2018年1月25日 第4号

 おくればせながら、明けましておめでとうございます。

 去年のクリスマスは、日曜日の翌日であり、今年の元旦も日曜日の翌日であった。したがって、教会へは二日続けて行く義務があり、忙しかった。

 今年の元旦は何となく、しょんぼりとしていた。何故かと言うと、せっかく送ったクリスマス・プレゼントの小包みは、元旦になってもハインツのところへは届かず、行方不明になってヨーロッパをうろうろしているのか、または、全体的に失くなってしまったのか、明るい気持ちになれなかった。

 でも、元旦の御ミサの後に、ちょっとばかり変わった感じの中国人の女の子が聖画を集めて造ったブレスレットをくれた。その後、赤いジャケットを着た中国人の女性が「これをあげましょう」と言って、ミントの小さなパケットをくれた。元旦早々、少し縁起が良いと思っている間に、クリスマスプレゼントを送ったシリアの難民の家族からの新年のあいさつが届いた。六人の子供達がそれぞれ習った英語の程度によってのあいさつと万国共通の子供の絵の入った手紙であったので、少しばかり心が温まった所へ、ハインツからの電話がかかってきた。丁度、これから教会へ行こうとしている所であった。

 「荷物ついたよ。今日のお昼に。」「ついた?よかったあー!」というわけで、二人の声ははずんだ。世界は急に輝いて見えた。ハインツの奥さんのハイディはよほど嬉しかったと見えて、自ら電話に出てきて、なめらかに礼を述べた。彼女は身体の具合がよくないので、ああいう朗らかな声を出させるような、私のプレゼントはよほどの効果があったのであろうと、嬉しかった。

 「日曜日にシュットガードに音楽会に行くので、ウルリカ(娘さん)のためのプレゼントはその日に持っていくから」とハインツは言った。何年か前に、シュットガードに素晴らしい音楽堂ができたそうで、そこでの音楽会を思って羨ましかった。何事もうまくいったので、うとうとと昼寝をして眼を覚ましたら、かけっ放しにしていたテレビから、美しいウインナ・ワルツの旋律が思い出をかき立てるように流れてきた。

 


<寄稿・投稿のお願い>
 本紙では、読者の皆様からのご投稿をお待ちしております。投稿欄は個人の意見を自由に述べていただくということを原則としていますが、文中、特定される個人、人種などを挙げて誹謗中傷している場合は編集部で削除させていただきます。投稿内容についてバンクーバー新報では事実確認はしておりません。また投稿内容は、バンクーバー新報の意見を反映するものではありません。オープンスペースとしてお気軽に使っていただきたいと思います。紙面の都合上、掲載日は確約できません。また、文字数は2000字以内とさせていただきます。編集部から不明な点などを確認できるよう、必ず連絡先を、また匿名を希望される場合は、その旨明記してください。

編集部

郵送先:Vancouver Shinpo: 3735 Renfrew St. Vancouver, BC V5M 3L7
Fax: 604-431-6892
E-mail: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.

 

 

今週の主な紙面
2月15日号 第7号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
強豪ひしめく「打揚会」第45回スティーブストン国際空手道選手権大会…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは2月15日号 第7号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ