2020年1月30日 第5号

 次期保守党の党首を決める党首選に大きな動きがあった。立候補を期待されていた有力候補予定者が立て続けに辞退を表明、すでに一騎打ちの様相を呈している。

 25日に正式に立候補を表明したのはピーター・マッケイ氏。元保守党議員でスティーブン・ハーパー政権時代は、国防相、法務相、外務相の重要ポストを歴任。2015年の選挙には立候補せず一度引退して政界からは離れていたが、今回の党首選を機に政界復帰を目指す。2017年の党首選にも立候補するか注目されたが、当時は見送った。

 ノバスコシア州出身でこの日は自身の元選挙区だったセントラル・ノバで立候補を表明した。「前回は辛い決心だったが、この会場で引退を表明した」と語り、そして、その時にこの会場で引退を見守ってくれた家族や支援者が今日もここに来てくれていると語った。

 マッケイ氏は2003年の保守党設立の当事者でもあり、17年経ってようやく党首になれる機会を得ることになった。

 アンドリュー・シェア党首と違い、性的少数派の権利と同性結婚を支持することを表明している。

 続いて立候補を表明したのは、エリン・オトゥール議員。2017年の党首選にも立候補して、シェア党首、次点のマキシーム・ベニエ元保守党議員に次いで3番手に付けた。オンタリオ州トロントのダーラム選挙区選出。ハーパー政権時代の2015年には復員軍人相に就任している。主張はマッケイ氏とほとんど変わりはなく、今後どれだけ違いを出せるかにかかっている。

 現在の立候補者は5人。この2人が本命トップ2とみられている。

 一方で打倒トルドー政権を期待されていた立候補予定者が、相次いで立候補辞退を表明した。

 保守党の中で最も期待が大きかったのはロナ・アンブローズ前暫定党首。17年に政界を引退したが、今回党内からの期待の声を受けて立候補を考慮すると発表。しかし今月22日に立候補しないことを発表した。アルバータ出身で、ハーパー政権時代には環境相、労働相、保健相などの主要閣僚を歴任。2015年に保守党が自由党に敗れ、ハーパー前党首が辞任したのを受けて正式な次期党首が決定するまで暫定党首を務めた。女性の権利保護に力を入れ、暫定党首時代の手腕もあり、党内の信頼も厚く、トルドー首相に対抗できる候補として期待されていただけに、失望する声が保守党内外から聞こえた。

 その翌日にはピエール・ポリバー議員が立候補しないことを発表した。すでに立候補に向けて準備を進めているとみられていただけに、驚きの声が上がった。現職議員の中では最も党首に近い存在とみられていた。アンブローズ氏が辞退したことでマッケイ氏との一騎打ちになるのではと予想されている。ポリバー議員は、仮に党首になると選挙、そして首相というシナリオが実現すれば多忙を極めるため、現在1歳の長女の成長を近くで見る機会を逃すのではと考え、どちらが大事か熟慮した結果、立候補しないことを決断したと理由を語った。

 これで2人の最有力候補が党首選から退いたことになる。その前にはケベック州ジャン・シャレ元州首相も立候補しないことを発表した。

 今後立候補を表明する可能性がある大物候補者はアルバータ州ミッシェル・ランぺル・ガーナー議員。24日時点では立候補の可能性もあると記者団に語っている。ランぺル・ガーナー議員は、現在の立候補者の状況ではアルバータ州をはじめとするカナダ西部の声が反映されないと主張している。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。