マニトバ州の写真家が撮影したホッキョクグマの写真が、2015年の世界の写真トップ50に入選した。

 写真の選考を行ったのは、アメリカ・ニューヨークの著名なオンライン出版社マイ・モダン・メット。

 マニトバ州スタインバッハの写真家デニス・ファストさんが写したのは、満開のヤナギラン(Fireweed)の中で心地よく戯れるホッキョクグマ。撮影場所はハドソン湾に面した町チャーチルの沖合にある島。

 ファストさんは、トップ50に選ばれたことに驚くとともに、感謝していると取材に話している。

 彼はチャーチルの自然案内をするガイドとして、映画撮影スタッフを連れてこの島のキャンプを訪れた。そこで彼は、ヤナギランのピンク色に埋め尽くされた草原で白いホッキョクグマが無邪気に遊んでいる様子を自分でも撮影。

 普段から動物を撮影しているファストさんは、その一枚一枚に単なるスナップショット以上のものを求めているという。寝転がって足をばたつかせたりして、遊びに集中しているように見えるホッキョクグマも、実はその目は常に撮影しているファストさんを気にしていた。そうしたクマとのアイコンタクトが、被写体とつながった作品になると語っている。

 その一方で、そうした作品のためにはリスクも伴う。一行の滞在場所は電気柵で囲われていたが、撮影のためには柵の外に出なければならないことも。実際、今回選ばれた写真はそうやって撮られた。ただ、不必要に動物を刺激しないように十分な距離をとることには細心の注意を払っていると、ファストさん。

 それでも夏の間は、こうした動物たちの愛らしい姿を捉えるには絶好のシーズンだと語る。この時期ホッキョクグマは獲物に偶然出くわしでもしない限り攻撃的ではなく、ほとんどくつろいでいる。それが10月を過ぎ氷の季節が近づくと次第にえさを求めて気性が激しくなるという。

 だから夏の間、気分転換をかねて彼らを撮るのは楽しいものだと、ファストさんは取材に答えていた。

(入選したファストさんの写真が掲載されているウェブサイトは、『My』、『Modern』、『Met』、『2015』で検索)

 

 メジャー・リーグ・サッカー(MLB)バンクーバー・ホワイトキャップスFCは12月29日、日本のJリーグ柏レイソルで活躍した工藤壮人(まさと)選手と複数年契約したと発表した。

 工藤選手(25歳)は日本代表にも選ばれたことがある選手で、ポジションはフォワード。柏レイソルでは得点王、Jリーグでも4番目に多いゴールを決めている。

 カール・ロビンソン監督は、「壮人は得点王として素晴らしい実績があり、チームにとって貴重な戦力になると思う」と声明を発表。「ワントップでもプレーできるし、ツートップもできる」と期待を寄せている。ホワイトキャップスは昨季、シーズン途中までは首位に立つなど好調だったが、後半失速。それでもプレーオフに西カンファレンス3位で進出したものの、得点力不足で期待していたよりも早くシーズンを終えることになった。今季は得点王の工藤選手の活躍に期待がかかる。

 工藤選手も「バンクーバー・ホワイトキャップスFCで新しいシーズンを迎えられることにワクワクしている。BCプレースで熱狂的なファンの前でプレーできることを楽しみにしている」とチームを通してコメントを発表した。

 今季の開幕は3月6日。BCプレースにモントリオール・インパクトを迎える。

 

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市は、不要となったクリスマスツリー(生木)の粉砕サービスを行う。

 市職員とライオンズクラブのボランティアによるこのサービスが行われるのは、9日と10日の午前10時から午後4時まで。粉砕された生木は、職員らが埋め立て処分場に搬入する。

 なおツリーの飾りつけは、搬入前にはずしておく必要がある。

 サービス自体は無料だが、地元の慈善事業のために現金または日持ちのする食品の寄付を受け付けている。

 粉砕サービスが行われる場所は、次の4カ所。

◎Kerrisdale Community Ice Rink parking lot (5670 E Blvd, north of 41st Ave.)

◎Kitsilano Beach parking lot (Cornwall Ave and Arbutus St)

◎Sunset Beach upper parking lot (Beach Ave and Broughton St)

◎Rona Home & Garden, Grandview store  (2727 E 12th Ave, overflow parking lot north of Grandview Highway, south of 12th Avenue)  

 これ以外にバンクーバー市が生木のクリスマスツリーを回収するのは、16日の生ゴミ・庭ゴミ回収日。この日の午前7時までに飾り付けを全てはずした木を、他のゴミ回収箱から1メートルほど離して横たえておく。また木をロープで固定したり、袋詰めにしたりはしないでおく。

 もし当日朝に木が回収されなかった場合でも、市職員が再び回収する予定なので、そのまま置いておく。

 そのほか、市の埋め立て処分場(5400 72nd Street, Delta)と南ゴミ集積所(377 West Kent Avenue North, Vancouver)でも、不要になった生木のクリスマスツリーを31日まで無料で受け付けている。

 

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンド市の住人が、中国語を話せないために管理組合会議から締め出されたのは人権侵害だと訴えている。  BC州人権裁判所に訴えを起こしたのは、同市中心部のガーデンシティ公園近くにある54世帯が入居しているタウンハウス、ウェリントン・コートに住むアンドレアス・カーグートさんほか数名。

 カーグートさんによると、問題の発端は2014年に管理組合理事会が大幅改編されたことだという。この時、管理組合理事会メンバーの1人の中国人が大量の委任状を取り付け、中国語を話せないメンバーを理事会から締め出す決議を一方的に通してしまった。

 以来、理事会は全て中国語だけで行われているという。

 カーグートさんが最近、理事長のエド・マオさんから受け取った電子メールには、次回開催される管理会議では英語を一切使用しない、それが管理組合運営の最も効率的な方法であると記されていた。

 メディアの取材依頼に対し、マオさんは回答していない。

 タウンハウスでは最近、腐り始めた梁の修繕に関する塗装工事が行われたが、その費用が予算オーバーするなど不明な点があると、住人の中から指摘があったという。それに対し理事は、中国語を話さない住人たちが管理費を着服しているといううわさを流し始めたという。

 さらに理事会は昨年夏、再び37票もの委任状をかき集め、長年にわたってタウンハウスの管理を行ってきた管理会社との契約を打ち切った。

 カーグートさんは理事会は安く請け負う管理会社に切り替えるつもりだろうと思い、今回の管理会議に出席するつもりだったが「中国語だけの会合で、どうやって内容を理解して質問しろというのだ」と憤る。

 ちなみに理事会が中国系に乗っ取られる以前は、会議には中国語の公認通訳が用意されていた。現在の理事会はしかし、公認通訳を雇うつもりはないとしている。カーグートさんは、その費用を払いたくないのだろうとみている。

 コンドミニアム・ホームオーナーズ協会はメディアの取材に対し、このようなケースは聞いたことがないと話している。確かに中国移民の多いリッチモンド市では、過去5年の間に3〜4件ほどの言語に関する苦情が上がったが、いずれも英語を中国語に翻訳するサービスを導入することで速やかに解決されたと言い、今回のようにその逆のパターンは前代未聞だとしている。

 BC州の法律上では住民会議で使用される言語についても通訳の必要性についても規定されてはいない。しかし、前述のホームオーナーズ協会のエグゼクティブ・ディレクターは自らの経験として、パンジャーブ語が母国語のコミュニティでは、1人でもパンジャーブ語が話せない者がいれば、当人のために全てを英語に切り替えているという。それでも翻訳上のミスから法律問題に発展することも多く、公認通訳は必須だとしている。

 タウンハウスの管理費は現在200ドル足らずになったが、カーグートさんらは、これでは建物を維持していけないのではと危惧している。最近、タウンハウス内の歩道の舗装がせり上がり、誰かがつまずく危険性が出てきたが、共有部分ということもあり全く放置されたままだという。「以前だったらすぐに直されたものなのに……」と、カーグートさんはタウンハウスの行く末を案じている。

 

 12月29日夜、ブリティッシュ・コロンビア州ビクトリア沖を震源とするマグニチュード4・7の地震が発生した。

 カナダ天然資源省によると、震源地はビクトリアの北北東約19キロメートルで、深さは42キロメートル。この地震による津波の発生はなかったほか、人的被害も報告されなかった。またこの深さから、余震はほとんどないか、あっても軽微だとしている。

 震源地近くの住民は、家にトラックが突っ込んできたかと思わせる衝撃を感じたと、メディアのウェブサイトにコメントを書き込んでいた。また別の住人は、台所にいたが地震の揺れで体がキッチンカウンターにぶつかりそうになった、また置いてあった水槽の水が波打ちあふれ出したと、当時の様子を描写していた。

 ジョージア海峡をはさんだローワーメインランド側でもかなりの揺れが感じられ、バンクーバー西部の住人もトラックが家にぶつかったのではないかと思ったと書き込み、さらに壁にひびが入ったと付け加えていた。

 地震の規模についてカナダ天然資源省は当初、マグニチュード4・3と発表していたが、後に4・7に修正した。また、アメリカ地質調査所(USGS)は4・8と発表している。なお、この地震の数時間前にはアメリカ・カリフォルニア州サンバーナーディーノでマグニチュード4・4の地震が発生している。天然資源省の職員によると、二つの地震は異なった断層で起きており、関連性はないとしている。 また、この地域では大地震の予兆となるような地震発生のパターンが見出せないため、今回の地震から大地震の発生時期を予測することはできないとしながらも、ここが地震活動の活発な場所であることを思い起こさせる地震だったと話している。

 一方、昨年夏にBC州北部で起きたマグニチュード4・6の地震は、天然ガス採掘のためのフラッキング(水圧破砕採掘)が原因だったとの調査報告が出されている。

 この地震が起きたのは2015年8月17日で、フォート・セント・ジョンの約110キロメートル北東。そこから3キロメートルのところには、採掘会社プログレス・エナジー社のフラッキング現場がある。

 この地震を調査していたBC州石油ガス委員会は先月中旬、フラッキングとこの地震が関連性を確認する報告書を提出している。また同様の調査結果はBC州のほか、イギリス、アメリカ・オクラホマ州でも出されているが、この地震はそれらの中でも最大規模とされている。

 石油業界では微弱地震を誘発するフラッキングについてのガイドラインがあったが、より大きな地震がフラッキングによるものと結論付けられたことを受け、住民の安全をさらに考慮した上で開発とのバランスをとったものに改められる時期だろうと、カナダ地質調査所の研究員は話していた。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/