旧日本人街の路上で開催

 

第38回 パウエル祭

 

8月1日まで2週間というときになって、会場となるオッペンハイマー公園での開催が微妙な状況になった。公園内にテントを張って暮らし始めたホームレス。低所得者用住宅の供給が少ないと抗議する支援者たち。テント撤去を要求するバンクーバー市当局との間で摩擦が起こる中、パウエル祭実行委員会では急きょ、市にストリートブロックを申請。旧日本人街での『歩行者天国』の形で第38回パウエル祭がスタートした。

 

 

アレキサンダー通りに設置されたステージで行われた第38回パウエル祭開会式

(左からパウエル祭実行委員会会長ニナ・イナオカ・リーさん、マウント・プレザント地区MLAジェニー・クワン氏、バンクーバー市長代理へザー・ディールさん、コースト・セーリッシュ・スコーミッシュ族を代表してボブ・ベーカーさん、バンクーバー・イースト地区MPリビー・デイヴィス氏、退役軍人デビッド・ラスキーさん、在バンクーバー日本国総領事岡田誠司氏)

  

旧日本人街で行うことが大切

 「今年のパウエル祭は、アレキサンダー通りとジャクソン街の路上を仕切って開催することになりました。もちろんオッペンハイマー公園を使えないのは残念なことですが、日系カナダ人の歴史が残る旧日本人街で開催することを守りたかったのです」と開催直前にコメントしたパウエル祭協会代表のクリスティン・ランバートソンさん。

 ファイアーホール・アーツセンター、センターAでのイベントに変更はなかったが、相撲大会や武道デモンストレーションはバンクーバー日本語学校及び日系人会館の講堂、パフォーマンスはアレキサンダー通りに設置されたダイアモンド・ステージで行われた。また、在バンクーバー日本国総領事館開館125周年記念フォーラム『二つの歩み』はバンクーバー仏教会で行われた。

 

 

日本舞踊西川流さつき会による民謡踊りに観客から手拍子が

 

アレキサンダー通りにステージ

 8月2日の朝11時半。ジョン・ヤマザキさんとタジリ・マリコさんの司会で幕開けした第38回パウエル祭。コースト・セーリッシュ・スコーミッシュ族を代表してボブ・ベイカーさんが開会儀式を行った。

 この席で在バンクーバー日本国総領事岡田誠司氏が、総領事館が今年開館125周年を迎え日系カナダ人の歴史を振り返っていることを述べ「ここに建つバンクーバー日本語学校は1906年に開校したものです」と同校の建物を紹介。パウエル祭開催に祝辞を述べた。続いてパウエル祭実行委員会会長のニナ・イナオカ・リーさんが「日系人のアートと文化を祝しましょう」と、元気に開会の挨拶を述べた。

 観客の中には1977年に行われた第1回パウエル祭に参加したというアンダーソンめぐみさんがいた。「今より規模の小さなものでしたが『語り太鼓』の演奏が行われ、みんながひとつにまとまったお祭りでした」と話してくれた。

 

 

岡田誠司総領事もお神輿の担ぎ手として参加(撮影: Maurice Li Photography)

 

日系カナダ人のアートと文化を祝う

 公園と仏教会をはさむジャクソン街沿いに15軒の食べ物屋台。その先の路上には、アーケード風に25店以上のクラフト販売ブースが並んだ。それと交差したアレキサンダー通りにはコミュニテイ団体のブースと子どもテント。

 お馴染みのサーモンバーベキュー(ごはんとサラダ付きで8ドル)は3000食用意され、今年はラーメンやジャパドッグの屋台が加わった。毎年来ているというキティ・ラムさんはパウエル祭のとうもろこしが大好物。「今年は特に暑いですね」と、バンクーバー市が提供したウォーターステーションで持参のボトルに水を汲んだ。

 初日には楽一のメンバーによる誘導でお神輿が登場し、岡田誠司総領事も担ぎ手に加わった。両日とも日中は25度の暑さとなり、カキ氷の屋台にも行列ができた。

 

 

相撲大会はバンクーバー日本語学校及び日系人会館で開催。フランスで1度相撲をしたことがあるマデリーン・マーティンさんも女性2人と対戦。今年の優勝者はテッド松本さん。父親が第1回相撲大会優勝者

 

歩行者天国スタイルも好評

 4区画を交通閉鎖した歩行者天国スタイルのお祭り。参加者に感想を聞いてみると「路上に並んだ露店は商店街の縁日みたいで日本らしい」「路上の方が木陰があっていい」「オッペンハイマー公園では麻薬の針が心配だったので、今年の場所の方がいいと思う」など好評だった。

 元隣組事務局長として長年パウエル街で日系一世のサポートをし、自らもこの地域の住民である山城猛夫さんは「この公園でファーストネーションのホームレスがテントを張って住み始めたというのもまた、パウエル街らしさを象徴する出来事だと思います。そんな中で、公園使用をあきらめて路上で行った今年のパウエル祭も、またいいのではないでしょうか」とコメントした。

 関係者によると、会場変更に影響されることなく、例年の約1万2千人を越える過去最高の参加者があったとのこと。

 

 

路上のブース

 

クラフト店が並ぶ道には白い布で覆ってアーケード風

 

 

路上でヨーヨーを楽しむ、しのさんと姪っ子のソフィーちゃん(10)

 

1977年の第1回パウエル祭にも来たというアンダーソンめぐみさん

 

ホームレスに占領されたオッペンハイマー公園

    

(取材 ルイーズ阿久沢)

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/