2017年10月12日 第41号

 

 

イラスト共に片桐 貞夫

 

 ジャブーラ家はひつじを売ってせいかつしています。ひつじが売られていくのはいつものことで、それを、いやだということはゆるされません。それに、ソロンガは、小あなに足をとられて足をおってしまったのでした。

「アルタイがなんて言うかしら」

 お母さんの声もかすかに聞こえます。

「アルタイだってもう大きいんだ。分かってくれるよ」

「でも、アルタイとソロンガはきょうだいみたいなのよ」

「そりゃー分かるが、アルタイはジャブーラ家の子だ。足をおったひつじがどうなるかぐらい、分かっているはずだ。モンゴルのひつじかいに、そんなわがままを言うことはできないんだよ」

「かわいそうだわ」

「おまえまでなにを言うんだ。それにソロンガももう年だ。おそかれ早かれ、わかれを言わなければならないんだよ」

 それは、たしかに、お父さんの言うとおりでした。ソロンガはアルタイと同じ九つで、人間でいえば五十才ぐらいだったのです。年をとったひつじは、売られていくしかないのでした。

 その日の夕方、アルタイは、かわのふくろをもって外に行きました。それは、お父さんが作ってくれたちょきんばこで、アルタイは、ナタでこわしてお金を出したのです。

「お母さん、ぼく、ソロンガを買いたいんだ。お金はこれしかないけど、足りないのはおとなになってからかえすよ」

「まあ」

 お母さんはためいきをつきました。アルタイの手の中にあるお金は、今までもらった九年間のお年だまのぜんぶで、アルタイが、いちばんだいじにしていたものだったのです。

「わ、分かったわ。お父さんに言っておくわ」

 お母さんは、目になみだをうかべてうなずくのでした。

 

   四 出発  

 アルタイは十二才になりました。まだ、からだは小さいですが、来年からは中学生です。町の学校に行かなければならなくなります。

 アルタイが草の上にすわってしゅくだいをしていると、ひつじかいの二人が来て話しかけました。

「コージュさまもいよいよ中学生かの」

「町にすまにゃーいかんかのう」

「いや、その前に町のおまつりに行かねばなるまいよ」

 アルタイの横でソロンガがねそべっています。おれた足はなおったのですが、ソロンガは前のように動かなくなりました。人間でいえば、もうおじいさんなのです。

「町はとおいけ、えらいぞよ」

「おとなの足でも一日かかるぜよ」

 ジャブーラ家には、むかしから、しきたりのようなものがあります。男の子が十二才になると、町のおまつりに一人で行かなければならないのです。むろん、それは地平せんのむこうでとおいですから、その日のうちに帰って来ることはできません。町のしんせきの家に二ばんとまって来るのですが、とちゅうに、とうげやぬま地があって、十二才の子どもには大へんなことだったのです。

「コージュさまはほんとうに行けるけのう」

「まよって、わんわんなきださんかの」

「へいきだい。なあソロンガ」

 アルタイがソロンガの方を見て言いました。

「あれっ」

 ひつじかいの一人がアルタイのことばにおどろいています。

「ソロンガも行くだきゃ。そりゃーいかん。ソロンガをつれて行っちゃーいかん。こんなおいぼれ、なんのやくにもたたんじゃ」

「なにを言うんだ。ソロンガは強いんだ」

「いかん。だめじゃ。もっとわかくて元気なのをつれて行け」

「いいんだ。ぼくはソロンガと町に行くんだ」

 アルタイがソロンガの頭をなでると、ソロンガは気もちよさそうに目をほそめるのでした。

 とうとう、おまつりに行く日がやってきました。

 アルタイとソロンガは、朝の三時に家を出ました。まだ、まっくらで、お日さまが出るまで三時間もありますが、それは平原をたびする人たちのだいじなだいじなおきてなのです。しぜんのきびしいモンゴルでは、万が一のことを思うとしゅっぱつは早いほどよかったのです。

(続く)

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。