com/ogura.mako1 

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/