The Commuter • The Post • Ramen Heads


 

The Commuter

主演のリーアム・ニーソン 2018 ©Lionsgate

 

通勤電車の中で起こるアクション・スリラー

監督はジャウム・コレット=セラで主演はリーアム・ニーソン。保険セールスマンのマイケル・マッコーリー(ニーソン)は、毎日電車通勤をしていた。ある日、電車の中でミステリアスな女性・ジョアンナ(ヴェラ・ファーミガ)から、最終駅に到着するまでにある乗客者を見つけられたら10万ドル支払うとオファーされる。ゲームのパズルを解いていくうちに、マイケルは殺人の匂いのする陰謀に巻き込まれたと察する。自分と乗客全員の命のために、彼は謎のパズルを解くことができるのか。ベテラン俳優・ニーソンの演技に注目。

PG 1:46 hr

上映:Scotiabank Theatre, Cineplex Cinemas Marine Gateway and VIP, Cineplex Cinemas Esplanade, CIneplex Cinemas Metropolis, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, Cineplex Cinemas Langley, Landmark Cinemas New Westminster

 


 

The Post 

映画のシーン 2018 ©20th Century Fox

 

賛否両論のポリティカル・スリラー 

スティーブン・スピルバーグ監督の新作で、舞台は1971年のアメリカ。ベトナム戦争が泥沼化して、アメリカ国民の中で戦争に対する不満と疑問、そして反戦ムードが漂ってきた。そんな中、ニューヨーク・タイムズが国防総省の最高機密文書である『ペンタゴン・ペーパーズ』の存在をスクープする。ライバル紙のワシントン・ポストの発行人・グラハム(メリル・ストリープ)は部下の編集長ブラッドリー(トム・ハンクス)と一緒にタイムズ側につき、記事の差しどめをしようとする政府と闘う。

PG 1:56 hr

上映:Scotiabank Theatre, Fifth Avenue Cinemas (19+), Cineplex Cinemas Marine Gateway and VIP, Cineplex Cinemas Esplanade, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, Cineplex Cinemas Langley, Landmark Cinemas New Westminster

 


 

Ramen Heads(ラーメンヘッズ) 

ラーメンシェフ富田治 2018 ©VIFF

 

世界の映画祭を巡る『食ってみろ!』ドキュメンタリー 

寿司、天ぷらなどこれまでの『和食』を超えて、現在世界で最も愛されている日本のラーメン。『麺狂』(ラーメンヘッズ)と呼ばれる熱狂的な信者たちを満足させるのはラーメン大賞を4連覇したキング・オブ・ラーメンことシェフ富田治。異常なほどのスープ、麺、具材へのこだわり、休日も家族とラーメン屋を視察するという彼の、『ラーメン修行僧』のような生活をカメラが追う。朝7時に配られるシェフ富田の限定ラーメンの整理券のために、前夜10時から並ぶ200人以上の熱狂的なファンの様子など、現代ラーメン文化に密着できる。監督は重及康紀。

19+ 1:33 hr

上映:Vancity Theatre
1月 26日 (金) 1:00 PM
1月 29日 (月) 1:50 PM
1月 31日 (水) 7:00 PM
2月 1日 (木) 9:00 PM
2月 2日 (金) 2:50 PM

 

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
R 18歳以下は入場不可。
G 制限なし。 

 

 

今週の主な紙面
2月15日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
強豪ひしめく「打揚会」第45回スティーブストン国際空手道選手権大会…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは2月15日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ